名言DB

9412 人 / 110637 名言

パオロ・マルディーニの名言

twitter Facebook はてブ

パオロ・マルディーニのプロフィール

パオロ・マルディーニ(パオロ・チェーザレ・マルディーニ)。プロサッカー選手(DF)。イタリア・ロンバルディア州出身。父はサッカー選手・監督のチェーザレ・マルディーニ。幼少期からサッカーに親しむ。ACミラン、イタリア代表チームなどで活躍。史上最高の左サイドバックと評された。

パオロ・マルディーニの名言 一覧

僕は歴史上最も勝利を獲得したプレーヤーだ。そして、最も敗北を経験した者でもある。


パオロ・マルディーニの経歴・略歴

パオロ・マルディーニ(パオロ・チェーザレ・マルディーニ)。プロサッカー選手(DF)。イタリア・ロンバルディア州出身。父はサッカー選手・監督のチェーザレ・マルディーニ。幼少期からサッカーに親しむ。ACミラン、イタリア代表チームなどで活躍。史上最高の左サイドバックと評された。

他の記事も読んでみる

牛場靖彦

以前いた会社で出世した同期の多くは、定年前に病で倒れた。私も、あのままなら同じ道を辿ったでしょう。人生、何が幸いするかわかりません。


松田恒次

どんなに素質のある選手を集めても、その生活環境が恵まれなければ立派な選手は育たない。
【覚書き|破産していたプロ野球球団広島カープに支援し、真っ先に合宿所を建設したことについて語った言葉】


小山田隆(銀行家)

常に何か旗を掲げて、それに向かって進んでいくことが大事。個人でも組織でも旗が何かを示していくことが大事ですし、それがしっかり示せれば、事は成就する。


宗岡正二

経営統合作業では、ベスト・フォー・ザ・ニュー・カンパニーということで、それぞれの出身元にとってベストではなくて、新しい会社にとって何がベストかという視点で壁を打ち払って、和を深める。そういう中でいろいろ知恵も出てきて、統合効果も2000億円になった。


石倉洋子

あれこれ考えず、思い立ったらすぐ、実行する。「思った以上に面白かった」といった気づきは、やってみて初めて得られるもの。考えるのは、始めてからでも遅くありません。


佐野章二

ビッグイシューは、成功を目指し、さらなる挑戦を続けます。我々の挑戦が、別の社会問題の解決にトライする人々のヒントになればいいなと願っています。


菊川剛

あらゆる業務でスピードが要求されますから、我が社の会議や打ち合わせでは資料は事前配布が原則です。参加者は事前に配布された資料に目を通し、あらかじめ質問を考えておく。会議や打ち合わせの時間はあくまでQ&Aと審議に使って一定の結論を出すべきであって、資料の説明に時間を費やすのは時間の無駄でしかない。徹底することはなかなか難しいですが、そういう指導を続けています。


青木功

私はいつも自分に4つのことを言い聞かせています。「耐えること」「やり遂げようとする気迫を失わないこと」「失敗は忘れ、常に次の手を考えること」そして、「素早い気分転換」。


木口衛

ワールドの社員が200から300人のころだったでしょうか。同業者を訪ねたときのことです。夕方の5時か6時、まだ明るい時分でした。玄関先に中華丼やラーメンの鉢が10枚くらい重ねて置いてあるんです。中で何をしているのかと思ったら、皆でマージャンをやっていました。これで儲かるのかな、社員の給料が払えるのかなと思ってね。ワールドの社員はそんな時間もないんですよ。夜遅くまで働いてね。


永井荷風

子供の楽しみに対する敵はいつでも父か教師である。


隈研吾

日本の伝統建築は、世界でもトップクラスの質を確保している。積み上げたものの上で仕事をしているから質が維持できるのだ。


菅井敏之

定年後、退職金をすぐ運用するのはやめたほうがいい。「何かやらねば」と前のめりになっていると、金融機関のいいカモにされます。退職金は1年間手をつけず寝かせておいてください。1年置けば定年後の生活を経験して「どれだけお金がかかるか」「自分は何にお金をかけたいのか」といったことが見えてきます。冷静になった段階で改めてライフプランを立て、それにもとづいて資産運用の方法を模索していくことが大切です。


横山進一(経営者)

ローマ帝国があれだけ長い間繁栄したのは、環境に応じて根本的なインフラから変革させているからだと思うのです。塩野七生さんにいわせると「平家物語」にある「盛者必衰の理」の理とは、環境の変化のことだというのです。つまり、繁栄したものが必ず衰えるのは、環境は変化していくものなのに、過去に成功したシステムをそのまま使い続けているからなのです。右肩下がりになったとき、本来ブレーキをかけなければいけないにもかかわらず、アクセルを踏み続けていたら転落してしまいます。


加藤進(住友商事)

受注が増えたのはいいのですが、今度は忙しすぎて、日曜も操業しないと追いつかない。机上の計算では週6日の仕事量だったので、「もっと能率を上げて日曜くらい休もうよ」と提案したら、「ていのいい人件費削減だ」と猛反発を食らいました。よく聞けば、時給が2倍の日曜出勤は従業員にとって大歓迎だったのです。彼らの健康を考えての提案だったのですが、どこかに「分かってくれているはず」という過信があった。相手の立場を考え、もっと丁寧に説明すべきでした。
【覚え書き|米国の子会社「ミシガンスチール」社長時代を振り返っての発言】


三橋規宏

企業家にとって時代の先を読む洞察力とは、隠れている需要、ニーズを掘り起こし、顕在化させ、無から有を創り出し、それをビジネス化させる能力のことである。過去に存在しない製品やサービス、システムだが、それが登場すると、なるほど便利だ、楽しい、健康に良い、省エネだなどと評価される。これが無から有を創り出すということである。