名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パオロ・マルディーニの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パオロ・マルディーニのプロフィール

パオロ・マルディーニ(パオロ・チェーザレ・マルディーニ)。プロサッカー選手(DF)。イタリア・ロンバルディア州出身。父はサッカー選手・監督のチェーザレ・マルディーニ。幼少期からサッカーに親しむ。ACミラン、イタリア代表チームなどで活躍。史上最高の左サイドバックと評された。

パオロ・マルディーニの名言 一覧

僕は歴史上最も勝利を獲得したプレーヤーだ。そして、最も敗北を経験した者でもある。


パオロ・マルディーニの経歴・略歴

パオロ・マルディーニ(パオロ・チェーザレ・マルディーニ)。プロサッカー選手(DF)。イタリア・ロンバルディア州出身。父はサッカー選手・監督のチェーザレ・マルディーニ。幼少期からサッカーに親しむ。ACミラン、イタリア代表チームなどで活躍。史上最高の左サイドバックと評された。

他の記事も読んでみる

御立尚資

仕事のできる人とは、自分の頭の中だけで完璧なものをつくろうとして、つくってから上司に突き返される人ではなく、先に上司に相談して仮説検証しながら進めて行ける人です。


出雲充

仕事で着用するネクタイは、ミドリムシカラーの緑色系と決めています。スーツとのコーディネートを考える時間に割きたくないですから。


土光敏夫

若い人に賭けられるも、賭けられないもないよ。賭けるしかないじゃないか。歴史を見てみい。みんなそうして、今日があるんだよ。


長島徹

技術系の社員として入社して17年間ずっとやってきて、突如、産業資材販売部の営業に異動を命じられたことがあります。「えっ、営業ですか。でもまあ、なるようになるか。これもいい経験かな」と思って引き受けました。そこから4年間、絶対に新規のお客さまを開拓してやろうと、覚悟を決めて仕事をしたのがよかったですね。いろいろと実験的なことにもトライしました。


小笠原清忠

礼法と聞くと、決められた動作を覚えるだけの堅苦しい行儀作法だと思われるかもしれません。しかし、武家を中心に伝えられてきた小笠原流礼法の本質は、日常生活の中で行う心と体の「鍛錬」です。初めて参加される方は一様に戸惑います。話を聞くお勉強ではなく、体を使う鍛錬から始まるからです。基本である歩き方の練習だけでも、始めて5分もすると汗だくになります。筋肉痛にもなるし、思惑違いからすぐにやめてしまう方もおられます。


美輪明宏

好きなことをしてお金をもらえるのは、よほど稀な人だけです。その人でさえ、陰ではものすごい努力と血の涙と汗を流しているのです。世に名を残す人は皆例外ではありません。楽をしながら好きなことをしてお金を得ようと思っていることは図々しいのです。そんなことはこの世では許されません。


栗原幹雄

積水ハウスに入社して1年くらいたつと、今度は「現場監督をやらせてほしい」と営業所の所長にお願いしました。上司は「いまどき本社勤めじゃなく、現場監督をやりたいなんていう奴は珍しい」と驚いていました。なぜ現場監督かといえば、現場で一から十まで一通りの経験を積めば、自分一人で家をつくれるようになると思ったからです。実際にそのときの経験は、のちにフレッシュネスバーガー1号店を出店するときに役立ちました。


高田明(ジャパネットたかた)

私自身、原稿があるだけで途端に話せなくなってしまいます。数十ページの台本を覚えるよりも、「昨日は地震で大変でしたね」というような、自分の言葉と思いをお伝えする方が、テレビの向こう側で聞いていらっしゃるお客様の心と繋がる事ができます。


棚橋弘至

これで終わりだなと思ったのに、「まだ返すのか!」と。レスラーは、自分がこれぐらいだと線引きしたところを超えてくる。


大島由香里

自分が「ニュースJAPAN」のキャスターを担当することになったときは、夢じゃないのかな、起きても起きても夢なんじゃないかな、というくらいに、びっくりしました。あまりの大役に当初は自分らしさを見失いかけたりもしましたが、5年間の現場取材やスタジオ経験を活かして、全力でぶち当たろう、と思い直し、いまは大島らしくやっています。


加藤大輔(経営者)

当社は長い歴史があるので、優れた面もありますが、一方ではデメリットもあります。かつては意味があった慣習も、時代の変化とともに意味が失われてしまうこともあるのです。今後のさらなる発展のために、何を変えるかは今後の検討課題ですが、まずはこれまでの負の側面を洗い出し、改革に取り組まなければならないと考えています。


岩崎日出俊

一人で研究できる銘柄の数には限界があります。一度、その会社について調べたあとも、状況は刻一刻と変わりますから、何か変化がないか、つねにウォッチし続けることが必要です。