名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

バーバラ・ブッシュの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

バーバラ・ブッシュのプロフィール

バーバラ・ピアーズ・ブッシュ。第41代アメリカ大統領ジョージ・ブッシュ・シニアの妻。ニューヨーク州出身。17歳のときにジョージ・ブッシュ・シニアと出会い、ジョージの第二次大戦従軍を経て結婚。大統領としての夫の活動を精神面で支えた。著書に『Millie’s Book』『Barbara Bush: A Memoir』。

バーバラ・ブッシュの名言 一覧

人生の終わりには、もう一つテストに合格しなかったこと、もう一度裁判の評決で無罪を勝ち取れなかったこと、もう一つ契約を締結できなかったことを後悔することなど決してありません。夫と、友人と、子供と、あるいは親と過ごさなかった時間を後悔するのです。


バーバラ・ブッシュの経歴・略歴

バーバラ・ピアーズ・ブッシュ。第41代アメリカ大統領ジョージ・ブッシュ・シニアの妻。ニューヨーク州出身。17歳のときにジョージ・ブッシュ・シニアと出会い、ジョージの第二次大戦従軍を経て結婚。大統領としての夫の活動を精神面で支えた。著書に『Millie’s Book』『Barbara Bush: A Memoir』。

他の記事も読んでみる

正垣泰彦

生産性を向上する余地は、無限にあると思っています。だから諦めたらダメ。無駄は削れば削るほど社員の作業が楽になるから、どこまでも削った方がいいんです。


石田智子

私はもともとスタートが得意ですが、それは脚が短く、脚の外側の筋力が強いので低い姿勢で前に飛び出せる、という身体的な資質によるもの。でも、資質だけでは限界がある。その先は技術が重要になってきます。スターティングブロック(足を置く台)をうまく使って、いかに重心を低く抑え、前方に力を出せるか、という技術です。技術がないと、力が上にいき、体が立ち上がってから走るので、遅れてしまうんです。


柏木理佳

「忍耐=仕事」から「自分追求=仕事」に時代は移行しました。耐えることは大切です。高度成長時代までは、長男だから親の面倒を見なければならない、家族が大事だから我慢しなければならないといった考え方が美徳とされていました。ところがいまの時代、それは言い訳にしか聞こえません。どんな環境においても自分を追求すること、逃げずに自己に向かい合うことで、職業への意識が変わるのです。


スガシカオ

オレはハードルを上げられたら「くそ~」と思ってどうにかそのハードルを越えてやろうっていうタイプ。


長谷部健(政治家)

自分はマジョリティの一人のつもりでいるとしても、視点を変えればマイノリティの一人かもしれません。なのにマジョリティ側にいると、とかくマイノリティ側のことが分からないもの。


長谷川滋利

メジャーリーグには毎年、世界中からたくさんの新人選手がやってきます。最初はチームに馴染めず、日常生活にも苦労する選手が少なくありません。チップの払い方にさえ戸惑う選手もいる。私も渡米した頃はそうでしたから、彼らの気持ちがよく分かります。だから誰かを見て、「困っているな」と思ったら、自分から声をかけるように心がけていました。周囲の人のピンチは、その人との距離を縮める絶好のチャンスです。


林修

先日、僕のことを嫌っている態度があからさまな人と一緒に仕事をしました。こういう場合、僕はむしろいい仕事ができると考えています。嫌いな相手なら緊張感を保ちやすいというメリットがある。じつは仲のいい人と仕事をしている現場のほうが、気が緩んでミスが出やすいんです。


白洲次郎

目前の安易主義は、将来の禍いのもと。


市原敬久

お客さんが喜ぶことだったら、何をやってもいい。お客さんのためになることで、やってはいけないことなどひとつもない。


戸塚隆将

メールの返信など本来は早さが求められるものでも、ものによってはあえて寝かせることも大切です。たとえば相手に建設的なコメントをしなければいけない場合、まずは受け取ったという返事をしたうえで、じっくり考えて返事をすべきです。また、感情的になってしまうようなメールも時間を置くべき。返事を途中まで書いて、翌日まで寝かせて改めて見てみると、冷静になることができ誤った対応が避けられます。


丹羽宇一郎

いったん信頼にヒビが入ったら、「私はそんな人間ではありません」といくら説明しても、いくらお土産を持っていっても、あるいはお金を出しても、信頼関係はそう簡単に取り戻せるものではない。


伊藤羊一

右脳と左脳を刺激する話し方を意識することが大切。人は、ロジカルに考える左脳と、イメージや感情を司る右脳の両方を揺さぶられて初めて興味を持つ生き物。まずは、自分が感動できるアイデアをイメージし、話の核を形成します。聞き手は、はじめに伝える側の情熱を感じられなければ、興味を示しません。それを、伝わるようにロジカルに整理する。最後に、聞き手の感情を盛り上げる要素を加えるのです。右脳→左脳→右脳の順にストーリーを作れば、聞き手も耳を傾けるようになり、自ずと行動を起こします。