名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パク・ジョアン・スックチャの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パク・ジョアン・スックチャのプロフィール

パク・ジョアン・スックチャ。日本出身の韓国人コンサルタント。東京の聖心インターナショナルスクール卒業後、米国ペンシルバニア大学経済学部で学士、シカゴ大学でMBAを取得。日米の米国系コンサルティング会社勤務後、韓国延世大学へ語学留学を挟み、日本の米国系運輸会社に入社。同社で日本・香港・シンガポール・中国などの太平洋地区人事、管理職研修の企画と実施を担当。その後独立し、コンサルティング会社アパショナータを設立。主な著書に『アジアで稼ぐアジア人材になれ』『会社人間が会社をつぶす ワーク・ライフ・バランスの提案』など。

パク・ジョアン・スックチャの名言 一覧

職場仲間の多様な働き方を受け入れ、配慮することがダイバーシティ力を鍛える第一歩。


オフィスに不在の自分をフォローしてくれた同僚には感謝の言葉は惜しまない方がいい。私はクライアント企業の研修をする際、「ありがとうはタダよ」と指導しています。


いいことずくめのように見える在宅勤務ですが、すべての人に適した働き方ではありません。誰も見ていない場所で自分を律しながら、会社にいるときと同じかそれ以上のパフォーマンスを出していかねばならないからです。自律的に働けない人や周囲の目があった方が緊張感を持って働けるという人には在宅勤務は向いていません。


実際に導入している企業の在宅勤務の頻度は、一人当たり週に1、2回。残りの日は通常のオフィスとなります。この程度であれば、週に1、2回の地方出張と変わらず、職場にも過度の負担はかかりません。


企業の競争が激化する昨今、ここの社員の能力を最大限に引き出すことが企業の重要な課題です。そこで、社員が最も効率的・創造的に働ける環境を整備する必要が出てきます。「会社でしか仕事ができない」という限られた選択肢では不十分です。


在宅勤務は福利厚生ではありません。企業の発展・維持に様々なメリットをもたらす戦略的な人事制度です。在宅勤務はリスク・マネジメントの視点からも企業に利益をもたらします。世界的に持優れたブロードバンド環境を持つ日本で活用しない手はないでしょう。


アメリカでは企業のテレワーク導入率は42%に達します。利用者の6割が男性であり、しかも裁量権のきく立場にあるマネジメント・プロフェッショナル職の社員が多い。ハードワーカーである彼らは時短勤務を嫌がり、あくまでフルタイム勤務を希望します。一方で、より成果をあげるために柔軟な働き方を求めます。そのひとつが在宅勤務なのです。


「自分がしてほしいことを人にもしてあげよう」と考える人が多いと思いますが、ダイバーシティにおいては、一歩進んで「相手がしてほしいことをしてあげる」のがプラチナルール。それには相手とよく会話し、理解なければ始まりません。


同じワーキングマザーだからといって、全員が仕事量をセーブしたいとか、早く帰りたいと考えているわけじゃない。もしあなたが上司なら、相手を先入観でひとくくりにしたりせず、どんな環境を整えたり、どんな葉をかけてあげたら相手やりがいを感じるかを模索しながら、個別に対応する必要があります。


人種も育った環境も考え方も宗教も異なる世界の人々を相手に意思疎通を行う際、英語力以上に重要なのが、ダイバーシティ(多様性)対応力。「相手は自分とは違う」ことを受け入れず、自分の常識をそのまま押しつけようとしたら、どれほど言葉が流暢でもコミュニケーションは成立しません。英語を学ぶなら、「ダイバーシティ力」もセットで学ぶ必要がある。


パク・ジョアン・スックチャの経歴・略歴

パク・ジョアン・スックチャ。日本出身の韓国人コンサルタント。東京の聖心インターナショナルスクール卒業後、米国ペンシルバニア大学経済学部で学士、シカゴ大学でMBAを取得。日米の米国系コンサルティング会社勤務後、韓国延世大学へ語学留学を挟み、日本の米国系運輸会社に入社。同社で日本・香港・シンガポール・中国などの太平洋地区人事、管理職研修の企画と実施を担当。その後独立し、コンサルティング会社アパショナータを設立。主な著書に『アジアで稼ぐアジア人材になれ』『会社人間が会社をつぶす ワーク・ライフ・バランスの提案』など。

他の記事も読んでみる

おかざき真里

『サプリ』『& -アンド-』、どちらも長期間かけて、働くことや女性の生き方について描いてきましたが、どんなに角度を変えてみても当時の私が辿りつく先はけ結局同じだと気づいたんです。私は物語をクローズアップしながら描くタイプなので、どうしてもテーマをそのつど狭く深く掘っていくことになる。次も現代女性を主人公に描いて、また同じところに辿りついてしまったら、掘るもの自体がなくなってしまうんじゃないかと思ったんです。雨宮まみさん原作の『ずっと独身でいるつもり?』をコミカライズしたのは、テーマは似ているかもしれないけれど、私ではない方の眼差しが入った作品ならばアプローチを変えられると思ったから。


宗次徳二

私のような三流の経営者には、会社と関係のないことに時間を費やす余裕はありません。仕事以外の友人を作らず、競合店も気にせず、お客様に喜んでもらうことだけを考えました。


皆川賢太郎

何が何でもやりたいという強い気持ちが生まれないと、五輪に挑むための厳しい練習に耐えられない。


早坂泰次郎

人間の眼は決して、性能の不安定なカメラではない。決して認識や思考の道具ではない。見るとは、決して対象を分析し、切り取ることではない。何よりもまず感じることなのだ。見るとは眼で感じることなのだ。認識や思考は、そこから始まるのだ。


ロバート・キヨサキ

速く金持ちになりたければ、それだけ数字に厳しくならなければならない。世界的なビジネスを作りたかったら、数字が全てだと言っていい。金持ちになりたかったら、頭を使う必要がある。考えることは最も過酷な仕事だ。だからそれをやろうとする人がこんなにも少ないのだ。


高城幸司

評価や報酬に直結するノルマはできるだけ低く設定し、成果で大きく上回りたいものです。周囲とのバランス、市況を読みつつ、評価を下げないよう自分の期待値をコントロールする方法は、営業マンなら備えておくべきスキルです。


永瀬昭幸

国内では教育産業の危機が叫ばれているが、振り返ると、この業界は技術革新の果実をまるで取り込めていなかった。携帯電話やパソコンなどデジタル業界の進化に比べると何も変わっていない。まるで明治時代のようだ。もっと、新しい技術を活用し、新しい教育のやり方を模索してもいいはずだ。AI(人工知能)などITを活用して教育でイノベーションを起こしていく必要があるだろう。


清水喜彦

ツキと根性と気合で頑張るなどというのはやめてほしい。それこそ自分で営業したことのない人の発想だ。


宇佐美進典

古参の社員から「先日の社長の話は全然響かなかった」とコメントがあり、驚きました。自分では十分に話が出来たと思っていました。分からないことがある場合は質問があるだろうと高をくくっていたところもあり、積極的にフォローをしていませんでした。しかし、コメントがあったことで、伝えたつもりが伝えきれていない、共感されていないことが分かりました。話す、伝える、伝わる、共感するといった段階がある中で、話しただけで満足しておりました。


福嶋康博

私は事業を始める時には必ず最大損失額を設定しました。エニックスの創業時には3000万円と設定しました。すると、「失敗しても3000万円の損失だな」とイメージができ、すぐ行動に移せました。


村田晃嗣

学内でも学外でも、できるだけ多くの人と出会い、議論することが、変化していく上で重要なことだと考えています。


村瀬治男

28年間の米国での生活を振り返ると、訴訟社会としての一面が強く記憶に残っています。北米駐在中、一度カナダの子会社の副社長を務めた後、米国法人の副社長に就きました。着任初日から弁護士と顔合わせです。その後、毎日のように電話で話し、1週間に1回は会って打ち合わせる日々が始まったのです。よく言えば、法律の縛りが本当にうまくできている。悪く言うと、何でも法律についてチェックしないといけない面がある、というのでしょうか。こうした社会が出来上がっているから、米国では「ガバナンス(企業統治)」という言葉が自然に出てくる。一方で、しょっちゅう違反することがあるから「コンプライアンス(法令順守)」の重要性が叫ばれるわけです。