名言DB

9490 人 / 112001 名言

ヒッチコックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヒッチコックのプロフィール

アルフレッド・ジョゼフ・ヒッチコック。イギリス人の映画監督、映画プロデューサー。ロンドン出身。ロンドンのカトリック系寄宿学校で幼少期を過ごしたのち、ケーブル会社の広告デザイナーとなる。写真技術に興味を持ち、映画会社に転職。イズリントン・スタジオでサイレント映画のタイトルデザインを担当。その後、映画監督をするチャンスを得た。何本かの映画製作にかかわったのち、アメリカ・ハリウッドに渡り、数多くの映画の監督・プロデュースを行った。多くのファンに愛され、サスペンス映画の神様と讃えられた。

ヒッチコックの名言 一覧

まだ笑うことができる限り、彼はまだ貧乏ではない。


ヒッチコックの経歴・略歴

アルフレッド・ジョゼフ・ヒッチコック。イギリス人の映画監督、映画プロデューサー。ロンドン出身。ロンドンのカトリック系寄宿学校で幼少期を過ごしたのち、ケーブル会社の広告デザイナーとなる。写真技術に興味を持ち、映画会社に転職。イズリントン・スタジオでサイレント映画のタイトルデザインを担当。その後、映画監督をするチャンスを得た。何本かの映画製作にかかわったのち、アメリカ・ハリウッドに渡り、数多くの映画の監督・プロデュースを行った。多くのファンに愛され、サスペンス映画の神様と讃えられた。

他の記事も読んでみる

金児昭

企業の買収案件の検討の際には、私は事業部のメンバーと一緒に買収候補企業を訪問しましたし、それだけではなく、買収候補企業の営業担当者と一緒にその会社の顧客のところに営業に行くことまでしました。海外企業の買収案件の際には長期間外国に出張するのですが、それこそ夜、メンバーと飲んでいても「アフターM&A(買収の後)を考えましょう」と言っていたほどです。


木村皓一

高校時代から野村証券でアルバイトをし、社員以上に働いていました。関西大学に入って気付いたのは、自分は大学でスキルアップできるのか、ということです。単位をとるだけで、誰も勉強しないんです。時間の無駄なんですね。それで2年で中退し、アルバイト先の野村証券に入社し3年間勤務しました。


清家篤

社会保障制度改革では私たちが享受している豊かな長寿社会とそれを可能にした社会保障制度をどう将来世代に伝えていくか、将来のため何が大切かを最重視すべきです。持続可能性を高めるには社会保障制度改革に加えその支え手を増やすことが重要。


坂根正弘

日本には競争力があります。その自信を取り戻さない限り、大きな国内投資をしないでしょうし、事業の整理や雇用に手をつけるような一大決心はできないでしょう。


荒川詔四

規模が大きくなって売上が増えるだけでいいのか。このままでは組織が機能しなくなるのではないか。
【覚書き|タイの子会社社長時代、海外から本社を見て抱いた危機感について語った言葉】


寺田直行

10年後の環境予測をやったとき、社会問題の深刻化に驚きました。はっきり言うと、悲惨な国になります。でも、そこはカゴメにとってビジネスチャンス。そこから10年後のカゴメ像を考え、それに向けた中期経営計画を策定しました。


ギュスターヴ・フローベール

人生で最も輝かしいときは、いわゆる栄光のときではなく、むしろ落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ。


猪瀬直樹

先入観を壊すには、言葉の使い方をプラスに変えるのもひとつの方法。これがすべてのものごとに対してできるようになったら、しめたもの。目の前に広がる世界は、ガラリと変わるはず。


宮沢俊哉

会社設立の当初には、「日本ナンバーワンを目指す!」という大それた目標を掲げてあえなく挫折し、「まずは埼玉西部ナンバーワンから……」と大幅縮小した経験もあります。そう考えると、どんな状況でも目標を設定することが大事ですね。力がみなぎっているときは大きな目標、それに現実性を感じられないときは小さな目標を立てる。そうすれば、逆境にあっても前を向き続けることができます。


村田晃嗣

私たちはややもすると、企業のトップ、大物政治家、ノーベル賞級の学者といった人に飛びつきがちです。でも、そういう人たちが活躍する背景には、成果を見なかった基礎的研究、脚光を浴びることのない隅々での人の活躍というものが膨大にあるはずです。それなくして、頂点は成り立ちません。


小島希世子

どんなに人間社会が発展しても生物である以上、人間は食べなければ生きてはいけません。結局、どれも根っこは同じで、農業が「食」と「職」を供給し、「生きる」ことに大きくかかわっています。このことを原点に、事業に取り組み続けていきたい。


宮内義彦

私は会社を、「社会に対して最も効率的に経済価値を提供するための仕組み」だと捉えています。すべてのベースにあるのは社会であり、会社は社会という土台の上に乗るサブシステムにすぎません。それは、資本主義や資本市場についても同様です。