名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パウロ・コエーリョの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パウロ・コエーリョのプロフィール

パウロ・コエーリョ。ブラジルの小説家、作詞家。リオ・デ・ジャネイロ出身。大学の法学部に入学したが放浪の旅に出る。帰国後、作詞家として活動。『星の巡礼』で作家デビュー。『アルケミスト 夢を旅した少年』は大ベストセラーとなり世界中で翻訳出版された。

パウロ・コエーリョの名言 一覧

読者が何章か読む可能性があれば、必ずあとでその本を買ってくれると私は思いました。作者の究極の目的は読んでもらうことです。お金はそのあとです。
【覚書き|自身の著作をウェブサイトで無料公開したことについて語った言葉。無料公開によって、新作・旧作問わず販売部数を大きく伸ばすことに成功した】


パウロ・コエーリョの経歴・略歴

パウロ・コエーリョ。ブラジルの小説家、作詞家。リオ・デ・ジャネイロ出身。大学の法学部に入学したが放浪の旅に出る。帰国後、作詞家として活動。『星の巡礼』で作家デビュー。『アルケミスト 夢を旅した少年』は大ベストセラーとなり世界中で翻訳出版された。

他の記事も読んでみる

小倉広

部下の話を聞くときのポイントは「反応」と「回数」です。反応とは、うなずいたり相づちを打つこと。リアクションがないことはマイナスの行為。それだけで相手を不快にさせます。回数は、1つ自分が話したら2つは相手の話を聞く。まくしたてて話しても、部下は「聞く耳をもたない上司」とレッテルをはります。話す前に一瞬、間をおいて考えるクセをつけると、「聞くべきか話すべきか」のタイミングもつかめてきます。


森正文(経営者)

僕が株を売って完全に身を引くのも会社のため。僕が中途半端に株を持っていたり、残ったりしたら、残された社員はやりにくくなりますし、ヤフーさんにお任せする意味もなくなる。我が子のような会社だからこそ、完全に身を引くことにしました。


仙石通泰

多くの専門家は「情報や知識を共有しなさい」と言いますが、共有というのは難しいものです。たとえ共有できたとしても、それを活用するのはさらに難しい作業です。


河田真誠

認識のズレを防ぐために、相手と話した時に自分が持った違和感や、相手と自分の考え方とが異なる点を明らかにしてメモしています。違和感を持つ点こそ、ミスが起こりやすい要注意ポイント。


町田勝彦

いま世界は急激に変化しつつある。厳しい経済状況の中での舵取りはかなりの困難を伴うに違いない。しかし視点を変えれば、この状況は海外に存在感を示す大きなチャンスでもある。


小堺桂悦郎

お金の不安を完全に解消することは難しい。でも、そうして現状を直視することから始めなければ、不安を軽減することもできないと思います。


羽生善治

40代は、自分がこれまで蓄積してきたことを、具現化していくのにとてもいい時期だと思います。


江見朗

縁をたぐり寄せることはできます。感謝をし続けていると「よい人との出会い」を引き寄せることはできる。それが人生を大きく左右するのです。


御手洗冨士夫

最先端技術の研究開発は大事だが、どの国もそれをやってくる。最先端技術だけで差別化がしにくくなっているのも現実。日本企業特有のメンテナンスやきめ細かいサービス力を生かしていくときだ。


高橋がなり

優秀な商売人は、いかに無駄に金を使うかを考えるんです。高く仕入れて安く売ることができるのが、優秀な商売人だと僕は思うんです。駄目な商売人は、安く仕入れて高く売る。SODの制作の場合でも、優秀な監督たちは、独立させます。自分が経営者になって、良い作品をつくって大儲けすればいい。ただ、悲しいかな、僕のお金で作っていたときは、1000万円使わせろと言っていた奴が、自分の金となると200万ぐらいでつくろうとする。ダメな製作者ほど金に汚く、お金の使い方がわかっていないんだと思います。


沢渡あまね

プロセスの見直しのポイントは、「見える化」と「言える化」です。見える化とは、ムダの発見と共通理解。そして「言える化」とは、各社員が「これはムダ」と言える雰囲気を作ること。言えない原因は、主に社員がムダに気づいていないか、もしくは「批判だと思われそう」とためらっているかの2つ。これを解決するのは上司の役割です。前者のタイプにはムダ削減について書かれた書籍を読んでもらうなど「気づき」を与えることで、意見が出やすくなります。後者のタイプが多いようなら、「言う場」を設ける。あるいは、外部のファシリテーターに任せて上司は席を外すのも一考です。


伊藤嘉明(経営者)

私は転職のたびに前職とは違う業界を選び、あえて「よそ者」になろうとしてきました。会社の事業を伸ばす、あるいは再生するには、よそ者ならではの新しい視点や発想を持ち込み、業界の常識を覆すことが有効だと知っていたからです。