名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パンカジ・クマール・ガルグの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パンカジ・クマール・ガルグのプロフィール

パンカジ・クマール・ガルグ。インド人経営者、IT技術者。「アイ・ティ・イー」CEO(最高経営責任者)。インド国立大学卒業、米フォックスビジネススクールでMBAを取得。神戸製鋼所、安川電機、シーラス・ロジック、インテル・グローバル戦略部長などを経て「アイ・ティ・イー」「アイスバッテリー」を設立。

パンカジ・クマール・ガルグの名言 一覧

自分に感動がないと、他人に感動は与えられない。そこに国家や人といったような垣根はない。


人は困った時に変わる。


皆、いい人間と信じ、相手に合わせる。それが国際人の心。


日本はビジネスの習慣が独特ですから、難しさはありました。実力だけでは動かない。周囲との関連性が大きいですし、餅は餅屋でIT屋の私が説いても怪しまれてしまいます。石橋を叩いても渡らない日本の体質ですが、好きなだけ叩いてもらいました。


親戚には経営者が多く、誰も日本には行かない。言葉や食物の違い、こだわりもあります。しかし、モノ作りが好きな私にとり、やはりモノ作りは日本だし、誰も行かないから行きたいというチャレンジ精神もありました。


経営者は「儲け、儲け」といいますが、それだけでは信用は得られません。相手に尽くして相手を信者にする。漢字で儲けは、信者と書くでしょう。信者を増やせば、自然にビジネスはうまく進みます。


インドには「カルマ」という言葉があります。人のために懸命にやれば、結果として自分に戻ってくるという教えです。インドの大学を出て日本に来てから20数年、日本は私を育ててくれました。だから、私はお世話になった日本へ恩返しをしようと思っています。


農業は英語でアグリカルチャーといいますよね。アグリカルチャーという単語の中には、カルチャー(文化)という単語が含まれています。これは農業と文化が密接に結びついていることを意味しています。農業を失うと文化にも影響します。


勤めていた神戸製鋼のシャワールームでラグビーチームの監督だった山口良治さんとお会いしました。英語を話せない彼が「ハロー・グッドモーニング」と声をかけてくれて驚いたのが最初です。それから交流が続き、いまは顧問として助けてもらっています。まさに国際化は言葉ではないという体験でした。


パンカジ・クマール・ガルグの経歴・略歴

パンカジ・クマール・ガルグ。インド人経営者、IT技術者。「アイ・ティ・イー」CEO(最高経営責任者)。インド国立大学卒業、米フォックスビジネススクールでMBAを取得。神戸製鋼所、安川電機、シーラス・ロジック、インテル・グローバル戦略部長などを経て「アイ・ティ・イー」「アイスバッテリー」を設立。

他の記事も読んでみる

ドリアン助川

言葉は大切だし、力があるのは認めますが、あまり過大に評価するのも問題ですね。以前ニューヨークに住んでいたときに痛感したのが言葉の不自由さ。たとえば絵画や音楽なら、作品のメッセージはすぐ伝わります。料理とか美容師さんなどの仕事もすぐに理解してもらえる。でも言葉の表現は言語が違うと伝わりにくい。言葉はその点限界があるし不便なものでもあると。


八ツ井慶子

お金の使い方というのは、その人のマインドそのものといってもいいくらい。たとえば、「これを買う」という意志決定には、自分の性格やそのときの精神状態が反映されます。とくに浪費や無駄遣いの場合は顕著です。


池田千恵

翌朝やることは頭で考えるだけでなく、何か紙に書いておいた方がいいでしょう。私は直接手帳に書き込みますが、パソコンでも携帯電話でも何でもいいのです。とにかく手を動かすことがポイントです。なぜ朝ではなく前日の夜にやるかというと、翌朝することを決めておかないと、朝起きたときに眠気に負けてしまい、二度寝してしまうからです。逆に、明日やらなければいけないことを見える化しておけば、起きるときに「あ、今朝はこれをやらなきゃいけないんだ」と思って、起きやすくなります。


原昭彦

成城石井は輸入食材を中心に、どこのスーパーも取り扱っていない珍しい商品を店頭に並べることが多く、そんな商品は失敗のリスクも大きい。それでも挑戦するのが成城石井のスタイルです。私が失敗を引きずらないのは、挑戦を後押しする成城石井のスタイルも影響しているかもしれません。


村山康夫

節約一辺倒は必ずしも正しくありません。企業風土を変えるためには、適切なコストを費やす勇気を持つことも必要です。そのうえで、持続的成長のためのコアビジネスと周辺・新規ビジネスで具体策を講じていきます。


本間宗久

米商いは踏み出し(仕掛けるタイミング)大切なり。踏み出し悪しき時は決して手違いになるなり。又商い進み急ぐべからず、急ぐ時は踏み出し悪しきと同じ。売買共、今日より外、商い場なしと進み立ち候時、三日待つべし。是伝なり。


村田昭治

多くの優れた企業リーダーに接して感じていることがある。そのひとつは、ご自身の歩んできた経歴あるいは学んできた分野にたいする、自信と誇りをもっておられることだ。それはリーダーシップの大切なベースになるものだ。


木川理二郎

建設機械専業では危ないというアナリストもいますが、当社は建設機械しかやりません。いや、建設機械だけで十分範囲が広く、製品もマーケットもどんどん広がっています。それを証明するように、いま日立建機の市場は中国を中心とした新興国の比率が大きくなっています。


鈴木みゆき(経営者)

会社の方向性について社員とトップが率直に会談を続けないと、会社は前に進みません。


藤本やすし

一流でない人とそうでない人の差は、「有名になりたい」とか「お金持ちになりたい」とか、はっきりした野心を持っているかどうかだと思います。


岡倉天心

内からの勝利か、さもなくば外からの圧倒的な死か。


神野元基

教師が要らなくなることはありません。大学受験前までの子どもたちは、自分で勉強する動機づけをすることが難しい。そして、勉強に対するモチベーションを湧かせてあげられるのは、いまのところ人だけです。また、学校にクラス制度があるかぎりイジメはなくならず、それに対してアプローチしていけるのも先生だけです。さらにいうと、未来を生き抜く力を身に付けさせるというところも、いまはまだ人間しかできない。人工知能でティーチングのところは効率化できますが、教育の根幹にある仕事は人間が必要だというのが僕の考えです。