パトリツィオ・ベルテッリの名言

パトリツィオ・ベルテッリのプロフィール

パトリツィオ・ベルテッリ。イタリアの経営者。プラダの会長兼CEO。プラダを高級ブランドに成長させた人物。創業者のマリオ・プラダの孫娘ミウッチャ・プラダと結婚し、プラダの経営再建を担うことになった。シンプルなデザインを前面に押し出し、大ヒットとなる。また、市場に商品があふれないよう直営店以外での商品取り扱いを禁止しブランドの育成を図った。

パトリツィオ・ベルテッリの名言 一覧

市場の動向や消費者の好みに合わせた商品を送り出すのは、敗者のやり方だ。


パトリツィオ・ベルテッリの経歴・略歴

パトリツィオ・ベルテッリ。イタリアの経営者。プラダの会長兼CEO。プラダを高級ブランドに成長させた人物。創業者のマリオ・プラダの孫娘ミウッチャ・プラダと結婚し、プラダの経営再建を担うことになった。シンプルなデザインを前面に押し出し、大ヒットとなる。また、市場に商品があふれないよう直営店以外での商品取り扱いを禁止しブランドの育成を図った。

他の記事も読んでみる

目床明彦

創業以来、「ありがとうを広げる」を理念に掲げてきました。「言霊(ことだま)」といわれるように言葉には魂があり、良い言葉が広がれば、それがコミュニケーションにつながって時代を変えていく力になります。そんな言霊の中でも「ありがとう」は最も大事な言葉です。


又吉直樹

自分が面白いと思う核の部分は変えませんよ。そのものを変えたら、それは自分が芸人に向いていないということやと思うから。でも、アプローチの仕方、表現の方法をわかりやすくすれば、多くの人に伝わります。


桐山一憲

個々の社員が自分に合った時間帯で、場所も問わずに柔軟に仕事ができるようになれば、さらに高い能力を発揮できる。働き方や性別、出身国などを含めて様々な意味での「多様性」を促進するためにも、それを可能にする環境作りが重要だ。


田中優子(江戸文化研究者)

海外は徹底した競争社会で、自己表現が不可欠といわれますが、必ずしもそうでもない側面もあります。本学の卒業生で、ブルッキングス研究所という米国有数の研究所でシニア・ファイナンシャルマネージャーを務める根本亜紀さんという女性がいます。根本さんが競争に関してこのように話していました。「米国の職場はどうしても自己表現が必要です。だけれども相手の立場に立ってモノを考えて、相手を思いやりながらつなげていくことはもっと必要なことなのです。周りには競争するために、自己表現だけしている人が相当いますが、私の強みは周囲の話に耳を傾けることだと気が付きました。日本社会で育ってきた強みを米国の職場で生かしています」、と。


千本倖生

なんの蓄積もなければ、たいした挑戦はできないし、結果だってたかがしれています。だから、入社10年くらいは将来を見据えて、仕事の知識や進め方といった基礎力を身につける期間だと考えればいいでしょう。僕自身、NTTで18年間かけて、通信のエキスパートとなるための基礎固めをじっくりやったからこそ、39歳で第二電電(のちのKDDI)設立という勝負に出られたのだと思います。


吉田浩一郎

口を出さず、社員に仕事を任せるのも大変です。私は耐えられなくなると、同じビルのスポーツクラブへ行くようにしています(笑)。


天坊昭彦

現在我が社は、有機ELの材料やアグリ(農業関連)バイオ事業などの新規事業に力を入れています。石油に代わる一次エネルギーはそう簡単に登場しないでしょう。しかし、いまのペースと値段で誰もが石油を使えるかといえば、それは難しいでしょう。いま新規事業の種をまかなければ、手遅れになってしまいます。


山本昌(山本昌広)

ここ数年は、6、7月になるとあえて「もう今年で引退か」と自分に言い聞かせます。そして、あと○日しかユニホームを着られないのかと思うとさらに闘志が湧いてくるのです。


柴田励司

世界中のどこでも、仕事が滞る最大の要因は同じ。それは誰かが「聞いていない」と言って話を止めてしまうこと。それを防ぐためには「誰にどのタイミングで報告を入れるべきか」をあらかじめ把握しておくことをお勧めします。日本的な言い方をすれば「根回し」ですが、これもまた自分で時間をコントロールするために非常に有効な手段です。


玉塚元一

北海道と沖縄で全然違うのだから、そこにいる人(スタッフ)が「もっとこういう商品が欲しい」などと主体的に戦えなければなりません。


佐藤誠治(経営者)

いまは「一億総不安社会」です。将来、年金が支給されるか分からないと皆、心配している。老後を迎えた時の資金繰りはどうなるんだ。そういう不安を解消するために我々は何ができるのか。一億総不安社会における「心配」=「ニーズ」を掘り起こして、我々が解決策を提案する。徹底的な顧客目線に立って、人生の資金繰りの見通しをつけるためのアドバイスをしていきたい。


ジャック・アタリ

日本の経営者たちは率先して外国に出て、より多くのことを学ぶべきだ。そうすれば、外国人と接することで失うものよりも、得るもののほうがはるかに多いと気づくことができるだろう。


山内溥

私はこれまでソフト制作をお願いしますといったことは一度もない。やるのも、やめるのも自由。むしろ(多くのソフト会社が次世代機にソフトをつくることは)やめてほしい。


増田正造

能はいつも決まったことを繰り返しているように見えるかもしれませんが、実は違います。常に新しいことをやっているのです。囃子方(はやしかた)や地謡(じうたい)などとのぶつかり合いの中で、常に創造しているからこそ、数百年たった今なお輝きを失っていないのでしょう。


峰岸真澄

結局のところ、自らの強みを強化することでしか、企業価値は向上しない。


ページの先頭へ