ビクター・ルイス(経営者)の名言

ビクター・ルイス(経営者)のプロフィール

ビクター・ルイス。ポルトガル出身の経営者。ファッションブランド「コーチ」CEO(最高経営責任者)。米ホリー・クロス大学で学士号、英ダラム大学で修士号を取得。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループに入社。ジバンシィ・ジャポンCEO、コーチ・ジャパンCEO、米コーチ中国・日本地区CEOなどを経て米コーチCEOに就任。

ビクター・ルイス(経営者)の名言 一覧

どういう会社になりたいか、どういう人材で会社を構成したいか。その夢を描き、実現させることが、経営者の最も重要な役割。

私は改革を始めるにあたって、まず人材をそろえた。

人間はアナログな生き物で、だからこそ社内でもお客様とも、どんどんと実際のコミュニケーションを図るべき。特にこの先、デジタル化が進むと、消費者はより本物のアナログな体験を求めるようになるはず。

多くの時間を割いて社員と直接に対話をするように心がけています。私はビデオ会議を嫌がって、直接会うことを求めるので、よくチームの仲間に怒られるんですが(笑)。

ブランドを複数持てば、商品分野や消費者層、地域などの面でも、より多様なビジネス展開が可能になる。既に手にしているブランドへの投資を優先しますが、新たな買収も進めていきたい。

ブランドを劇的に変えるには、エネルギーも時間もかかる。しかも商品だけでなく、店舗のコンセプトや広告、マーケティングも刷新する必要がある。

消費者には古いイメージが固定されていますから、それを変えるには、リーダーが新しいイメージのストーリーを語らなくてはなりません。同時に常に新鮮味を打ち出し、古いイメージではなく、新しいイメージが消費者の頭に残るよう工夫するのです。

顧客の本物志向が強まり、「真のストーリー」を求めるようになった。品質やデザインのほかに、生き方を反映するようなブランドの歴史や、本当の意味での使い心地の良さが、求められるようになっています。

私はCEO(最高経営責任者)に就任し、コーチというブランド、そしてコーチという会社の変革を実践してきました。コーチは今年75周年を迎えますが、過去の歴史は変革の歩みでした。

我々がニューヨーク発祥のブランドであり、職人技が細部まで行き届いた手作りのレザー製品を展開する「本物」であることをしっかりと伝えていかなくてはなりません。こうした伝統に加えて、若々しいアメリカンカルチャーを組み合わせたものがコーチだ、と。

ビクター・ルイス(経営者)の経歴・略歴

ビクター・ルイス。ポルトガル出身の経営者。ファッションブランド「コーチ」CEO(最高経営責任者)。米ホリー・クロス大学で学士号、英ダラム大学で修士号を取得。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループに入社。ジバンシィ・ジャポンCEO、コーチ・ジャパンCEO、米コーチ中国・日本地区CEOなどを経て米コーチCEOに就任。

ページの先頭へ