名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パール・S・バックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パール・S・バックのプロフィール

パール・サイデンストリッカー・バック。アメリカの女性小説家。ウェスト・バージニア州出身。幼少期を中華民国で過ごす。米国ランドルフ・マコン女子大学卒業。『大地』でピューリッツァー賞を受賞。

パール・S・バックの名言 一覧

今日を理解したければ、昨日を探求しなくてはならない。


パール・S・バックの経歴・略歴

パール・サイデンストリッカー・バック。アメリカの女性小説家。ウェスト・バージニア州出身。幼少期を中華民国で過ごす。米国ランドルフ・マコン女子大学卒業。『大地』でピューリッツァー賞を受賞。

他の記事も読んでみる

齋藤正勝

上司とのコミュニケーションは、言葉を交わすことだけじゃないのを知っておくべき。たとえば飲み会で意気投合しても、ミスをしたらコロッと評価が変わったりします。また、ご機嫌とりばかりでは、他の上司や同僚から嫌われます。でも、「彼とはじっくり話したことがないけど、いつも朝早く仕事してるな」という評価は手堅い。「早出(はやで)」は、毎日無言のコミュニケーションを積み重ねるのと同じなんです。だから、たとえミスをしても「一生懸命やってるんだから許してやろう」と思ってもらえる。


北尾吉孝

私が「人」にこだわるのは、物事のイノベーションは人の行いだと考えるからです。まさに人材こそ差別化を生み出す源泉といえます。


築山節

多くの現代人が脳に関して最も誤解している点だと思いますが、脳の理性中枢(大脳皮質)を活性化させるために必要なのは、体の運動です。足、手、目を意識的に動かすことが理性中枢を目覚めさせることにつながります。だから、朝はなるべく歩いて電車に乗るようにする。また、電車内では視覚、聴覚、触覚と脳のいろんな部分を使うのが大切です。


米村でんじろう(米村傳治郎)

世間から「でんじろう先生」がどう見えるかわからないですけど、実際には先のしれない不安を抱えています。科学を楽しく見せるという現在の手法の将来性、イベント、番組出演が今後も続くのだろうか。お客さんは喜んでくれているだろうか、と。また、先端科学の世界で活躍している研究者、技術者から見れば、僕らがやっていることは、何の役にも立たないと言われちゃうかもしれないな……とも思っている。だけど、そうした不安の一方で、誇りもあるわけです。これは一般の人に科学への門戸を開く一種のアートなんだ、と。児童の理科離れ、科学離れが指摘される中で、実験という表現活動を行う。それは映像作りや絵画、音楽と同じように意味のあることのはずで。実験だからこそ、伝わる不思議さ、驚き、キレがあり、見ている人へ感動を与えることができる。一種の創作活動なんだと胸を張る気持ちもあります。


本田宗一郎

失敗したからといって、くよくよしている暇はない。


近藤淳也

ユーザーの困りごと、ニーズにはずっと応え続け、主体であり続けないといけない。


中尾ゆうすけ

環境は簡単には変えられませんが、自分の仕事の仕方は変えられる。


小林昇太郎(コンサルタント)

明確な使命感、ビジョンのある企業が不況を生き残れる。そして情熱を持って仕事に打ち込める人こそ、会社に残っても、新しい職場に移っても、充実感を持って働くことができる。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

今日では世の中の動きがあまりに早すぎて、できないという言葉はそれを為す人によって中断される。


了徳寺健二

経営には速度が必要。部下達には常に「鎧は走りながら着けろ」と叫んでいました。


平強

古い秩序が崩壊し始めたことは、日本のビジネスマンにとって苦しみではありません。大企業にとらわれていた優秀な人材が世の中に出て自らの実力を問うチャンスの到来です。


岩倉信弥

無我夢中でやると、意外にも壁を乗り越えられてしまう。