名言DB

9413 人 / 110706 名言

パトリツィオ・ベルテッリの名言

twitter Facebook はてブ

パトリツィオ・ベルテッリのプロフィール

パトリツィオ・ベルテッリ。イタリアの経営者。プラダの会長兼CEO。プラダを高級ブランドに成長させた人物。創業者のマリオ・プラダの孫娘ミウッチャ・プラダと結婚し、プラダの経営再建を担うことになった。シンプルなデザインを前面に押し出し、大ヒットとなる。また、市場に商品があふれないよう直営店以外での商品取り扱いを禁止しブランドの育成を図った。

パトリツィオ・ベルテッリの名言 一覧

市場の動向や消費者の好みに合わせた商品を送り出すのは、敗者のやり方だ。


パトリツィオ・ベルテッリの経歴・略歴

パトリツィオ・ベルテッリ。イタリアの経営者。プラダの会長兼CEO。プラダを高級ブランドに成長させた人物。創業者のマリオ・プラダの孫娘ミウッチャ・プラダと結婚し、プラダの経営再建を担うことになった。シンプルなデザインを前面に押し出し、大ヒットとなる。また、市場に商品があふれないよう直営店以外での商品取り扱いを禁止しブランドの育成を図った。

他の記事も読んでみる

矢田裕基

当社が出店するのは、2等立地や3等立地と呼ばれる場所。しかも15坪程度で席数も20席ほど。人材の苦労が絶えない飲食業だからこそ、2名や3名といった少人数でオペレーションできる業態を目指した。


田口智隆

20代の頃はギャンブルにつぎ込んでは負け、部下を引き連れて飲み歩き借金を繰り返す。それで500万円も借金が膨らんだんです。このままお金に追われ続ける人生は嫌だと。自分と自分の生活を変えなければいけない。まず自分の支出を把握することから始めました。


ピーター・ドラッカー

未来に何かを起こすには、勇気を必要とする。努力を必要とする。信念を必要とする。決定のためには、いろいろな案がなくてはならない。ただし、可・否の二案だけでは不足だ。決定しないという決定もあることを忘れない方がいい。反対論がない場合には結論を出してはならない。勇気と勉強に不足があれば反対論は出ない。


浜脇洋二

私が出会った100人を超える米国やドイツの経営者たちも戦略に長けた、したたかな経営者だったと思い起こしました。彼らに比べれば、日本の経営者はどことなくひ弱に見えてならない。例えて言えば、野良犬のたくましさと飼い犬の弱さの違いがあるように思えるのです。


飯田泰之

掛け合わせるという考え方は重要ですね。ひとつの道を極めることはたしかに素晴らしいし、カッコいい。でも、専門家としての競争は超シビアで、しかも勝つのは一番上の一人だけ。ほとんどの人は勝ち目がないでしょう。ところが、できることをいくつか掛け合わせると、とたんに競争相手は少なくなって差別化しやすくなります。


鵜澤静

社会が求めるもの、もっと大きくいうと、人類が求めるものは何かを追求し、我々ができる最大限の貢献をする。その結果として、利益を生み出し、再投資していく組織でありたい。極論すれば、日清紡は必ずしも「繊維の会社」にこだわる必要はないということだ。


窪田良

加齢黄斑変性を飲み薬で治すというアプローチは過去になく、難易度が極めて高いチャレンジです。それを実現するには、全く新しい仮説を構築しなければなりません。その際にカギを握るのは組織の多様性です。思いもよらない発想はバックボーンが異なる人同士が議論を戦わせることで生み出されるものだからです。


森田康

仕事には区切りがあるようでないものです。少なくとも、仕事をいとわず前向きに意欲を持って打ち込む仕事師であればあるほど、仕事には際限がなくなり多忙がついて回ることになります。長い間、新聞記者であった習性もあって、仕事とは決して他から与えられるものではなく、自らの手で見つけ出すものと信じているものにとっては、なおさらきりのないことで、さらに多忙を極めることになります。


野村克也

「信は万物のもとをなす」ともいうが、信じてもらえるような人間になるには、理にかなった深い言葉を学び、知っておく必要がある。上に立つ者、会議で自分の意見を相手に明確に伝えたいと思う人間は、本を読み、経験を重ね、理にかなった言葉を獲得する努力を怠ってはいけない。


午堂登紀雄

モチベーションが湧かない時には、気分転換に「高級ホテルのラウンジや喫茶店に行ってみる」と良いでしょう。このような場所に行くと、仕事がバリバリできそうなビジネスパーソンをたくさん見かけます。すると、「サボっている自分はカッコ悪い」という気になり、仕事への意欲が高まるものです。


ジョン・ロック

人のとる行動は、その人の考え方を最も的確に表明するものである。


西田厚聰

事業に応じたスピード、経営の判断基準があるということです。現在進行している事業には、私の任期中には実を結ばない長期の事業もたくさんある。直近の事業も、もちろん力を入れて取り組みます。しかし、自分の任期中に成功させる事業だけを考えていては駄目なんです。自分の任期を超えて、事業を持続的に成長させなければいけない。5年先、10年先を常に考え、結論を導き出し、決断することができるのは社長以外にいませんから。


前田晃伸

毎年の年賀状もすべて手書きです。宛名だけでなく中身の文章もです。裏も表も手書きとなると、800枚程度が限界なので、お世話になっている全員に出すわけにはいきません。それでも手書きにこだわるのは、受け取る側に手書きの気持ちや気概を感じてもらうことが、文章によるコミュニケーションの第一歩だと思うからです。


板東英二

プロに入ってすぐに「こんな小さな体では通用しない」と気づいた。高校野球はまあまあの体力で頭を使い、一生懸命に練習すれば通用する。ところが、プロ野球は肉体がすべてに勝るところだった。頭なんかいらないんですよ。なんぼ考えても駄目。速い球は速い。その速球を打てるヤツ、より遠くに飛ばせる天性のものを持ったヤツには、いくら練習しても届かないんです。そんなことが入団してすぐにわかりましたから。1年目から「野球ではとても一生食ってはいかれん。他の道をみつけないといかん」と、ビジネスをやり始めるんです。


冨田和成

「PDCAならすでに実践している」という企業は多いでしょう。しかし現実には、PLANの段階で5割の人がPDCAサイクルから脱落し、DOで3割が脱落。CHECKへたどり着く前に、8割が脱落しているというのが私の印象です。つまり、せっかく何かトライしても、効果の検証がされていない。多くの企業で、仕事が「やりっ放し」になっています。