名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パール・S・バックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パール・S・バックのプロフィール

パール・サイデンストリッカー・バック。アメリカの女性小説家。ウェスト・バージニア州出身。幼少期を中華民国で過ごす。米国ランドルフ・マコン女子大学卒業。『大地』でピューリッツァー賞を受賞。

パール・S・バックの名言 一覧

今日を理解したければ、昨日を探求しなくてはならない。


パール・S・バックの経歴・略歴

パール・サイデンストリッカー・バック。アメリカの女性小説家。ウェスト・バージニア州出身。幼少期を中華民国で過ごす。米国ランドルフ・マコン女子大学卒業。『大地』でピューリッツァー賞を受賞。

他の記事も読んでみる

高橋がなり

佐川急便で働いていたときも辛かったよ。だけど体力だけが自慢の僕にとってはまだ楽だった。毎日毎日をサボらずにコツコツ働けば、残りの仕事は減っていく。それでも自分のテリトリーに荷物がドサッと来ると、今日こそは配達と集荷を全部終わらせられずに逃げ出すんじゃないかと思いながら、いつもよりガッツを入れてコツコツ働いているといつの間にか終わっていた。そんな毎日を過ごしながら一年も経つと、筋肉痛もなくなるし、3時間睡眠にも慣れてしまっていた。


毛利衛

日々新しい技術が生み出されていますが、それを受け入れるのは子供たち新しい世代です。彼らの方が我々よりよほど進化しています。実際、科学リテラシーが低いのは子供たちではなく、むしろ大人の方です。


橋谷能理子

その場にいなかった人にも伝わるように話すには、ボキャブラリー(語彙)の豊富さも必要。


山田昭男

給料以外にも、社員に臨時収入を与える独自の仕組みがいろいろある。当社では、作業着を貸与しておらず、仕事中に作業着を着るか着ないかは社員の自由にした。そもそも社員全員がおそろいの作業着を着る意味が、私には分からない。きちんと仕事ができれば、服装などどうでもいいと思っている。もちろん、なかには作業着を着たいという社員もいるから、作業着を買えるだけの現金を全員に支給している。作業着を着るかどうかは自由なのだから、何に使おうと社員の勝手。ポイントは、銀行振込ではなく現金を直接手渡すということだ。妻帯者のほとんどは奥さんに財布を握られているから、小遣いが乏しい。作業着代は個人的な小遣いに回しても構わないから、社員は喜ぶ。喜べば、またさらに頑張って働いてくれる。


金井政明

それぞれの会社がどんな思想を持っていて、どんなことに役に立っていくかということを社員が共有していることがすごく大事。だから私はずっと「中小企業」でいたいと言っています。風通しが良くて、社員が「無印って何だろうね」と言いながら一生懸命働くような中小企業の精神を維持したい。


漆紫穂子

大切な子供を預かる学校は、保守的、安全志向であることも大事ですが、準備で時間を費やしてしまってはいけません。完璧を期して準備に1年もかければ、来年の生徒はいいかもしれませんが、今年の生徒が得るものはゼロになるからです。だから安全性さえ確保できれば、6割くらい準備ができたところでチャレンジするようにしています。


今西頼久

社長は社長、会長は会長の仕事がある。その職責と身の処し方を理解するからこそ、互いに適度な距離感を持ち、円滑に事業継承できた。


鍵山秀三郎

大局の誤りは、小局の努力によってカバーすることはできない。


片田珠美

嫉妬されてしまったときは、相手がなぜ自分に嫉妬するのか分析してみるといいでしょう。嫉妬の根底には喪失不安と恐怖心が潜んでいます。相手が何を失うことを恐れているのかがわかれば、心に余裕が生まれ、その場から離れる、斜め上の上司に相談するなどの適切な対策も取れます。


菅原洋平

「無理して早寝早起きをする」のではなく、「生体リズムに従って、睡眠をスキルとして使いこなす」という発想が、忙しいビジネスパーソンには求められると思います。


栗山英樹

選手を育てるのは監督の仕事ですが、しかし結局のところ、その選手が伸びるかどうかは本人次第です。人は育つときには、自分の力で育っていくはずです。ただ僕にできるのは、「彼なら伸びる」と信じて、活躍できる環境をつくってあげるだけだと思っています。


小林哲也(帝国ホテル)

帝国ホテルは、今から127年前に日本の迎賓館として明治政府が筆頭株主となり、時の財閥が出資者として名を連ね、第一国立銀行頭取の渋沢栄一が会長としてスタートしました。こんな明確な大義はありません。入社した時は知らなかったのですが、社史を読んだりする中で、帝国ホテルは誕生からブランドだったんだと気付きました。傲慢に聞こえたら申し訳ないのですが、他のブランドの多くは、創業から努力と工夫で何年もかけてブランドになるわけです。でも、帝国ホテルは最初からいきなりブランドだった。この価値を、先達がずっと希釈させないように努力して守ってきたということです。