名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ビクトル・ユーゴーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビクトル・ユーゴーのプロフィール

ビクトル・ユーゴー(ヴィクトル=マリー・ユゴー)。レ・ミゼラブルなどの名作を残したフランスロマン主義の小説家、詩人。第二共和政時代の政治家。フランス文学に大きな貢献をした人物。

ビクトル・ユーゴーの名言 一覧

世界中の軍隊を集めたよりも強いものが一つある。それは時宜を得たアイデアである。


労働は生命なり、思想なり、光明なり。


大洋よりもいっそう壮大なものは大空である。大空よりもいっそう壮大なものは人間の心である。


ビクトル・ユーゴーの経歴・略歴

ビクトル・ユーゴー(ヴィクトル=マリー・ユゴー)。レ・ミゼラブルなどの名作を残したフランスロマン主義の小説家、詩人。第二共和政時代の政治家。フランス文学に大きな貢献をした人物。

他の記事も読んでみる

水越康介

私は、マーケティングにおいて、顧客に「なぜ」と聞いてはいけないと考えています。なぜなら、顧客に「なぜ」と聞いても、顧客が答えを持っているわけではないからです。合理的な理由づけを相手に強制することになりがちで、その答えは本心からのものとは言えないのです。100人が「欲しい」と答えたからといって、その商品が売れるとは限らないのが現実。


武田双雲

でっかい夢が土台になると、協力してくれる人が現れる。


岡野雅行(岡野工業)

「どこで失敗したのかすべて教えてくれ、図解して説明してくれ」と(トヨタは)言う。それを見てトヨタはここで失敗したのなら、次はああやってやろうとまた注文が入る。二度と同じ失敗はしないし、失敗はトヨタにとっての財産になる。ほかの会社はそうはいかない。失敗のリスクを取るのは俺たちで、儲けは自分たちだけで取る。


岡田斗司夫

ノートは高校時代からつけていて、いろいろな使い方を試してきました。何十年もの試行錯誤の末に行き着いたのが、「一冊のノートを常に持ち歩き、そこにすべて書き込む」というごく単純な方法です。テーマ別にノートを使い分けたり、メモを持ち歩いてあとでノートに転記しようなどと手間のかかる方法を選んだりすると、1か月で挫折します。アウトプットを前提に、焦って意味を求めようとするのは、土地を耕さずに収穫だけ急ぐようなもので、結果的に自分が痩せてしまいます。


藤野英人

私は長年、ファンドマネジャーとして様々な企業を見て実際に投資してきて、投資すべき企業を見極めるうえで重要なことがあると考えています。それは、「人の可能性に着目して投資をする」こと。会社は人の集まりなので、その会社が長期的に成長できるかどうかは、人にかかっているのです。


片岡聡一

日本の各地域に現在求められているのは何より独自性であり先見性。横並びの意識では生き残っていけません。そう考えたとき、企業というのは常に一歩先、二歩先を考えて他社との差別化を図っている。そうした考え方を市の政策に取り入れていくことは重要です。


佐々木正悟

仕事中に、「資料作成のついでにネット検索していたら、つい他の情報に目がいってしまって、集中できなくなる」という場合は、オフラインにしてネットをシャットアウトするのがもっとも有効な手段です。それでは必要な情報にアクセスできないと思うかもしれませんが、必要な情報は予め、オフラインで閲覧できるように、「Evernote」や「Pocket」などのツールを使って事前に保存しておくのです。つまり、情報を得て整理する時間と、それを使って作業する時間を分けて考えることが重要になります。


ジョン・ワナメーカー

仕事のために死ぬ人は稀(まれ)である。仕事にくよくよ心を悩ますことで多くの人が殺されるのだ。


山田昭男

うちはシェアゼロからのスタート。完全に後発だったからね。だからこそ工夫せざるを得なかったんだ。そこで現場に飛んだんだよ。電設工事をしている職人たちのところへ。とにかく彼らの声を聞いて、不満を拾ったわけだ。「ジョイントボックスのベース部分を仮止めするときに穴から滑って木ネジが落ちる」と言われて、「木ネジが落ちない」製品をつくった。それが一気に支持された。価格やコストに力は入れても「職人の作業しやすさ」を考えるのは他社にない発想だったから。同じ価格なら使い勝手のいい未来工業のものがいいって。


ファビオ・カペッロ

勝つことが私の興味の大部分。残りは哲学であり、ポエムであり々無駄話だ。


宮坂学

できないのに「やるやる詐欺」のようにやっているふりをするのはやめよう。


高橋恭介(経営者)

この立場に安住したら、社外で通用しない人材になりサラリーマンとして生き残れないと考えたんです。

【覚え書き|恵まれた環境の大手企業からベンチャーに転職したことについて】