名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パトリック・ハーラン(パックン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パトリック・ハーラン(パックン)のプロフィール

パトリック・ハーラン(パックン)。アメリカ出身のコメディアン。コロラド州出身。ハーバード大学比較宗教学部卒業後、来日し福井県で英会話学校講師をしながらアマチュア劇団で活動。役者になるために上京。吉田眞と出会い、お笑いコンビ「パックンマックン」を結成。お笑いだけでなく幅広い分野で活躍した。

パトリック・ハーラン(パックン)の名言 一覧

自信を持って堂々と話すことで説得力が増す。


コミュニケーションの基本は、お互いに「わかり合っている」という意識。


どんなに正しい言葉遣いで論理的に話しても、信頼度と感情が伴わなければ伝わらない。


自分の周囲にいる話が上手な人をよく観察して、真似してみるのも良いでしょう。何もしないで話し上手にはなれません。練習と実践あるのみです!


まじめなやり取りだからこそ、笑いにつながる。


わかりやすい説明の達人として知られる池上彰さんは、「それはいい質問ですね」とよく言いますよね。あれも実は、そう言いながら質問の答えを考えるための時間稼ぎの役割があるのではないかと思います。池上さんが時間稼ぎのつもりで使っているかどうかはわかりませんが。


コメンテーターとして出演しているときなどは、突然、専門外の話を振られることもあります。そんなときには焦らず、「数秒の時間稼ぎ」のための言葉を言いながら、次に言うことを考えます。僕がよく使うのは「不思議なことに」や「以前から思っていたのですが」といったフレーズです。


ニュートンが万有引力を発見した年を覚えていますか? また、そのときの地名を答えられますか? ほとんどの人は、答えられないのではないでしょうか。しかし、そのときのエピソードならば、誰もが覚えているはずです。「ニュートンが庭で考え事をしていたとき、リンゴが木から落ちてきて、それを見て万有引力についてひらめいた」。委細を覚えていないのに、エピソードは記憶に残っている。これこそ、ストーリーの力です。


意識すべきなのは、相手の目を見ること。複数の人と話すときも全員に目を配るようにすると、相手はそれぞれ「自分に向かって話してくれている」と思い、そこに仲間意識が生まれます。仲間意識が生まれるということは、反論が少なくなるとも言えます。


相手の話が理解できないことは弱点ではありません。「その専門用語がよくわからないのですが……」などと、自分から会話に切り込むための良いきっかけになります。


人前で話すときに緊張しているのなら、それをそのまま伝えてもいいのです。「今日はとても緊張していますが、皆さんに聞いていただきたいことがあるので、頑張って話します」と。そうすれば、聴衆は応援しようと思ってくれるかもしれません。


僕たちお笑い芸人にとっては、ネタが滑ったときはピンチです。しかし、それを自覚した時点で、滑ったことを逆に武器にすることもできます。「徹夜で考えたギャグなのに、思ったほどウケなかったね!」などと、滑ったことを認めたうえで、次の話題のきっかけにするのです。


話し方やコミュニケーションについて意識して考えたのは、中学校に入ってからでした。「女の子からモテたい!」と思って、すでにモテている人を観察して、その言動を真似しようと考えたことがきっかけです。その結果、モテる男には共通点があることがわかりました。笑顔が素敵、誰とでも楽しく話して仲良くなれる、そしてよく笑わせる。つまり、コミュニケーションを大切にしている人がモテるのです。


基本的に、ジョークを言おうと意気込むと、なかなか人を笑わせるのは難しくなり、話もうまく展開できなくなります。それより実体験のエピソード、しかも失敗談や自虐ネタ、周囲の人のおとぼけ話などをネタに、聞き手にとって身近な情報や言葉、つまりコモンプレイスをうまく活用して盛り込むことです。それさえ押さえておけばバッチリです。


「自分には、そんなに面白い自虐ネタはないな」と言う人もいるかもしれません。でも、それは考えすぎです。自虐ネタのポイントは、自分のバカさ加減をさらけ出すことにあります。そのことによって、親近感や興味をもってもらうのが目的です。そうすれば、その後の話がすごく相手に届きやすくなるのです。


面白い話をするとなると、ジョークや落語家がやるような定番の噺を頭にたたき込んで、それをうまく演じきることだ、と考えるかもしれません。ですが、さすがにそれは一般的には難しすぎます。多くの人は構えすぎて、言葉が自然に出てこないのではないでしょうか。では、誰もが自然に話せるネタは何かといえば、その人の実体験です。そしてその実体験が、失敗談であったり、自虐ネタにつながるようなものであれば、かなりの確率で笑ってもらえます。


テレビのバラエティ番組。ちょっとした機転のきいたやり取りが必ずあるはずです。「面白い」と感じた場面があったら、それを真似して自分なりに使ってみましょう。失敗を恐れてはダメです。やればやっただけ、腕が上がりますからね!


パトリック・ハーラン(パックン)の経歴・略歴

パトリック・ハーラン(パックン)。アメリカ出身のコメディアン。コロラド州出身。ハーバード大学比較宗教学部卒業後、来日し福井県で英会話学校講師をしながらアマチュア劇団で活動。役者になるために上京。吉田眞と出会い、お笑いコンビ「パックンマックン」を結成。お笑いだけでなく幅広い分野で活躍した。

他の記事も読んでみる

濱田秀彦

部下に新たな仕事を与えて任せ、仕事の面白さを体験させましょう。


中村太一(経営者)

日本人の約6割は疲れている。ある調査でこのような結果が明らかにされている。原因は長時間労働やストレス。加えて最も大きな原因と考えられるのが、欧米に比べて「休む」ことのハードルが高い日本独特の社会風土ではないでしょうか。


三宅占二

失敗事例は担当者としては書きにくいことだと思います。実際に上がってくる営業日報に目を通してみると、「商談がまとまりました」などの成功事例は数多いのですが、失敗のほうはとても少ない。しかし、実際に役立つのは失敗事例です。これを担当者には誤解してほしくないと思います。


ムーギー・キム(金武貴)

凡事を徹底して習慣化できている人と、そうでない人との違いは、その凡事の重要性をどこまで腹落ちさせて理解しているか、です。三日坊主で終わってしまうのは、その習慣を守ることの大切さが「知識レベル」で留まっているからです。ですから、もし何かを習慣化するのであれば、心の底から「確かにこれは大切だ」と腹落ちできているものを選ぶべき。


森正文(経営者)

大企業は、またリーマンショックのようなことが起こるかもしれないと得体の知れない「何か」を恐れている。業績が伸びている時も給与は抑えられ、逆に業績が落ち込んだ時には歯を食いしばれと言われても、社員の間に閉塞感が広がるだけだ。社員のパフォーマンスが落ちれば業績も伸びず、結果的に株主も満足できない。


糸井重里

オリジナリティーあふれるブランドに育てるには、お客さんに「ここは頑張って力を入れたよ」とアピールできる目に見える要素も必要。


樋口武男

売上高10兆円は何が何でも達成します。それには石橋オーナーの教えをつなぐことが大事です。私は今年までで講演を460回以上行っていますが、そこで話をし続けているのは、大和ハウスが今日あるのは、創業者・石橋信夫さんのお陰ですということです。「何でご自身の話をしないんですか?」と何人にも聞かれましたが、いつも申し上げているのは、私がお会いした様々な経営トップの中には立派な方もたくさんおられました。しかし、石橋信夫さんは自分が会った中では一番すごい経営者だと思っているということです。


レイ・クロック

私は未熟で、成長の途中にあり、空を飛行しているような気持ちで人生を歩んでいた。
【覚書き|50代でマクドナルドのビジネスを始めた当時を振り返っての発言】


柳沢慎吾

『ふぞろいの林檎たち』パート2が終わった23、24歳の頃が一番きつかったですね。ドラマを4~5本掛け持ちでやっていたうえに、バラエティもやってましたから。寝る暇もなかったし、台詞だって覚えられないから、精神的にもイライラしてくるわけですよ。やっぱり、人間、寝ないと駄目だな。追い詰められると、どうしてもわがままになって、相手に「鼻持ちならない」と思われてしまいますから。でも、いまは「あの最悪の時期」があったから、いまの自分があるのかなと思えるようになりました。


ゲーテ

自分からはできるだけ環境を支配し、環境からはできるだけ支配されない。人間の価値はおそらくそこにある。


小山昇

たとえば見込み客を何度も訪問しているのに、契約がとれずに悩んでいる営業マンがいるとします。どこかで見切りをつけるべきだと薄々気付いていても、そのタイミングがわからないからズルズルと訪問を繰り返して、他の優良な見込み客まで逃がしてしまいます。そんなときに、誰に何回訪問したかというデータと、契約率の因果関係を分析すれば、見切りどきがわかって、自分の行動を変えられるはずです。


泉谷しげる

そりゃ人と接すれば、ぶつかり合いも起きるよ。俺らの世代はベビーブームで同世代の人数がとにかく多かったからさ、自然と競争原理が働いて、人を蹴落とさなきゃいけなかった。むりやり憎しみを作らざるを得なかったし、相手を陥れなきゃいけなかった乱世の時代だよ。でも、これからは少子高齢化で人がどんどん少なくなる。否応なく助け合わなきゃいけないわけだよ。相手のいいところを探して、共生していく意識を持たないと、自分がひとりぼっちであることすら気づかない時代になっちまう。