名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パトリツィオ・ディ・マルコの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パトリツィオ・ディ・マルコのプロフィール

パトリツィオ・ディ・マルコ。イタリア人経営者。高級ブランドのグッチ社長。イタリア出身。大学時代に日本に留学経験があり、プラダ・ジャパンのCFO(最高財務責任者)、マーケティング・マーチャンダイジングディレクターとして5年間日本に駐在。プラダ・アメリカ社長、ルイ・ヴィトン・アメリカのコミュニケーション担当副社長などを務めたのちグッチ・グループに移籍。傘下のボッテガ・ヴェネタを倒産寸前から立て直しに成功。その後、グッチの社長を務めた。

パトリツィオ・ディ・マルコの名言 一覧

重要なのは、どの市場でもそこでリーダーとなった者が、自分は一番だと慢心していると、いつかは誰かが後ろからやってきて、その座を奪うということです。


激しい競争に勝ち抜くには、消費者のロイヤリティを獲得し、増やす必要があります。消費者との感情的な結びつきを持つことです。


利益をあげたいなら頭を使って効率を高め、サプライヤーと協力すればいいのです。国内から出なくてもそれはできるでしょう。実際、我々はそうしているのですから。


この数年でグッチは危機を乗り越えました。それも単に危機に対処できただけでなく、我々のブランドの歴史や伝統、ストーリーを消費者に伝えることができました。そこに私は大きな満足感を覚えています。


グッチといえども商業的な会社です。目的は利益をあげ、株主のために会社の価値を高めることでしょう。ただどんな手段でその目標を達成するのかという点に、企業哲学が表れます。高級ブランドの場合、商業的になりすぎると短期的な成功しか得られません。


無名のブランドやデザイナーに投資するには勇気とガッツが必要です。危険を冒して挑戦する必要があります。


我々はラグジュアリー業界の中で最も多くの社会貢献をしています。誰かに強制されたのではなく自主的に。なぜなら、成功し利益をあげている会社として社会にお返しをしなければならないと考えているからです。そして慈善活動は、我々の価値観でもあります。


恵まれた環境にある人々にとって、グッチを買わなければならない合理的な理由はひとつもありません。もちろん、グッチの商品には高い品質もファッション性もあります。ですが、それは他のブランドにもあります。だからこそ我々は、「グッチはファッションだけのブランドではない」と伝えなくてはならないのです。


消費者との絆を深めるために、販売員は商品以前に、印象に残る最高の経験を提供することが求められます。それがお客様との関係を築くための基盤となって、ロイヤリティを得られるからです。


ブランドが投資対象として売買されることは、一抹の寂しさも感じます。ただ財政的基盤がないために、我々の職人が生き残れなければ、それはもっと寂しいことになります。仮にグッチに問題が起こって、それに耐える力がなければ、消えるのはグッチだけではありません。グッチの職人たちとサプライチェーン全体が消えてしまう。約4万5000人の職がなくなるのです。それを見逃すことは、私にはできません。
【覚書き|ファッションブランドのM&Aが活発化していることについて語った言葉】


例えば日本では美しい漆塗りや着物の帯があります。これらは何十年にもわたって培われた伝統と職人技から生まれたものです。両方とも、その気になれば中国でつくることもできるでしょう。ですが本当に同じ品質を保てるでしょうか。そこに長年培われた文化は宿るのでしょうか。文化を培うには何十年もかかりますから、他の国に置き換えることは非常に難しい。我々が「メード・イン・イタリア」にこだわる理由もそこにあります。


グッチが「メード・イン・イタリア」であることは、グッチのDNAであり、我々自身の一部でもあります。「メード・イン・イタリア」ということはそれ自体が文化であり、文化は一夜にしてつくれるものではありません。


かつてグッチの製品が職人技や伝統技によってつくられたものであることは、誰もが知っていました。ただそのあと、グッチのポジショニングは変わってしまいました。そこで我々は、「グッチ=職人技」というメッセージを再び伝えなくてはならないと思ったのです。そこで「アルチザン(熟練の職人)コーナー」を始めました。
【覚書き|店で靴やバッグの制作工程を熟練の職人が披露する取り組みを始めた経緯について語った言葉】


グッチはほぼすべての商品をイタリア国内で生産していて、その大半は完全に手作りです。我々のように売上高が30億ユーロを上回る規模の会社では唯一かもしれません。加えてグッチには長い伝統もあります。どの商品もクラフトマンシップ(職人魂)に裏付けられた美しい物語があります。これらをすべて消費者に伝える必要があります。


2008年の世界金融危機は世界を劇的に変えました。ただ、ある意味では非常にポジティブな変化でもありました。消費者は以前よりずっと慎重になりましたから。彼らは本質的なものや真の品質を求め始めています。ブランドの背景にあるものを見極めるようになったんです。世界金融危機以降に本当に成功した会社は「形のある価値」と「形を持たない価値」、その両方を上手く提示できた会社だと思っています。


日本の消費者に認められるために、ブランド側はいままで以上の努力が求められています。ブランドのマークを知られるだけでなく、その形に込められている様々な意味を知ってもらう必要があります。


パトリツィオ・ディ・マルコの経歴・略歴

パトリツィオ・ディ・マルコ。イタリア人経営者。高級ブランドのグッチ社長。イタリア出身。大学時代に日本に留学経験があり、プラダ・ジャパンのCFO(最高財務責任者)、マーケティング・マーチャンダイジングディレクターとして5年間日本に駐在。プラダ・アメリカ社長、ルイ・ヴィトン・アメリカのコミュニケーション担当副社長などを務めたのちグッチ・グループに移籍。傘下のボッテガ・ヴェネタを倒産寸前から立て直しに成功。その後、グッチの社長を務めた。

他の記事も読んでみる

石渡美奈

上司は指示を出した後、要所要所でチェックを入れるべきである。若い社員ならなおさらだ。目的を達成するために、上司から部下に一つずつ諭すような声かけが必要だとも思う。そこまで教育できてこそ、マネジメント力があると言えるだろう。


船ヶ山哲

極論すれば、「強固な実績」は名前より前に伝えるべき項目です。あなたは、希望を感じることのない相手の名前を聞きたいと思いますか。そもそも聞いたところで、それが不要な情報なら、5秒後には忘れてしまいます。一方、自分の願望を叶えてくれる希望の光を感じた相手の名前であればどうでしょうか。名前はもちろん、その人のこれまでの経歴や考え方なども聞きたくなるはずです。このように、伝え方を少し変えるだけで、印象だけでなく相手の関心度合いもグッと上げることができるということです。


山本吉兵衛

社長も重役も部長も課長もみんな同じ人間なんですね。どういう経歴で部長になったか、社長になったか、それなりの理由があっても、基本は同じ人間なんです。その人間というものは、百人百様で違っています。個性や創造性をいかに引き出していくか、というのは社長ひとりがいくら頑張っても人間の知恵では知れています。従って、全社員の知恵をいかに結集していくか。それを考えてやっていくつもりです。


江崎利一

戦争は終わった。惨憺たる敗戦である。グリコの本拠もかくのごとく灰燼に帰した。しかし、我々は決してグリコの再生復興を疑ってはならない。工場も機械も、材料も商名も一切が焼け失せたが、ここにまだ、さすがの敗戦にも焼けなかった最大の資本がある。それはグリコという看板である。のれんである。名前である。これは過去30年間営々として築き上げてきた我々最大最高の資本である。


木川眞

日本の製造業について言えば、製造面でのコストコントロールは非常に優れていますが、こと物流に関してはグローバル基準で見て必ずしも優れているわけではありません。つまり、コスト競争力を生み出す原資が物流の領域に残っているということです。


伊藤慎介

この会社でやろうとしていることは、小さな電気自動車を作って、世の中に新しい移動手段を提供すること。


長沼毅

成果を出さなければいけないという焦りから研究費用の獲得に躍起になり、学会だ、大学だ、論文だ……と睡眠時間1時間の生活を続けた。心も体もヘトヘトでした。そして、ある日限界が……。深夜、研究室から帰ったとたん、目の前が真っ白に。床に倒れ込みました。診断結果は過労。3か月の安静を言い渡されました。それが転機でしたね。研究もできない、大学にも行けない。ヒマだから、昔よく読んだ中原中也の詩集を読み返したんです。中也って青臭くて、焦って、悲しんでる。「こいつ、もっと肩の力を抜けばいいのに」そう心の中でつぶやいたその瞬間、「あ、これ俺だ……」って悟った。自分で自分を追い込んで、行き詰まってる。それに気づいたら、一気に視界が開けて、肩から力が抜けていきました。そして変わった。力みがなくなったんです。「おカネなんてなくても研究はできるさ」くらいの感じで、ラクに仕事と向き合えるようになった。それまでは成果、成果だったのに、楽しくやろうという気になったんです。


中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)

幸運にも、これまでの創意工夫がお客様に受け入れられてきたから、今も伝統芸能として認められているだけであって、ただ同じことを繰り返してきていたら、今頃、歌舞伎はなくなっていたと思う。


西田豊明

人工知能を上手く使いこなして、人手のかかることや間違ってはいけないことを人工知能に代行させることで、人間はじっくりと物事を考える側に回る時代が必然的に来る。


澤田貴司

私は伊藤忠商事での初めの11年間は化学品営業の仕事に携わっていた。そこで一貫していたのが「自分が何をしたいのかを突き詰めて、それを実現するために具体的な行動を起こす」というアグレッシブな考え方だ。やってみたいことがあると貪欲に挑戦していた。


松井道夫

日経平均株価がバブル期以来の高値更新? 知ってますよ。知ってますけど、それがどうかしました? 全然興味ありません。そりゃあ相場なんだから20数年もあれば、株は上がったり下がったりするでしょ。もっともらしい理由を付けて、「これは新時代の幕開けです」とか言って何の意味があるの。一喜一憂しないで、もっと本質的なことを考えるべきですよ。


内藤誼人

あなたは日頃、係わる人に、分け隔てなくコミュニケーションが取れているでしょうか。それは大切な取引先や職場の人にとどまりません。買い物をするコンビニの店員、すれ違う警備員や清掃員への挨拶。あるいは、電車やバスで隣り合った人への気遣いのひと言。こうした場で「おはようございます」や「ありがとうございます」がパッと出てこない人は、いざ仕事の場でも肝心のひと言が出てきません。しかし、常日頃から「ありがとう」が言えている人は、たとえば、営業先でお茶を出されたときも、心のこもった「ありがとうございます」がすんなりと出てきます。