ヒューバート・サニエレスの名言

ヒューバート・サニエレスのプロフィール

ヒューバート・サニエレス。フランスのレンズメーカー「エシロール」会長兼CEO(最高経営責任者)。COO(最高執行責任者)などを経てCEOに就任。

ヒューバート・サニエレスの名言 一覧

ローカルに認められ、強固な信頼関係を築くことが、持続的な成長につながる。


視力の弱い人を救うだけで、世界はもっと成長できる。


ヒューバート・サニエレスの経歴・略歴

ヒューバート・サニエレス。フランスのレンズメーカー「エシロール」会長兼CEO(最高経営責任者)。COO(最高執行責任者)などを経てCEOに就任。

他の記事も読んでみる

山崎武也

洞察力のある人は、自分自身の利益だけでなく、自分の所属組織や国の利益にまで、考えをめぐらせている。だからこそ、視野狭窄(しやきょうさく)に陥ることなく、的確に物事をつかむことができる。


オグ・マンディーノ

もしあなたの働きと、あなたの忍耐と、あなたの計画が、あなたに幸運を運んで来たら、引き潮に飲み込まれている人を探しだし、引き上げてあげなさい。あなたが他の人にしてあげたことが、やがてあなたに返ってくるのだ。あなたが受け取る愛を何より大切にしなさい。あなたが持っている黄金や健康が消えてしまってもなお久しく残るものは愛である。


成瀬まゆみ

褒めるときは、結果だけでなく日々の努力も褒めれば、上司からの「おまえの苦労はいつも見ているよ」というメッセージになり、部下も「報われた」という印象が強くなります。


樋口宏江

その日(伊勢志摩サミット)を迎えるにあたり、たくさんのスタッフと準備を進めてきました。ホテルのスタッフはもちろん、外部から手伝いに来てくれた人たち、さらには食材の調達をしてくれた人たち。本当に数多くの方に携わっていただきました。この助けがあったからこそ、無事に終えることができたのだと思います。


宮崎静花

多くのご縁に恵まれたのも、日本刺繍で一本筋を通してきたからこそ。人間の関係は、ひとつの軸を起点に大勢の人と関わるのです。


原晋

私の指導方針の一つの柱が、「規則正しい生活」をすること。朝は5時起床、門限は22時、就寝はカッチリ22時15分です。遊びたい盛りの若者には酷かもしれませんが、朝、決まった時刻に起き、みんなで練習し、食事に気を遣って、同じ時刻に寝る。単純なようで、人として当たり前の生活をするだけで、個々の能力が強化され、タイムに表れる。そして、チームの一体感も高まる。こうした生活の基本、時間の大切さに選手自身が気付き、しっかりと「核」を作ってこそ、1秒にこだわったレースができる。試合中のとっさの判断力、創造性も育まれる。


中島武

良い店を作れば、必然的にお客さまが集う。


和地孝

人間を評価することはそんなに簡単なものではありません。私は「アソシエイト経営」と言っていますが、社員一人一人がアソシエイトとして「自立」と「自律」をもって、マネジメントの主役になってください。そして、社員同士が議論しあうことで、新しい価値を生み出していきましょうということです。【覚書き:アソシエイト=仲間。外資系企業では役職なしの基幹業務に従事する従業員のこと】


小池龍之介(小池龍照)

自分の心を分析すると、それだけで、問題から抜け出して、山の上からすっきり見渡すような感じになります。


サイモン・クーパー(経営者)

現在、リーダーといわれている人たちも、最初は現場のいちスタッフとして額に汗して働いてきたわけです。自分もまた、リーダーに教えられながらキャリアを積んできたことを思い出し、部下がよい仕事をしたときには褒め、迷っているときには適切なアドバイスを与えながら、後輩のキャリア構築を手伝って欲しいと思います。


三浦善司

私の考え方や思い、事業の方向性など、何回も同じことを繰り返し伝えています。これに尽きます。


巻誠一郎

諦めずに何回もゴールを狙って継続することと、カラダ半分、1センチでも、いえ1ミリでも相手より前に出ることを心がける。それがゴールを獲るために必要だと感じています。


奥山清行

うちの親父の世代は、実家の山形から東京に出ようと思ったら列車に揺られて8時間かかったわけです。いまは同じ時間でロサンゼルスまで行くことができる。逆に考えたら、かつて集団就職や出稼ぎで上京した世代の人たちは、僕らが外国に行くのと同じくらいの時間と労力をかけて働きに出ていたわけで、その覚悟をいまの世代が持てないなんてことはないはずです。


石川康晴

大きなマーケットで勝負していくということを決めたのであれば、自らが先陣を切って乗り込む。こういった決意が大事なのではないかと思っています。


柳井正

ブランド戦略=企業創りなので、ブランドをどのように伝えていくかが重要。


ページの先頭へ