バーバラ・ブッシュの名言

バーバラ・ブッシュのプロフィール

バーバラ・ピアーズ・ブッシュ。第41代アメリカ大統領ジョージ・ブッシュ・シニアの妻。ニューヨーク州出身。17歳のときにジョージ・ブッシュ・シニアと出会い、ジョージの第二次大戦従軍を経て結婚。大統領としての夫の活動を精神面で支えた。著書に『Millie’s Book』『Barbara Bush: A Memoir』。

バーバラ・ブッシュの名言 一覧

人生の終わりには、もう一つテストに合格しなかったこと、もう一度裁判の評決で無罪を勝ち取れなかったこと、もう一つ契約を締結できなかったことを後悔することなど決してありません。夫と、友人と、子供と、あるいは親と過ごさなかった時間を後悔するのです。


バーバラ・ブッシュの経歴・略歴

バーバラ・ピアーズ・ブッシュ。第41代アメリカ大統領ジョージ・ブッシュ・シニアの妻。ニューヨーク州出身。17歳のときにジョージ・ブッシュ・シニアと出会い、ジョージの第二次大戦従軍を経て結婚。大統領としての夫の活動を精神面で支えた。著書に『Millie’s Book』『Barbara Bush: A Memoir』。

他の記事も読んでみる

中井政嗣

部下の家庭に何か悩み事があるときは、解決の手助けができればいいのですけれど、できなくても慰めや励ましの言葉をかけることはできるのです。たとえば子供の不登校で悩んでいる従業員がいるとしたら、「父子家庭やのに、たいへんやなあ。仕事どころやないやろ。子供最優先にしてかまへんからな。授業参観にも行ってやりなさい」と言ってあげるのです。


鈴木貴子(経営者)

営業スタッフは200人ほどですが、私は全員の日報に目を通します。手の空いたときや移動中、あるいは夜中にiPadで確認。よい報告には「拍手!(いいね)」をし、私の笑顔をイラストにした「にこにこスタンプ」を押します(笑)。現場で働くスタッフは、これによって自分の仕事を社長が見ていることがわかります。そのことでモチベーションがアップすれば嬉しい。ユニークなアイデアや成功実績には、上司や仲間からも「拍手!」やメッセージが送られます。


河田重

先輩といえば、昔の人は親切であった。私は太陽生命でも、日本鋼管に入ってからも、先輩には実によくしてもらい、とくに仕事については手を取るように教えてもらった。ところが、いまの部課長たちは、新人が入ってきてもろくに教えようとしない。放っておいたんでは伸びるものも伸びない。昔の部課長クラスは後進を教え導くということが、会社の重要な仕事のひとつだと考えていた。この点だけは昔に返ってもらいたいものだと思う。
【覚書き|昔とは太平洋戦争前のこと】


郷ひろみ

元々僕がこの世界に入ったきっかけは近所のおばさんが映画のオーディションに僕の写真を送ったこと。つまり自ら望んで飛び込んだ世界じゃなかった。ただ、逆に望んだ世界じゃなかったからこそ、冷静に自分を分析できたのかもしれない。「何もない自分のままじゃ数年後には芸能界から消える!」と危機感を抱けたから。


ビリー・ビーン(球団経営者)

報酬に見合った働きをしているのであれば問題はない。ただどこの世界にも報酬をもらいすぎている人、逆に過小評価されている人はいるものだ。経営者の立場にあれば、報酬をもらいすぎている人への過剰な支払いを止め、過小評価されている人に目をつけて引き立てるべきだ。


鈴木茂晴

私は社員に、会社に来ている間は100%ではなく、120%、150%で働いて欲しい、その代わり、労働時間はきちんと守ると言ってきました。実際に取り組んで感じるのは、絶対にその方が効率がいいということです。なぜなら、夜があると思うと必ず昼の仕事が薄くなるからです。終わりの時間が切られていると、そこまでに何をしなければならないか分かっていますから中身が濃くなるのです。


東英弥

企業には、長くとも短くとも歴史に培われた知財が存在する。経営資源を活かせば未来をつくることができる。


八木啓太

大手とベンチャーでは役割が違う。私たちの役割は“モルモット”と呼ばれた昔のソニーのように、市場を開拓していくことだと思っています。


松本正義

長期にわたる基礎研究のスタート時点では、市場のニーズが顕在化していない場合が多い。目先のニーズを満たすために、基礎研究を始めるわけではないのです。だからこそ、技術者と経営陣が「この技術はいつか必ず世の中に必要とされる」と信じて、続ける覚悟が必要だと思います。


枡野俊明

僧侶も仏教の教えをお伝えすることが仕事の1つですが、私も若い頃からうまく話せたわけではない。ひとえに訓練による慣れでした。「人前で話すのは嫌だな」と思うとなかなか上達しないもの。「これは自分で通らなければならない道だ」と前向きに捉え、実践で経験を積むと、相手が面白がる部分が見えてきます。


涌井良幸

我々は大きな数値に直面すると、その数のスケールがすぐには実感できないことがある。こういうときは、身近でわかりやすいものと比較したり換算するとよい。


宮田亮平

一流企業に就職すれば不安はなくなるかといえば、そんなことはありません。生きている限り90%は不安です。生活の安定のために芸術を諦めて就職した子は、自分に嘘をつき続けることになります。それこそ何よりも不安な毎日に違いありません。


楠木建

仕事はスキルとセンスの組み合わせです。ただ、かつての電話のオペレーターやキーパンチャーのようにスキルが占める割合が大きいものもあれば、経営者のようにセンスに大きく依存しているものもあります。重要なポイントは、スキルが占める割合が大きい仕事は代替が容易であるということ。


桜庭一樹

物語を摂取するって、自分の価値観が揺さぶられて、死んで、生まれ変わるような経験だと思うんです。人間は完全ではないからこそ、そんなふうに物語を読んだり書いたりして、何回も人生をやり直したいんじゃないでしょうか。


戸塚隆将

短期出張で東京を訪れた米国人シニアバンカーの靴が、毎日ピカピカだったのには驚きました。ホテルの夜間サービスを利用しているのか、自分で磨いているか。いずれにしても、手入れの行き届いた靴ほど印象のいいものはありません。


ページの先頭へ