名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パット・ライリーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パット・ライリーのプロフィール

パトリック・ジェームス・ライリー、パット・ライリー。米国NBAのプロバスケットボールチーム監督。監督としての生涯勝利数がリーグ屈指を誇った。名将として名高い。

パット・ライリーの名言 一覧

向上しなければ、下降するだけだ。


パット・ライリーの経歴・略歴

パトリック・ジェームス・ライリー、パット・ライリー。米国NBAのプロバスケットボールチーム監督。監督としての生涯勝利数がリーグ屈指を誇った。名将として名高い。

他の記事も読んでみる

桃山透

私も、かつては勤めていた職場で一番、整理が下手でした。けれども、整理を心がけるようにしてから、仕事の効率が格段に上がりました。習慣化されていないと、整理は面倒に感じますが、習慣をつければ手間ではありません。


安達一彦

好不況のたびに人員の整理をすることはできれば避けられればそれにこしたことはありません。どんな企業だってやはり、人が全て、ということを忘れてはいけないでしょう。


柳内光子

私の仕事に対する姿勢は自分の仕事に寄り添いながらも、仕事相手を褒めて思いやるというやり方なんです。反対に相手が怒っているときは一緒になって怒る。たとえその人が悪くても一緒になって怒るんです。心を寄せ合うことが大事なのです。そうすれば、相手も理解し、怒りも収まります。


生瀬勝久

演じる役に理想を作らないからって、決して事前に何も準備をしないわけではありません。稽古場に入ってから、いろんな要望に応えられるように、表現方法はいくつか用意していきます。あとは、初稽古で第一声を出して、演出家の反応をうかがえばいい。


青野慶久

現場からの提案をベースに、「チームワーク」に好影響を与えるものであれば、基本的には採用します。チームワークを重視するのは、組織や社会の成り立ちを支えるチームが円滑に機能すると、素晴らしい成果を生み出せるからです。


ルー大柴

問題は上手下手ではなく、心の壁です。引っ込み思案は捨ててほしい。下手でも堂々と話すこと、物おじせずオープンになること。それが言葉の技術よりもずっと大事な、インターナショナルなマインド。


新井直之(執事)

私は、本物の大富豪になる人は、共通の「金持ちの相」があると確信しました。目が大きく、目力があること。眉が太く、福耳で、口が大きく、歯並びがいいこと。そして、長年のにこやかな表情によって、目じりや口角に笑いジワが刻まれていること。こうした特徴を持った顔は、相手に好感と信頼感を与え、協力を得られやすいのです。ビジネスで有利なのは言うまでもありません。では、そうした顔は生まれ持った才能なのでしょうか? もちろん、はじめから「金持ち顔」で生まれ育った方もいらっしゃいます。しかし、日ごろの努力によって、金持ちの相を手に入れた方も大勢いらっしゃるのです。たとえば、とくに重要な目力と笑いジワ。目力はトレーニング、笑いジワは習慣で手に入れることができます。


守屋洋

企業が主導権を握るためには、業界トップの座を目指す必要がある。二番手、三番手に甘んじていると、どうしてもトップ企業の戦略に振り回されて、受け身の経営になってしまう。主導権を発揮するためには、どんな小さな業界でもいいから、トップの座を目指したい。


橋本良亮

ただ態度がでかいんじゃなくて、どっしり構えた貫禄のある男になりたいから、その第一歩になるよう、今回の舞台も気合を入れて頑張ります。終わったあともずっと大事にしていける、そんな作品にしていきたいから。


田原総一朗

いま時代はすっかり閉塞感に覆われています。若い人は将来に希望が持てず、大人たちもすっかり自信を失ってしまった。誰もが息をひそめ、まるで地雷を踏まないようにビクビクしながら生きているように思います。「人と違うことをしたら笑われるのでは?」「仲間外れになるのでは?」と。しかしこういう時代だからこそ規格外れの、常識にとらわれない生き方が必要なのです。


佐野章二

『ビッグイシュー日本版』を創刊したとき、周囲はこれでもかというほど大反対でした。「活字離れが進む中、若者向け雑誌は売れない」「日本には路上で雑誌を売買する習慣がない」「フリーペーパーが増える中、有料は難しい」「ホームレスからは買わない」など、まさに四重苦。でも、諦めませんでした。素人集団の怖さですね(笑)。


堀江貴文

価値観の多様化が容認されていくと、当然「俺は働かない」というのも一つの選択肢になってくるのです。人間の最終的な目標は成功です。フリーターや引きこもりと言われる人たちでも、われわれがとやかくいう権利はないわけです。価値観の多様化は歴史の必然だと思っています。旧世代の価値観でものごとを計ることが不幸のはじまりなのです。