ビクトル・ユーゴーの名言

ビクトル・ユーゴーのプロフィール

ビクトル・ユーゴー(ヴィクトル=マリー・ユゴー)。レ・ミゼラブルなどの名作を残したフランスロマン主義の小説家、詩人。第二共和政時代の政治家。フランス文学に大きな貢献をした人物。

ビクトル・ユーゴーの名言 一覧

世界中の軍隊を集めたよりも強いものが一つある。それは時宜を得たアイデアである。


労働は生命なり、思想なり、光明なり。


大洋よりもいっそう壮大なものは大空である。大空よりもいっそう壮大なものは人間の心である。


ビクトル・ユーゴーの経歴・略歴

ビクトル・ユーゴー(ヴィクトル=マリー・ユゴー)。レ・ミゼラブルなどの名作を残したフランスロマン主義の小説家、詩人。第二共和政時代の政治家。フランス文学に大きな貢献をした人物。

他の記事も読んでみる

ネルソン・マンデラ

私は基本的に楽観主義者です。楽観的であるということは、頭を上げて太陽に向かうことであり、足を前に前にと運んでいくことなのです。


金田一秀穂

知らない人同士がいると緊張しますが、「こんにちは」と一言でも声がけすると、ほっと安心しますよね。声がけは、ふっとストレスを緩和させる効果がある。


本田健

成功といっても、いきなり起業して時代の寵児を目指せとか、年収ウン億円の大金持ちになれなどと言うつもりはありません。せっかくAIが面倒な労働を肩代わりしてくれるのです。これからはもう自分に合わない仕事を嫌々やったり、長時間ガツガツ働いたりしなくていい。それより好きなこと、やりたいことを仕事にして今より年収が100万円アップするような、そんな小さな成功をまずは目標にしてみてはどうでしょう。


甲田英司

いまでも生活費は全然かからない。自分の贅沢のためにお金を遣うことも一切ないです。でも生きたお金の場合は別。お金を惜しみなく遣いますね。


佐藤孝幸

成果が見えていないと忍耐力が続かないものですが、悲しいことに、努力と成果は正比例しません。とくに、勉強などに関しては、私の経験からいえば、最初のうちは努力してもほとんど成果は現れず、ある地点を過ぎると急に成果が現れ始めます。ところが多くの人は、最初の段階で諦めてしまいます。もう少し待てば沸点に達するのに、待てない人がほとんどです。


坂信弥

この会社のいいところは社員がとても素直だったことだ。そして皆よく自分のいうことを聞いてくれた。それまで沈滞していたのはその人なりに素質はあったが、いってみれば稽古を積まなかった相撲取りのようなものだった。
【覚書き|大商証券社長時代を振り返っての発言】


辻慎吾

いま東京は世界の都市間競争にさらされ、都市のあり方そのものが問われています。その競争に勝つために、東京がどのようにあるべきかを森(稔)は20年前から考え続けてきた。この街には何が必要なのか。ヒト、モノ、カネを引き付ける磁力を持つ都市をどのように作り上げるか。六本木ヒルズの運営を通して我々が考えてきたのは、このよう強都市が必要なのだという街づくりの思想を提案することでもあった。後に続いた他社の再開発を見てもわかる通り、この街(六本木ヒルズ)は日本のデベロッパーが貸しビル業から街づくり業へと脱皮するきっかけとなったんです。


田中健介(経営者)

我々はバブルに踊らないで本業に集中していましたが、それでも不良債権は時価にして数十億円はありました。この不良債権を処理しないことには、銀行が振り向いてくれません。そこで本業で稼いだ利益をまわしたり、リストラを行うことで、不良債権を短い期間で処理し、他社に先駆けてビルやホテルのオーナー事業への足がかりをつけたのです。


渡邊陽一

「価値観の伝達」が当社の理念です。そして、当社の理念を世の中に広く知らしめていくことが、私に与えられた使命であると思っています。


カーリー・フィオリーナ

会社というものは形がない。ある会社と仕事をするといった言い方をよくするが、実際には会社の人間と仕事するのである。そして世界中どこでも、人は信頼でき尊敬できる人と仕事をしたいと考えている。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

充実のさせ方は人それぞれですが、僕の場合は「面白い仕事をする」ことで充実させています。自分にしかできないこと、自分が得意なことだけをするのです。自分が不得意なこと、自分では役に立てないことはしないようにしています。


高島宏平(髙島宏平)

昨年春ごろのことです。売上が好調で、社内は浮かれ気味になっていました。しかし、よくよく指標を見ていると、変動が起きていました。やみつき率(一定の頻度で購入する顧客の割合)が低下していたのです。新規のお客様はどんどん増えていたし、既存のお客様も戻っていました。倉庫も忙しく、供給をどう確保するかが課題になっていたほどでした。慌てて調べてみたところ、売上が増え、新規のお客様が増えた結果として、商品の品質が落ちていたことがわかりました。また、他にもいろいろなことが悪くなっていました。


朝倉祐介

私は30歳です。創業者ではない経営者としては異例の若さだといわれます。たしかにハードルは高い。でも深い恩義があり、私の学生時代のヒーローでもある笠原から声をかけられれば、損得では考えられない。自分の直観や倫理観に従って、やるべきだからやる。そう考えました。


佐藤安弘

工場の閉鎖はできればやらないに越したことはない。とはいえ、ライバルと比べて製造原価で負けている問題は、現場の努力や5%10%の経費削減だけでは解決しないのです。


横山光昭

どんな時代になっても必要なもの、それは「貯蓄ができる能力」です。もし、今自分にその能力がないと思うなら、これだけは絶対に身につけておくべきです。


ページの先頭へ