名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パク・ジョアン・スックチャの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パク・ジョアン・スックチャのプロフィール

パク・ジョアン・スックチャ。日本出身の韓国人コンサルタント。東京の聖心インターナショナルスクール卒業後、米国ペンシルバニア大学経済学部で学士、シカゴ大学でMBAを取得。日米の米国系コンサルティング会社勤務後、韓国延世大学へ語学留学を挟み、日本の米国系運輸会社に入社。同社で日本・香港・シンガポール・中国などの太平洋地区人事、管理職研修の企画と実施を担当。その後独立し、コンサルティング会社アパショナータを設立。主な著書に『アジアで稼ぐアジア人材になれ』『会社人間が会社をつぶす ワーク・ライフ・バランスの提案』など。

パク・ジョアン・スックチャの名言 一覧

職場仲間の多様な働き方を受け入れ、配慮することがダイバーシティ力を鍛える第一歩。


オフィスに不在の自分をフォローしてくれた同僚には感謝の言葉は惜しまない方がいい。私はクライアント企業の研修をする際、「ありがとうはタダよ」と指導しています。


いいことずくめのように見える在宅勤務ですが、すべての人に適した働き方ではありません。誰も見ていない場所で自分を律しながら、会社にいるときと同じかそれ以上のパフォーマンスを出していかねばならないからです。自律的に働けない人や周囲の目があった方が緊張感を持って働けるという人には在宅勤務は向いていません。


実際に導入している企業の在宅勤務の頻度は、一人当たり週に1、2回。残りの日は通常のオフィスとなります。この程度であれば、週に1、2回の地方出張と変わらず、職場にも過度の負担はかかりません。


企業の競争が激化する昨今、ここの社員の能力を最大限に引き出すことが企業の重要な課題です。そこで、社員が最も効率的・創造的に働ける環境を整備する必要が出てきます。「会社でしか仕事ができない」という限られた選択肢では不十分です。


在宅勤務は福利厚生ではありません。企業の発展・維持に様々なメリットをもたらす戦略的な人事制度です。在宅勤務はリスク・マネジメントの視点からも企業に利益をもたらします。世界的に持優れたブロードバンド環境を持つ日本で活用しない手はないでしょう。


アメリカでは企業のテレワーク導入率は42%に達します。利用者の6割が男性であり、しかも裁量権のきく立場にあるマネジメント・プロフェッショナル職の社員が多い。ハードワーカーである彼らは時短勤務を嫌がり、あくまでフルタイム勤務を希望します。一方で、より成果をあげるために柔軟な働き方を求めます。そのひとつが在宅勤務なのです。


「自分がしてほしいことを人にもしてあげよう」と考える人が多いと思いますが、ダイバーシティにおいては、一歩進んで「相手がしてほしいことをしてあげる」のがプラチナルール。それには相手とよく会話し、理解なければ始まりません。


同じワーキングマザーだからといって、全員が仕事量をセーブしたいとか、早く帰りたいと考えているわけじゃない。もしあなたが上司なら、相手を先入観でひとくくりにしたりせず、どんな環境を整えたり、どんな葉をかけてあげたら相手やりがいを感じるかを模索しながら、個別に対応する必要があります。


人種も育った環境も考え方も宗教も異なる世界の人々を相手に意思疎通を行う際、英語力以上に重要なのが、ダイバーシティ(多様性)対応力。「相手は自分とは違う」ことを受け入れず、自分の常識をそのまま押しつけようとしたら、どれほど言葉が流暢でもコミュニケーションは成立しません。英語を学ぶなら、「ダイバーシティ力」もセットで学ぶ必要がある。


パク・ジョアン・スックチャの経歴・略歴

パク・ジョアン・スックチャ。日本出身の韓国人コンサルタント。東京の聖心インターナショナルスクール卒業後、米国ペンシルバニア大学経済学部で学士、シカゴ大学でMBAを取得。日米の米国系コンサルティング会社勤務後、韓国延世大学へ語学留学を挟み、日本の米国系運輸会社に入社。同社で日本・香港・シンガポール・中国などの太平洋地区人事、管理職研修の企画と実施を担当。その後独立し、コンサルティング会社アパショナータを設立。主な著書に『アジアで稼ぐアジア人材になれ』『会社人間が会社をつぶす ワーク・ライフ・バランスの提案』など。

他の記事も読んでみる

水野学

祈祷師のように素晴らしいアイデアが降りるのを待つのは時間の無駄です。考える前に、閃きをすべて書き出してみること。アイデアを持ち寄ってそれらを掛け合わせたほうが、優れたものができあがる可能性は高いのです。


木村皓一

実は私は小さいころ、小児麻痺で歩けませんでした。小学生のころはそのハンデをいいことに、言い訳して人に頼ることばかりを考えていました。ところが、4年生になって好きな女の子ができたとき、その子から得られるのは同情だけだということに気づいたんです。体がきかないうえに、心まで傷つきましてね。初めて真剣に体を治そうと思いました。「よし、3年計画で治そう」。口から心臓が飛び出すくらい痛いマッサージも、好きな子のことを考えて歯を食いしばりました。治すために何でもしようとがんばったんです。そんな生活が成長著しい中学時代と重なったからか、治り出してからは早かったです。中学3年生のときにはふつうに歩けるようになりました。


江崎勝久

当社は昭和40年代からの「ペロティ」とか「コロン」とかがあるけど、時代に合わせて相当形を変えながら残っています。


山口悟郎

どこの会社だって数字は厳しく追求します。おかしなことになる可能性はどこにでもあるといっていい。だから、当たり前のことでも指針を理解し、常に確認することが大切。


竹田陽一

強い商品や強い有料サービスをつくるには、自分の会社の経営規模と競争相手との力関係を考えたうえで、将来どの商品や有料サービスで一位を目指すか、中心となる重点商品をはっきり決める必要があります。商品の範囲もはっきり決めておかなければなりません。調子に乗って一見儲かりそうなものに手を出す癖のある人は、これとこれには絶対に手を出さないとはっきり決めておけば安心です。


斎藤徹(経営者)

ブレない判断を心がけ、部下に任せるところは任せるような経営者でありたい。


上田晶平

これまで49回、フルマラソンを完走しました。好きな場所と聞いてすぐ思いつくのは、私の場合、マラソンのスタートラインです。「スタートライン? ゴールではないのか?」という方もおられるでしょう。確かに快心の走りをしたときはゴールのときに達成感があります。しかしそういうケースは実はまれで、ほとんどの場合、疲れ切ってゴールして、走り終わったという安堵感があるだけです。ところがスタート地点では、まさしくこれから走るレースのことを考えながら、胸が高鳴り、それに不安と期待が入りまじった、何とも言えない緊張感があるのがいいのです。


枡野俊明

私たちは本来、清らかで汚れのない心を持っています。しかし、いつの間にか「あれが欲しい」「これを手に入れたい」という執着や、「自分が、自分が」といった我欲で心を覆ってしまいます。禅では「我見(がけん)」と呼びますが、心にそういう垢が溜まっているのです。みんなを受け入れてはじめて、みんなから受け入れられる。自分より他人のことを考え、ともに支え合おうとする姿勢は、執着や我欲から離れたところにあります。


江夏豊

わしらはプロや。素人やない。ただひとつ。勝つことや。アマチュアなら正々堂々とかキレイごとを言っておれるし、またそれはそれで尊いことやと思う。だけど、プロは何が何でも勝つことや。卑怯とののしられようが、うしろから敵に斬りこんでいって背中に一太刀浴びせたって構わんとわしは思う。わしらはプロフェッショナルなんやから。


森下篤史

明日の午前5時よりビラまきをする事にした。当日、朝から大雨が降っていても、自転車に乗って30分かけて、びしょ濡れになってでも出社してくることが「お任せ下さい」の原点である。決して携帯電話で「今日はどうしましょうか」などと聞いてくるな。「ばか者!」


秋山浩保

語弊を恐れずに言えば、すり寄ってくる人はダメな人です。いろいろ話を聞かせてくれるけれど、分析や解釈が一面的で、本質をとらえていない事が多い。


古沢良太

人とワイワイやったり、人と関わったりすることも大事だけど、一人で自分の世界を掘り下げて、他の人が届かないところにまで届かせる、そういう時間をたくさん持てた方がいい仕事ができるんじゃないかな。