名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ビクター・ルイス(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビクター・ルイス(経営者)のプロフィール

ビクター・ルイス。ポルトガル出身の経営者。ファッションブランド「コーチ」CEO(最高経営責任者)。米ホリー・クロス大学で学士号、英ダラム大学で修士号を取得。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループに入社。ジバンシィ・ジャポンCEO、コーチ・ジャパンCEO、米コーチ中国・日本地区CEOなどを経て米コーチCEOに就任。

ビクター・ルイス(経営者)の名言 一覧

どういう会社になりたいか、どういう人材で会社を構成したいか。その夢を描き、実現させることが、経営者の最も重要な役割。


私は改革を始めるにあたって、まず人材をそろえた。


人間はアナログな生き物で、だからこそ社内でもお客様とも、どんどんと実際のコミュニケーションを図るべき。特にこの先、デジタル化が進むと、消費者はより本物のアナログな体験を求めるようになるはず。


多くの時間を割いて社員と直接に対話をするように心がけています。私はビデオ会議を嫌がって、直接会うことを求めるので、よくチームの仲間に怒られるんですが(笑)。


ブランドを複数持てば、商品分野や消費者層、地域などの面でも、より多様なビジネス展開が可能になる。既に手にしているブランドへの投資を優先しますが、新たな買収も進めていきたい。


ブランドを劇的に変えるには、エネルギーも時間もかかる。しかも商品だけでなく、店舗のコンセプトや広告、マーケティングも刷新する必要がある。


消費者には古いイメージが固定されていますから、それを変えるには、リーダーが新しいイメージのストーリーを語らなくてはなりません。同時に常に新鮮味を打ち出し、古いイメージではなく、新しいイメージが消費者の頭に残るよう工夫するのです。


顧客の本物志向が強まり、「真のストーリー」を求めるようになった。品質やデザインのほかに、生き方を反映するようなブランドの歴史や、本当の意味での使い心地の良さが、求められるようになっています。


私はCEO(最高経営責任者)に就任し、コーチというブランド、そしてコーチという会社の変革を実践してきました。コーチは今年75周年を迎えますが、過去の歴史は変革の歩みでした。


我々がニューヨーク発祥のブランドであり、職人技が細部まで行き届いた手作りのレザー製品を展開する「本物」であることをしっかりと伝えていかなくてはなりません。こうした伝統に加えて、若々しいアメリカンカルチャーを組み合わせたものがコーチだ、と。


ビクター・ルイス(経営者)の経歴・略歴

ビクター・ルイス。ポルトガル出身の経営者。ファッションブランド「コーチ」CEO(最高経営責任者)。米ホリー・クロス大学で学士号、英ダラム大学で修士号を取得。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループに入社。ジバンシィ・ジャポンCEO、コーチ・ジャパンCEO、米コーチ中国・日本地区CEOなどを経て米コーチCEOに就任。

他の記事も読んでみる

齋藤勇(齊藤勇)

表面的にいい人ぶる偽善者ではなく、良心を持って人と接すれば、必然的に好感度は上がります。さらに、人の良さをより効果的にビジネスの場で使うことで職場の雰囲気や業績アップを狙うこともできる。


中村慎市郎

私は経営者として、システムを活用することで企業価値を高めたいと考えています。企業価値とは利益の蓄積で、社員の力が発揮されないと実現できません。会社への社員の価値貢献とは、「売上を上げる」「コストを下げる」「それを継続する」の3つです。


根岸秋男

ますます高齢化が進む日本社会だからこそ、対面による、お客さまお一人おひとりの状況やご要望にあわせたサービスが重要になると信じています。


川路耕一

本当に人材が集まる会社は、世界に通用する戦略を採ることができる。


小倉広

ダメなのは、ミスをただすうちに、キミはいつもぼんやりしているな、ダメなヤツだなと部下の人格まで否定するケースです。人には2つの価値があります。存在価値と機能価値です。前者は仕事のできる。できないに関係なく、あらゆる人に価値があるということ。これを否定されたらツライでしょう。


樋口武男

当社は知恵で立ちあがった会社です。1850年のジェーン台風のあと、木が倒され、家が流された被災地を見た創業者が、ふと稲穂が台風に倒されずに立っているのを見つけました。これを折ってみると、中は空洞です。竹も同じでした。「円くて空洞なものは強い」ということに気づき、パイプハウス事業を始めたのです。


大久保幸夫

M&A、企業の合併・買収が日常茶飯事のようになってから、好むと好まざるとにかかわらず派閥争いに巻き込まれるサラリーマンが増えている。もともとは異なった会社が合併して主導権争いをするのだから、どうしても派閥争いが起こってしまう。合併したときに無用な派閥をつくらないようにすることは、企業にとって新たな命題になっているといえよう。


中桐啓貴

富裕層の方は自分が、この人は信頼できると考えている人から出てくる情報しか信じません。


田村耕太郎

必要は発明の母と言いますが、英語の上達には、日常で英語を使わざるを得ない環境に自分を置くのが一番。やはり最もいいのは留学でしょう。


長谷川慶太郎

本業一筋に技術の開発と生産者の合理化で飯が食える時代は終わったということを私は言いたい。とくに技術系の経営者にはその本業主義が根強くあるが、そうであっても投機を異端視してはいけない。財テク、投機を企業経営の邪道と考える経営者はもはや化石人間。大波に乗らなければ倒産か世捨て人になる。


松井道夫

新しい日本を作るには、会社と個人の主従を逆転させればいいんです。個が自由に組織をつくればいいんです。私は社員みんなの「好き嫌い」で組織を作っていこうと思っています。いくら理屈を並べても、最後の最後に組織のベースになるのは、感情なんです。もっともらしい基準を設けて体裁を整えるのはやめてもっと人間的なことで評価しようと考えたのです。人間は結構本質を見抜くものです。松井証券は社員数が156人の会社です。感情を前提に作り上げた会社が一つくらいあってもいいじゃないでしょうか。


小杉友巳

私は「人脈は宝脈」という言葉をよく使います。あなたの仲間は生涯にわたってあなたを助けてくれる、かけがえのない宝でもあるのです。