名言DB

9412 人 / 110637 名言

パク・ジョアン・スックチャの名言

twitter Facebook はてブ

パク・ジョアン・スックチャのプロフィール

パク・ジョアン・スックチャ。日本出身の韓国人コンサルタント。東京の聖心インターナショナルスクール卒業後、米国ペンシルバニア大学経済学部で学士、シカゴ大学でMBAを取得。日米の米国系コンサルティング会社勤務後、韓国延世大学へ語学留学を挟み、日本の米国系運輸会社に入社。同社で日本・香港・シンガポール・中国などの太平洋地区人事、管理職研修の企画と実施を担当。その後独立し、コンサルティング会社アパショナータを設立。主な著書に『アジアで稼ぐアジア人材になれ』『会社人間が会社をつぶす ワーク・ライフ・バランスの提案』など。

パク・ジョアン・スックチャの名言 一覧

職場仲間の多様な働き方を受け入れ、配慮することがダイバーシティ力を鍛える第一歩。


オフィスに不在の自分をフォローしてくれた同僚には感謝の言葉は惜しまない方がいい。私はクライアント企業の研修をする際、「ありがとうはタダよ」と指導しています。


いいことずくめのように見える在宅勤務ですが、すべての人に適した働き方ではありません。誰も見ていない場所で自分を律しながら、会社にいるときと同じかそれ以上のパフォーマンスを出していかねばならないからです。自律的に働けない人や周囲の目があった方が緊張感を持って働けるという人には在宅勤務は向いていません。


実際に導入している企業の在宅勤務の頻度は、一人当たり週に1、2回。残りの日は通常のオフィスとなります。この程度であれば、週に1、2回の地方出張と変わらず、職場にも過度の負担はかかりません。


企業の競争が激化する昨今、ここの社員の能力を最大限に引き出すことが企業の重要な課題です。そこで、社員が最も効率的・創造的に働ける環境を整備する必要が出てきます。「会社でしか仕事ができない」という限られた選択肢では不十分です。


在宅勤務は福利厚生ではありません。企業の発展・維持に様々なメリットをもたらす戦略的な人事制度です。在宅勤務はリスク・マネジメントの視点からも企業に利益をもたらします。世界的に持優れたブロードバンド環境を持つ日本で活用しない手はないでしょう。


アメリカでは企業のテレワーク導入率は42%に達します。利用者の6割が男性であり、しかも裁量権のきく立場にあるマネジメント・プロフェッショナル職の社員が多い。ハードワーカーである彼らは時短勤務を嫌がり、あくまでフルタイム勤務を希望します。一方で、より成果をあげるために柔軟な働き方を求めます。そのひとつが在宅勤務なのです。


「自分がしてほしいことを人にもしてあげよう」と考える人が多いと思いますが、ダイバーシティにおいては、一歩進んで「相手がしてほしいことをしてあげる」のがプラチナルール。それには相手とよく会話し、理解なければ始まりません。


同じワーキングマザーだからといって、全員が仕事量をセーブしたいとか、早く帰りたいと考えているわけじゃない。もしあなたが上司なら、相手を先入観でひとくくりにしたりせず、どんな環境を整えたり、どんな葉をかけてあげたら相手やりがいを感じるかを模索しながら、個別に対応する必要があります。


人種も育った環境も考え方も宗教も異なる世界の人々を相手に意思疎通を行う際、英語力以上に重要なのが、ダイバーシティ(多様性)対応力。「相手は自分とは違う」ことを受け入れず、自分の常識をそのまま押しつけようとしたら、どれほど言葉が流暢でもコミュニケーションは成立しません。英語を学ぶなら、「ダイバーシティ力」もセットで学ぶ必要がある。


パク・ジョアン・スックチャの経歴・略歴

パク・ジョアン・スックチャ。日本出身の韓国人コンサルタント。東京の聖心インターナショナルスクール卒業後、米国ペンシルバニア大学経済学部で学士、シカゴ大学でMBAを取得。日米の米国系コンサルティング会社勤務後、韓国延世大学へ語学留学を挟み、日本の米国系運輸会社に入社。同社で日本・香港・シンガポール・中国などの太平洋地区人事、管理職研修の企画と実施を担当。その後独立し、コンサルティング会社アパショナータを設立。主な著書に『アジアで稼ぐアジア人材になれ』『会社人間が会社をつぶす ワーク・ライフ・バランスの提案』など。

他の記事も読んでみる

岡内欣也

入行2年目になると、預金の流れに目が向くようになりました。日々の資金繰りが見えてくると、会社の実態がよくわかる。


佐藤琢磨

20代に比べたら部分的な身体能力は劣るはずですが、あまり感じないですね。視力の衰えもありません。(40歳になって)唯一少し感じるのはケガが治りにくい、疲れが取れにくいということだけ。メンタルもフィジカルも実際に上がっているし、体力が横ばいだったとしても経験値は増えているので、総合的なパフォーマンスは上がっていると言えます。特に経験値はレース中の一瞬の判断を左右するので。


家田美智雄

私はYTB運動をしているんだ。上も下もなく、寄って(Y)たかって(T)、ビジネス(B)をする。これが楽しいんだ。


西田宗千佳

ツイッターで芸能人や著名人をフォローしても、人脈といえるつながりに発展するかというと、それはなかなか難しいでしょう。かといって、自分の会社の同僚などのように属性が近い人ばかりとつながっても、新しい人脈は期待できません。もしウェブ上でつながりをつくるなら、芸能人など自分から遠い人ではなく、同僚など身近な人でもなく、その中間の存在をターゲットとして意識すべきです。


飯田敏(ファイナンシャルプランナー)

将来に備えようと思えば、「自分自身が働いて稼ぐ」か「お金に働いてもらって資産を増やす」か、できることは大きく2つです。もちろん、働いて稼ぐことも大事ですが、それにしても体に負荷をかける分、体力や健康面でリスクはあります。そう考えれば、投資などにおいてもまったくリスクを取らないというのは難しいことだとわかるでしょう。


小林喜光

グローバルな展開で諸外国と交渉で渡り合うことも必要です。そのためにも、まずは社内の会議が、無駄な儀式を排した自由闊達な議論の場でなければならないと思います。


樫山純三

先見性や発想力があっても、努力の裏付けがなければ経営者にはなれない。


マイケル・デル

非常に大きな市場機会に出会った場合、それに対処する道はただ一つ、「分割して攻略する」ことである。


ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)

人生は1回しかないから、楽しくおもしろく成長できるような生き方をしないとダメだ。毎日が同じ繰り返しだとつまらない。なるべく新しいことに挑戦することが大事なんだ。


高田明(ジャパネットたかた)

お客様目線で変化対応し、本気で戦略を変えていかないと生き残れない。


中田康雄

店頭における製品の鮮度を高める決め手は、製品が店頭に届くまでの過程にあります。製品がつくられてから店頭に並ぶまでのリードタイムを短くする。在庫もできる限り減らす。こうした取り組みが鮮度を大きく左右します。ここはカルビー単独ではできません。卸や小売店の協力をあおいで、共同で取り組みました。


宮城治男

社会起業家を目指すなら、自ら約束したことを徹底してやり抜く、貫き通す。そんなシンプルなことを積み重ねていくのが一番良い。


宇野郁夫

世界を構成する一員として、私たち一人一人が取り戻さなければいけないのは、やはり「精神性の高さ」なのだと思います。


吉越浩一郎

ビジネスパーソンには、しぶとさやしたたかさといった野性味も必要です。慎重なだけでは、仕事はできません。


宮津純一郎

前社長の方針を踏襲すると言えば波風を立てないで済むかもしれませんが、これからの企業はそれでは生き残れません。