ヒッチコックの名言

ヒッチコックのプロフィール

アルフレッド・ジョゼフ・ヒッチコック。イギリス人の映画監督、映画プロデューサー。ロンドン出身。ロンドンのカトリック系寄宿学校で幼少期を過ごしたのち、ケーブル会社の広告デザイナーとなる。写真技術に興味を持ち、映画会社に転職。イズリントン・スタジオでサイレント映画のタイトルデザインを担当。その後、映画監督をするチャンスを得た。何本かの映画製作にかかわったのち、アメリカ・ハリウッドに渡り、数多くの映画の監督・プロデュースを行った。多くのファンに愛され、サスペンス映画の神様と讃えられた。

ヒッチコックの名言 一覧

まだ笑うことができる限り、彼はまだ貧乏ではない。


ヒッチコックの経歴・略歴

アルフレッド・ジョゼフ・ヒッチコック。イギリス人の映画監督、映画プロデューサー。ロンドン出身。ロンドンのカトリック系寄宿学校で幼少期を過ごしたのち、ケーブル会社の広告デザイナーとなる。写真技術に興味を持ち、映画会社に転職。イズリントン・スタジオでサイレント映画のタイトルデザインを担当。その後、映画監督をするチャンスを得た。何本かの映画製作にかかわったのち、アメリカ・ハリウッドに渡り、数多くの映画の監督・プロデュースを行った。多くのファンに愛され、サスペンス映画の神様と讃えられた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

「生産し続ける」「編み出し続ける」という活動をするビジネスは、とかくメタボになりがちです。定期的に「捨てる」機会を設けてしっかりデトックスし、たまった老廃物を出し切りましょう。


新美春之

社員に「意見を出してくれ」と言ったって出てきません。言葉で言われなきゃわからないじゃ駄目なんです。頻繁に現場に言って対話の中から吸収したことを役員が意見交換する。そうしないと自分の教育にもならない。組織のリーダー選びにも通じます。一点の素心を持った人が、じっと見ることが大事です。一点の素心とはつまり、自分以外のことを考える気持ちの余裕があるかどうかです。


井筒和幸(映画監督)

誰もがみんな、必要以上には本性と裏腹な自分を演出する必要はなく、素直に、丁寧に、生きればええと思う。


小泉文明

デジタルメディアで気になった情報はその記事のURLをエバーノートに貼って、帰宅後にすべて読むことを日課にしています。情報の鮮度は時間とともに落ちるから、その日中に読んで自分の中で消化したい。


ジョン・レノン

僕は前衛的なんていうラベルはそれ自体が敗北だと思うんだ。前衛派の展覧会というのがあるよね。前衛派が展覧会を開けるというそのこと自体が前衛の目的をつぶしちまっている。つまりもう形式化され、儀式化された以上、それは前衛ではない。


飯田祥久

無駄を省いて原点回帰をし、会員工務店の今の経営環境に合ったマーケティング手法を導入していく。ここまではよかったと思います。しかし、本当に必要だったのは、この事業を支えるための「経営の軸」をつくることでした。この先は経営者としての器の問題だとに気がついたんです。


藤森義明

現状に満足することなく、自分に高い負荷をかけていかないと、人は成長しません。さらに目標を達成したとしても、達成感に浸り続けることなく、次の高い目標を掲げる。このような「ゴールをつくらない姿勢」が非常に大切なのではないかと思います。


工藤公康

試合前にイメージトレーニングをしました。トイレの個室にこもって、1番から9番まで「彼はこう打ち取る」「2番はこの配球で」と、擬似対戦をしたんです。じっくり確認作業をすることで、試合前から、相手チーム全体の狙いを考え、心の準備ができたのです。


川合林太郎

他社が「総合セキュリティベンダー」と言うのに対して、当社は頑なに「アンチウィルス専門ベンダー」と表現します。「餅は餅屋」という考え方があるためです。それだけ外部からの攻撃・侵入に対する防御には絶対的な自負を持っています。


木村皓一

僕は、経営は世の中から支持されて、その結果、株式を上場するというのが正しいと思うんです。経営の目的が株式を上場して儲けたろう、というのは邪道です。第一、上場したらできないことがいっぱい出てくるんですよ。


岡内欣也

頭の中に引き出しを多く持たなければ失格。


秋元康

これからは、少人数のグループに共通するものが広がっていきます。テレビなどのマスメディアからヒットが生まれた時代から、小さなところで点いた火が広がっていく時代になったのです。マジョリティーの優位性がなくなりつつあるんです。


似鳥昭雄

お客様のニーズを取り入れ、試行錯誤しているうちに結果的にそうなっちゃった。
【覚え書き|ニトリのビジネスモデルについての発言】


宮脇富子

父は「お前が全部の責任をもってするならええけども、それやったらわしはもう引退する。だからお金の調達からすべて自分の責任のもとにやるんやったら致し方ない」と決断してくれました。それで私は40歳の時に銀行に3000万円借金して300坪の店舗を建てたんです。


三野重和

大切なのは成功体験です。若い社員たちの可能性を引き出すには、能力よりも一段高い仕事に挑戦させ、苦労してやり遂げたという成功体験を持たせる以上のことはありません。


ページの先頭へ