名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パベル・ネドベドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パベル・ネドベドのプロフィール

パベル・ネドベド。プロサッカー選手(MF)。チェコ出身。地元クラブを経てスパルタ・プラハに入団。その後、SSラツィオ、ユヴェントスFCなどで活躍。バロンドール、セリエA最優秀外国人選手、ゴールデンフット賞などのタイトルを獲得。

パベル・ネドベドの名言 一覧

僕はジダンやフィーゴやロナウドみたいなスーパーな選手ではないから。
【覚え書き|なぜそんなに練習するのかと聞かれたときの返答】


趣味は練習。練習し過ぎて、試合になると疲れていることがある。


パベル・ネドベドの経歴・略歴

パベル・ネドベド。プロサッカー選手(MF)。チェコ出身。地元クラブを経てスパルタ・プラハに入団。その後、SSラツィオ、ユヴェントスFCなどで活躍。バロンドール、セリエA最優秀外国人選手、ゴールデンフット賞などのタイトルを獲得。

他の記事も読んでみる

阿部祐二

重要なことは継続すること。毎日10分、15分でも継続すれば力になる。


大山健太郎

人それぞれの強みを伸ばすには、とにかく好きなことをやりたいという「願望」も不可欠です。好きなことは何でも身に付きますよね。私がなかなか英語を覚えられないのは、英語が好きではないからです(笑)。


佐伯達之

現状のものを生かして、半分くらい作り直すという考え方でやっていると、絶対に成功しない。スクラップ&ビルドをするのがいいですね。お金は一番かかりますけれども、全部壊して、最初から作り直す。


柳澤大輔

私は仕事中のサボりを奨励しています。仕事中にサボるなんて、とんでもないと思う人が多いのではないでしょうか。社内では「サボり方研修」も行っています。サボりこそがクリエーティブな発想を生む源泉であり、一流のサボり方を身につけてほしいと考えるからです。ただサボるより、サボりながら何か作業をしたほうがいい。実際の研究結果でも、ただ休憩するより、休憩中にどうでもいい作業をするほうが、クリエーティビティが発揮されることがわかっています。


泉谷直木

戦略構築能力は学習して身に付ける必要があります。日々の勉強の仕方としては、例えば新聞の一面トップ記事や雑誌の特集記事を読む。それによって、時代の風を取り込み、課題を自分に置き換え、わが社に置き換え、日本、世界に置き換える。そういう訓練をずっとやっていくことが、戦略を構築する上では非常に大事。


西村克己

先に仕事のゴールを決めておくことが大事。やみくもに動いても方向性が定まらず、結局ムダが多くなります。じつは日本のサラリーマンにはこのタイプがかなり多い。先にゴールを決めておけば、それに向かえばいいだけ。もしやっていくうちに思い違いがあったとしても、軌道修正だけで済みます。


玉川勝

一般的にインド人のマインドからすると社長は雲の上のヒトとも思われていますが、社長も同じ人間です。密にコミュニケーションをとり、全体が把握できているということで健全な組織が出来上がります。インタラクション+リコグニションです。


上田彩子

やってはいけないのが、すぐに表情をひっこめること。作られた表情は長続きしませんから、相手は本心ではないことを見抜き、「こいつは信用できないな」と感じます。


森内俊之

将棋には無限の可能性があって、終わりがありません。いつまでも挑戦し続けることの楽しさを感じていたい。それが今の正直な気持ちです。


安部修仁

あくまでも先代から脈々と受け継がれてきた吉野家に対するお客さんの期待がある。それに応えるのが第一義であり、継承者である僕の使命だった。


内藤忍

外貨預金はハイリスクローリターンの商品です。一見、高金利でお得に見える商品もありますが、買い付け、売却の際にかかる為替手数料を差し引くと、2%程度の金利はすぐ吹き飛んでしまいます。リスクはしっかり取らされて、リターンの大半を金融機関に持っていかれたのではたまりません。リターンを計算する際は、コスト(手数料)を差し引いて考えることが大切です。


町田勝彦

加速し続ける海外生産にストップをかけなければ、いずれ日本の生産技術は消滅してしまうという危機感が、私の中でだんだん大きくなっていった。日本で育てた最先端の生産技術が海外に流出する懸念だ。中国をはじめアジア各国のハイテク技術がどんどん向上していく中、安易な海外移転を繰り返せば、日本が長年かかってつくりあげてきた生産技術は、彼らに習得されてしまう。そうなれば、製造立国・工業立国日本そのものが危うくなってしまう。