名言DB

9490 人 / 112001 名言

パトリツィオ・ベルテッリの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パトリツィオ・ベルテッリのプロフィール

パトリツィオ・ベルテッリ。イタリアの経営者。プラダの会長兼CEO。プラダを高級ブランドに成長させた人物。創業者のマリオ・プラダの孫娘ミウッチャ・プラダと結婚し、プラダの経営再建を担うことになった。シンプルなデザインを前面に押し出し、大ヒットとなる。また、市場に商品があふれないよう直営店以外での商品取り扱いを禁止しブランドの育成を図った。

パトリツィオ・ベルテッリの名言 一覧

市場の動向や消費者の好みに合わせた商品を送り出すのは、敗者のやり方だ。


パトリツィオ・ベルテッリの経歴・略歴

パトリツィオ・ベルテッリ。イタリアの経営者。プラダの会長兼CEO。プラダを高級ブランドに成長させた人物。創業者のマリオ・プラダの孫娘ミウッチャ・プラダと結婚し、プラダの経営再建を担うことになった。シンプルなデザインを前面に押し出し、大ヒットとなる。また、市場に商品があふれないよう直営店以外での商品取り扱いを禁止しブランドの育成を図った。

他の記事も読んでみる

尾崎健一(尾﨑健一、臨床心理士)

努力の方向がズレていたら、どれだけ頑張っても評価されません。役割に応じた行動を取りましょう。


永松茂久

目指すは多店舗化ではなく、スタッフも楽しいし、お客さんにも心から楽しんでいただける店。


高田純次

昔の人はよく言ったもの。「平凡が一番だよ」。上手くいった人への嫉妬も入ったこの言葉、じつに上手い言い訳ではないかと思うよね。「貧乏で頭もよくないけど、みんな丈夫だし、幸せだよね」そんなふうにして、ときどき人生のバランス論をかみしめながら、毎日を上手く生きていたんじゃないかと思う。いまの若い人たちも結構大変な状況のようだけど、日本が貧乏国だった時代のこんな知恵を少し借りた方がいいんじゃないかな。


井上ゆかり(経営者)

R&D部門が社員の発案で金曜日を「英語デー」にしています。社内ではすべて英語でコミュニケーションする。日本人だけの小さな会議もです。これはとても効果的だと思っています。たとえば営業職などは、日本市場を対象にしていれば、日本語だけで仕事ができないわけではない。でも、英語ができれば、手に入る情報量が圧倒的に変わるんですね。世界各国が発信する情報が手に入るし、世界中の成功事例をインプットできる。世界の店頭で何が起こっているか、業態はどう変わりつつあるか、消費者ニーズはどんな変化を見せているか。それを知ることが、日本での仕事にプラスにならないわけがない。世界の市場の変化に対して、私たちがやらないといけないことは何か。どんどん、先に先に、ラーニングしていくことができる。これは大きな強みになります。


田中良和(GREE)

意思決定は、決定に至るプロセスさえ間違っていなければ、できるだけ早く結論を出して即実行することが大事なんです。仮にそれで失敗しても、またそこからやり直せばいいだけですから。


天坊昭彦

コツコツと地道な仕事も経験していないと、戦略的な判断はできない。


用松靖弘

一杯の天丼をとにかく磨き上げること、これが多くのファンを作り、結果的に店舗網の拡大にもつながる。


納富貞嘉

IoTによってすべての物がインターネットにつながるようになる。さまざまなことが遠隔から行えるようになり、あらゆるデータを集積することができる。これらをどう活用するかで企業の成長スピードが変わってくる。


村上憲郎

講演などで私が若い人たちにアドバイスするのは、「あまり綺麗ごとを追い求めない方がいいんじゃないか」ということです。働き始めたとき、私にとって働く意味とは「食うため」でした。身も蓋もない言い方ですが、なぜ仕事をするかというと、明日の食料に戦慄するからです。働かなくては明日食うものがないと恐れおののく。それが働くことの根底にあるんだということを一回とことん考えてみてはどうでしょうか。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

自分を抑制することから逃げている限り、本当の幸せを知ることはないでしょう。不運と弱さに身を沈め、精神的なコントロールのない無責任な状態で、低いレベルに留まり続けることになります。


羽生善治

ミスには2種類あります。1つは「自分が認識できるミス」、もう1つは「認識できないミス」です。正しいことをやっているつもりでも、「後から見れば間違っていた」というケースはよくあります。とすれば、少なくとも今の時点で「ミスに気づいている」ということは、それほど深刻な状況ではない、ということでもある。むしろ、気づかずミスすることの方が怖い。


茂手木雅樹

単に規模の拡大を目指すだけではなく、ジャンルを広げるようなM&Aに取り組んできた結果、機械、電気、電子、半導体、ソフトウエア開発から医薬、土木、建築まで、同業他社に比べても幅広い分野へのアプローチが可能になっています。