名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パンカジ・クマール・ガルグの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パンカジ・クマール・ガルグのプロフィール

パンカジ・クマール・ガルグ。インド人経営者、IT技術者。「アイ・ティ・イー」CEO(最高経営責任者)。インド国立大学卒業、米フォックスビジネススクールでMBAを取得。神戸製鋼所、安川電機、シーラス・ロジック、インテル・グローバル戦略部長などを経て「アイ・ティ・イー」「アイスバッテリー」を設立。

パンカジ・クマール・ガルグの名言 一覧

自分に感動がないと、他人に感動は与えられない。そこに国家や人といったような垣根はない。


人は困った時に変わる。


皆、いい人間と信じ、相手に合わせる。それが国際人の心。


日本はビジネスの習慣が独特ですから、難しさはありました。実力だけでは動かない。周囲との関連性が大きいですし、餅は餅屋でIT屋の私が説いても怪しまれてしまいます。石橋を叩いても渡らない日本の体質ですが、好きなだけ叩いてもらいました。


親戚には経営者が多く、誰も日本には行かない。言葉や食物の違い、こだわりもあります。しかし、モノ作りが好きな私にとり、やはりモノ作りは日本だし、誰も行かないから行きたいというチャレンジ精神もありました。


経営者は「儲け、儲け」といいますが、それだけでは信用は得られません。相手に尽くして相手を信者にする。漢字で儲けは、信者と書くでしょう。信者を増やせば、自然にビジネスはうまく進みます。


インドには「カルマ」という言葉があります。人のために懸命にやれば、結果として自分に戻ってくるという教えです。インドの大学を出て日本に来てから20数年、日本は私を育ててくれました。だから、私はお世話になった日本へ恩返しをしようと思っています。


農業は英語でアグリカルチャーといいますよね。アグリカルチャーという単語の中には、カルチャー(文化)という単語が含まれています。これは農業と文化が密接に結びついていることを意味しています。農業を失うと文化にも影響します。


勤めていた神戸製鋼のシャワールームでラグビーチームの監督だった山口良治さんとお会いしました。英語を話せない彼が「ハロー・グッドモーニング」と声をかけてくれて驚いたのが最初です。それから交流が続き、いまは顧問として助けてもらっています。まさに国際化は言葉ではないという体験でした。


パンカジ・クマール・ガルグの経歴・略歴

パンカジ・クマール・ガルグ。インド人経営者、IT技術者。「アイ・ティ・イー」CEO(最高経営責任者)。インド国立大学卒業、米フォックスビジネススクールでMBAを取得。神戸製鋼所、安川電機、シーラス・ロジック、インテル・グローバル戦略部長などを経て「アイ・ティ・イー」「アイスバッテリー」を設立。

他の記事も読んでみる

最首英裕

支えてくれた社員の為にも、何としてもビジネスを成功させ、世の中の人に役立つサービスを造るのが経営者の仕事。


松本大

コミュニケーションに王道はありません。メールもブログも一番大切なのはどう書くかではなく、継続することです。年一回、月一回なら格好も付けられます。しかし、毎日書いていると嘘はすぐにばれます。逆に言えば、地道に継続することが読み手との信頼関係を築き、コミュニケーションの橋を架ける一番の方法です。


永守重信

「千切り経営」とは、物事を小さく切り刻むということです。大きな機械でも、小さく分解すれば運ぶことができるように、1億円の計画を実行したければ、1000万円、100万円単位にまで小さく切り刻んで考えていく。こうすることで、大きな目標を成し遂げられます。


嶋田毅

人間は、自分が「こうだ」と思ってしまうと、その思いを裏づけるのに都合のよい情報だけを集めて、他の都合の悪い情報は省いてしまう傾向があります。目に見えていても見ない、あるいは軽視してしまうのです。これは、偏った根拠の一つ、「確証バイアス」です。


佐藤優

面白い小説というのは時代が変わっても、解釈を変えて読み続けることができる。


小日向文世

写真学校卒業間近、原宿の喫茶店でバイトしながら、「就職、どうしようかな……」と考えていました。そのころ、友達のバンドがヤマハからデビューしていたんです。それを見てたら僕のなかで、「小日向文世という人間がこの世に存在するということを、知ってもらいたい!」という思いがメキメキ強くなっていきました。高校時代から劣等生というか、スポーツも勉強もできず、「小日向」なのに「日陰」みたいな時代を送ってきたから、どっかにスポットライトを浴びてみたいという思いがあったんじゃないでしょうか。ただ、僕はギターができなかった。それで「じゃあ、俳優だ!」と思いつく(笑)。短絡的だけど、それが青春でしょ?(笑)まだまだ人生は長いと思っていたし、とにかくやりたいことをやってみようと。


安達一彦

小さくても成長する可能性があるなら、そのマーケットで一番を目指すことが大事。大企業よりも先に一番になれば結局は勝ちなんです。


篠山紀信

宝塚をはじめ、僕が撮り続けてきた歌舞伎もアイドルも、すべて虚構の世界の産物。そして写真もまた、現実の一部分を切り取る虚構でしかありません。でも虚構に虚構を掛け合わせることで、初めて生じるリアリティもある。


上西京一郎

アトラクションやエンターテインメントなどについて、常にゲスト(お客様)満足度調査をしています。それが本当にゲストの方々に受け入れられているのかどうかと。


相武紗季

やっぱり、まずは場に立たないと力を出すこともできない。踏み出すことが大事なのかな。勇気が出ないこともあると思うんですが、私の場合、心の中にいつも「大丈夫!」って気持ちがあって。それは強みになっています。


出井伸之

企業の寿命は短くなっています。会社の旬は18.1年というデータもあるほどです。一方、人間に目を向けると、寿命だけでなくビジネスマンとしての時間も伸びている。したがって、会社より自分の命の方が長いことになります。「会社に入ればそれで安泰」と思うのは大きな間違いです。


柏木理佳

私は常に「出会った人はみんな私の虜に」をモットーにしています。