名言DB

9412 人 / 110637 名言

パンツェッタ・ジローラモの名言

twitter Facebook はてブ

パンツェッタ・ジローラモのプロフィール

パンツェッタ・ジローラモ。イタリア人タレント、モデル、随筆家。イタリア・アヴェッリーノ県出身。ナポリ建築大学中退後来日。明海大学経済学部卒業後、NHK教育テレビ『イタリア語会話』に出演。各種メディアで活躍。

パンツェッタ・ジローラモの名言 一覧

僕はすごい人見知りだったんです。僕は一緒にいる人が楽しくなって笑顔になるとうれしいから、努力してきたんですよ。自分から笑顔を作るんです。


パンツェッタ・ジローラモの経歴・略歴

パンツェッタ・ジローラモ。イタリア人タレント、モデル、随筆家。イタリア・アヴェッリーノ県出身。ナポリ建築大学中退後来日。明海大学経済学部卒業後、NHK教育テレビ『イタリア語会話』に出演。各種メディアで活躍。

他の記事も読んでみる

北畑稔

自分の目標を実現するために、自分を客観視して、常に軌道修正をしながら、自分自身を目標に向かって導いていける。そんな力を持った人材が、非常に重要だと思っています。


高野登

いまのような時代は、先が見えないから不安で、若い人があせる気持ちもわかりますが、先が見えないからこそ面白いともいえますよね。


高橋克実

振り返ると、僕は周りの人に支えられてばっかりですよ。人の縁は本当に不思議。


宮原博昭(経営者)

「見える学力」と「見えない学力」。前者はその科目に関する知識や計算力などを指す一方、後者は「やりきる力」のような見えない能力を指します。結果を出すためには、この「見えない学力」が非常に重要。これは仕事も同じ。「表(おもて)に現われない努力やプロセス」が仕事の成果を大きく左右します。そこを見つけて褒めるようにしていました。


藤沢武夫

鈴鹿(サーキット)でみんなに言ったことは、帰りのお客さんの顔をよく見て商売しろ、ということでした。つまらなそうな顔をして帰ったら、もう二度と来ない。それが商売の鉄則だということです。


鈴木おさむ

放送作家になりたくて「ノーギャラでいいので、何でもやらせてください!」と言っていたら、すぐにラジオの仕事をやらせてもらえるようになったんです。それから2年間ぐらいは、ほぼノーギャラでいろんな仕事をやりました。弁当の買い出しや合コンの盛り上げ役など、直接、仕事に関係ないこともやらなきゃいけなくて、正直、かなりハードでしたけど、そうして頑張っていると、人脈が広がって次第に声をかけてもらえるようになり、レギュラー番組が増えていきました。


鳥原隆志

判断すべき案件が多すぎて、あるいは判断ミスへの恐怖から、ついつい判断を先送りし、それが溜まって混乱状態に陥ることも少なくないでしょう。そんなときはまず、判断すべき案件を「整理」します。具体的には「判断しなくてもいいもの」を決めるのです。


山中伸弥

再生医療に限らず、科学にはすべて功罪をもたらす二面性があり、いわば諸刃の剣です。iPS細胞もうまく使えば人類の健康と福祉に貢献しますが、人工的に新しい生命すらつくることができますから、使い方を間違えれば恐ろしいことが起こりえます。どこまでが許され、どこからが許されないのか。これは非常に大きな問題です。ですから、それを研究者だけで決めるわけにはいきません。文系の方、倫理の専門家、一般市民、患者さんやその家族、そういった方々と一緒に議論を進めていく必要があると思っています。


鍵山秀三郎

事業を営む上で何を目標とするのかは、たいへん大切なこと。


深沢真太郎

ビジネスパーソンから寄せられる仕事上の数字に関する悩みのうち最も多いのは、上司や顧客から「数字で説明してくれる?」と言われて困ってしまうケース。数字を自在に使って説明できるか否かが、キャリアアップできるかどうかの分かれ目。


藤本やすし

自己プロデュースということには、徹底してこだわってやってきました。たとえば「必ずキャップをかぶって丸メガネをかけ、ヒゲを生やす」というのも、それが単に好きだから始めたわけではなく、自己プロデュースを意識して始めたことなのです。


岩瀬大輔

相手と意見が分かれる場合、たいていは自分が知っていることをすべて相手に伝えていないものなのです。また、こちらも相手が知っていることをすべて把握していません。だから、様々な部分で「ズレ」が生じてしまうのです。


小林大輝(小説家)

ここまで長い小説を書いたのは初めてでした。中学生の頃から日記みたいに書いていた文章、それが小説に変形してきたんです。自分が言いたいことを言うために、僕はこう思うというより、登場人物が何かを言う方が適しているんじゃないかなと。だから意識のなかでは「小説を書こう」とは思っていないんです。


長榮周作(長栄周作)

分からないことをそのままにして次に進まない、これが「守」です。基本をきちんと押さえてから応用に進む、これが「破」ですよね。ここまではいいのですが、「離」がなかなかむずかしい。「離」に達するのは一筋縄ではいきません。ただひとつ、これが大事ではないかと思うのは、「自分のすべてを捨てて向かっていく」ということです。


有馬朗人

日本的な考えでは「出る杭は打たれる」となって特定の人にだけ光を当てるような方策は嫌われますが、そんなことでは独創的な人間は生まれない。伸びる可能性のある子供たちの才能をどんどん伸ばしていく環境を我々がつくっていく必要がある。