名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パトリック・ニュウエルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パトリック・ニュウエルのプロフィール

パトリック・ニュウエル。アメリカ出身の教育活動家、ビジョンナビゲーター、クリエイティブ・コンサルタント。「TEDxTokyo」「東京インターナショナルスクール」などを共同設立。

パトリック・ニュウエルの名言 一覧

日本で行われるプレゼンの多くは一方通行で、コミュニケーション(対話)とは言えない。理想のプレゼンは、聴衆とつながること。スライドではなく、聴衆の目を見て語りかけることが大事。


スライドは単なるガイド(案内役)です。次に進む方向を示すので、聴衆の理解を促したり、話者の緊張を和らげてくれますが、それだけです。聴衆が求めているのはスライドではなく、あなたと、あなたから発せられるパワーです。聴衆を見て話し、エネルギーを渡すのです。それがシェアされた時、会場は最高の一体感に包まれるのです。


パトリック・ニュウエルの経歴・略歴

パトリック・ニュウエル。アメリカ出身の教育活動家、ビジョンナビゲーター、クリエイティブ・コンサルタント。「TEDxTokyo」「東京インターナショナルスクール」などを共同設立。

他の記事も読んでみる

阿部祐二

話を聞くだけでなく、理解を示すと、相手は「自分と同じ感覚を持っているのか」と感じ、その人に好感を抱きます。そして、もっと聞いてほしいと思い、いろいろなことを話してくれるものです。


根岸秋男

私達が標榜しているのは「感動を生み出す生命保険会社」です。受け身でなく、能動的にお客様に働きかけて、お客様に「明治安田生命に加入していてよかった」と言っていただける会社になりたい。


柳弘之

拠点の責任者は経営管理に優れた人材というのが通常ですが、それで十分でしょうか。私どもの会社の目指すものは、やはりブランドを体現できる人材。つまり、市場でブランドイメージを創れる人です。こういう人を責任者に登用していきたいと思っています。自社のブランドを体現できる人が我々のビジネスには重要だと思っています。


下園壮太

身体や心が疲れ、緊張している状態では、ソリが合わない上司との関係について考えようと思っても、「イヤだな」「怖いな」「会いたくないな」といった感情だけが頭の中をグルグルと巡ります。これでは不安感や警戒心が高まるだけで、問題の解決には結びつきません。一方、睡眠を十分に取り、心身ともに元気でリラックスした状態であれば、上司との関係を冷静に振り返ることができます。こうしたプロセスを経て、初めて問題を冷静に「考える」ことが可能になります。「あのとき上司があんな発言をしたのは、自分に何を伝えたかったのだろう」「この関係を変えるにはどうすればいいのだろう」というように、相手目線に立って具体的な解決策を模索していくのです。


富田純正

当社は「待ちの商売」ではなく、外へ出て行く「攻め」の商売。


内藤誼人

部下を動かすときに肝心なことは「説得しようとするな」ということだ。たいていの場合、説得は効かない。なぜなら、社内での立場が上位である上司が説得しようとすると、それは説得ではなくて説教になってしまうからである。


戸塚隆将

意思決定のスピードは、ファクト(事実)ベースで考えることとも関係しています。ファクトに基づいた合理的根拠があれば、あと何時間考えたところで導かれる結論が変わるわけではありません。結論が出ているなら、それ以上考えるのは時間の無駄。よって決断も早いのです。


遠藤結蔵

ビデオレンタルから始まった私たちのビジネスは、いわゆる「流行り物」商売で、これまで様々な商材や事業にトライしてはやめ、手応えのあるものだけが今残っています。


枡野俊明

アイデアを出すときに大切なことは、頭で考えるのではなく、五感を使って自然を感じ、変化を感じることです。オフィスで数値やデータに振りまわされていると、ものごとの本質が見えなくなってしまいます。私たちが生活する世界に同じ日は一日としてありません。見慣れた風景でも必すどこか変化しているのです。自然をよく観祭すると、思いがけないところにアイデアは転がっています。500系新幹線の先頭形状は小魚を補食するカワセミのくちばしがモデルですし、関西大学が研究を進める「痛くない注射針」は、蚊に血を吸われても気つきにくいことをヒントにしているそうです。アイデアに詰まったら、いつも出合う自然をじっくり眺めてみてください。


松井忠三

仕組みづくりと並んで重要なのが社風を変えることですが、これには、あいさつは確実にやるとか、残業をしないで帰るとか、一度始めたことはやめないといったことが大変重要になります。社風は真似できませんし、変えるにはやり続けるしかありません。やめてしまうと元に戻ってしまいますが、いったんできると、相当強固になるのは確かです。


大八木成男

中長期経営ビジョンを作成する際、若い人たちを中心に取り組んでもらったのは、30年後、50年後の世界を考えようということ。将来どんな社会問題が生じてくるかを予測し、帝人がそれを解決する新しいビジネスに進出するためです。


名越康文

新しいことを毎日続けることは、もう少しやりたいなというところで切り上げることです。調子がいいと、「15分じゃなくて、キリのいいところまでやろう」という気持ちになりがちです。これは意欲的でいいことのように見えます。しかし、キリのいいところまでやると到達感を得て、かえって気持ちが途切れてしまいます。