パベル・ネドベドの名言

パベル・ネドベドのプロフィール

パベル・ネドベド。プロサッカー選手(MF)。チェコ出身。地元クラブを経てスパルタ・プラハに入団。その後、SSラツィオ、ユヴェントスFCなどで活躍。バロンドール、セリエA最優秀外国人選手、ゴールデンフット賞などのタイトルを獲得。

パベル・ネドベドの名言 一覧

僕はジダンやフィーゴやロナウドみたいなスーパーな選手ではないから。
【覚え書き|なぜそんなに練習するのかと聞かれたときの返答】


趣味は練習。練習し過ぎて、試合になると疲れていることがある。


パベル・ネドベドの経歴・略歴

パベル・ネドベド。プロサッカー選手(MF)。チェコ出身。地元クラブを経てスパルタ・プラハに入団。その後、SSラツィオ、ユヴェントスFCなどで活躍。バロンドール、セリエA最優秀外国人選手、ゴールデンフット賞などのタイトルを獲得。

他の記事も読んでみる

尾崎裕

リスキーでも新しいアイデアを採り入れてチャレンジするのは、やはり若い人でしょう。過去に縛られず、新しい発想を取り入れられる、新しい経営者に交代していく意識が必要です。


仲谷善文

誰もが見捨てる後工程にこそ会社の活路があるのではないか。


仲暁子

私が入社した当時のフェイスブックジャパンは、オフィスはマンションの1室で、メンバーは代表・副代表の日本人2人と、米国から来た3人のエンジニアの5人のみ。私はそこに雑用係として参加し、お茶出しから、ガラケー向けのユーザーインターフェースの再設計といった大きなことまで関わり、ネットビジネスのイロハを学ばせてもらいました。何より収穫だったのは、急成長中の組織のカルチャーを目の当たりにできたこと。フェイスブックはエンジニアが中心の会社で、新しいアイデアが出たらすぐにサービスに反映させて世に問う意思決定の速さに衝撃を受けました。


本田健

お金というものは、努力に応じた額が年々積みあがるものではありません。試行錯誤の時期は鳴かず飛ばずで、あるときピントが合うと堰(せき)を切ったように入ってくるもの。私の周囲の成功者たちも皆そうでした。


門川義彦

大事なことは、どうやったら相手が笑顔になってくれるかを考えること。心が通わない笑顔は、本当の笑顔ではありません。


丸山康幸

チームが一番大事な仕事に専念できるよう、環境を整えることです。それが経営者の最も大切な仕事ではないかと思っています。


岡素之

社員との対話は年間を通じてやり続けています。海外でも同じです。先日も、中近東に出張したとき、現地のマネジャークラスに集まってもらい、2時間ほど話をしました。私からは「会社は何を目指しているのか、どういう考えを持っているのか」を説明し、彼らからは「いまどんなことをやっていて、何を提案したいのか」を聞きました。


村山甲三郎

運動は私の仕事である投資や運用と同じで、継続するということが非常に大事。


井上勝弘

どんなビジネスパーソンも、客観的な「成果」と主観的な「満足感」の両立を目指していると思いますが、僕は後者の「満足感」を大事にしています。いつもチャレンジャーで居続けられますから。


松本大

合理的なメールに対して、気持ちを伝えやすいのが手書きの一筆です。私はいつも一筆箋を鞄に入れて持ち歩き、お世話になった方へ感謝の気持ちを伝えるようなときに使っています。会いたい人が不在だったとしても、一筆箋に名刺を添えてメッセージを残しておけば相手の心に残ります。もともと字が上手なほうではありませんが、丁寧に書けば温かみが出ていいものです。また、封筒に入れて言付ければ、ハガキとは違って文面がむき出しにならず上品だと思うのです。


アルバート・アインシュタイン

この世界を個人的な願望を実現する場とせず、感嘆し、求め、観察する自由な存在としてそこに向かい合うとき、我々は芸術と科学の領域に入る。


安藤宏基

自分の担当ブランドの売上を伸ばすためなら、隣のBM(ブランド・マネージャー)のブランドとシェアを奪い合う、いわゆる力ニバリ(共食い)を起こしても一向にかまわない。商品開発にあれはやってはいかん、これはダメというような制約はない。


上野光夫

単純な思いつきをニーズに結びつけてもいいし、自分の困りごと、失敗したこと、満たしたい欲求から掘り起こしてもいい。社会でヒットし、継続的に支持を得ているサービスのニーズを考えることもビジネスの発想のヒントになる。


岡本太郎

自信はない、でもとにかくやってみようと決意する。その一瞬一瞬に賭けて、ひたすらやってみる。それだけでいいんだ。また、それしかないんだ。


森正文(経営者)

ビジネスチャンスをつかむには、最初が肝心です。私が思いついた高級ホテルの専門予約サイトを成功させるには、まず大物ホテルに登録してもらう必要があったのです。そうすると、次の大物ホテルにも入ってもらう可能性が高まる。つまり、チャンスがチャンスを呼び込むのです。


ページの先頭へ