名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

バーニー・エクレストンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

バーニー・エクレストンのプロフィール

バーニー・エクレストン、イギリスの実業家、F1運営組織FOMとFOAの経営者。巧みなメディア戦略でF1を世界的なスポーツイベントに育て上げる。F1界の支配者と称される。本人自身もマシンを駆って本戦に出場したこともある。F1を立ち上げる前にバイクパーツ販売会社、不動産投資や貸金業、中古自動車販売などですでに財を成していた

バーニー・エクレストンの名言 一覧

例えば、誰かがキミに頼み事をしてくるとしよう。まず、絶対にノーとは言わないことだ。応えられないことがわかっていてもだ。なんらかの利益をもたらしてやれば、それ以降、彼はキミに協力的になるはずだ。


これは金儲けのビジネスではなく、大損をするもの。私は(FOMの)理事会から叱責を受けるだろう。(覚書き|トルコGPが行われるサーキット場イスタンブールパークを買収した時の言葉)


良いマシンさえ与えれば優勝する事が出来るだろう。


中東ではバーレーンとアブダビで2つのグランプリが開催される。他にも候補があり、2009年には20GPになるかもしれない。


ヒトラーは実行力のある指導者だったが、優れた独裁者ではなかった。犯罪に手を染めるまでは、非雇用対策や経済問題解決に尽力して成功を収めていた。


バーニー・エクレストンの経歴・略歴

バーニー・エクレストン、イギリスの実業家、F1運営組織FOMとFOAの経営者。巧みなメディア戦略でF1を世界的なスポーツイベントに育て上げる。F1界の支配者と称される。本人自身もマシンを駆って本戦に出場したこともある。F1を立ち上げる前にバイクパーツ販売会社、不動産投資や貸金業、中古自動車販売などですでに財を成していた

他の記事も読んでみる

今西頼久

単に売買という形で進めてしまうと、顧客とのつながりが一過性のものになってしまいます。我々が重視しているのは長いお付き合いです。現状でも先代が築いたお客様との関係で仕事が成立することが多々ございます。


桜井博志

小規模な地酒ばかりでは、日本酒に将来はありません。圧倒的に強いものを目指すところがないと。


星野佳路

20年近く前の話になりますが、当時運営していた長野・軽井沢の旅館では、従業員に働き続けてもらうために「宴会」を請け負うのをやめました。酔っ払ったお客様が失礼な態度を取り、それが嫌で辞めていく社員が続出したことが一因です。


北尾吉孝

お金のこと、資産運用に関して熱心に勉強して正しい知識を身につけることは、決していやしいことではありません。それどころか、生きていくうえで非常に大切だということです。


執行草舟

道元が書いた『正法眼蔵』には、「生も一時のくらい(位)なり、死も一時のくらいなり」という一文があります。生きることと死ぬことは混じり合っている。死ぬ時になって死を考えるようでは駄目です。毎日死を考えていると、死を考えないで済む人間になる。私はそういう人間になりたいと思って、死ぬ日まで、死に向かって体当たりしながら生きるだけです。


杉村太郎

ワクワクできるものなら勝手に身体が動くし、むしろ止めようと思ったって止まらない。僕が努力しているように見えたとしたら、それは夢中になるものを好きでやっているだけなんです。


松井忠三

自分と同じタイプの後継者を選ぶ社長をたくさん見てきました。そうすると創業者の7掛けの社長が生まれるんです。しかし、実際は自分とは違うタイプを選んだほうが成功率は高い。


内田雅章

仕事上のつきあいも、人と人とのつながりがベースになります。そしてそのつながりは、仕事よりもプライベートの共通項で深まりやすい。


久恒啓一

アイデアというのは、組み合わせから生まれることが多いのですが、私たちが頭の中で同時に思い浮かべて作業できるキーワードの数は多くて5つ程度です。一方、図解化するといくつでも同時に眺めることができ、見違えるように発想の効率が上がります。


赤井益久

私は事業計画にしても、教職員たちとできるだけ共有し、常にベクトルを合わせておくよう心がけています。そうすれば、学長が失敗しそうでも軌道修正ができる。万一の失敗もカバーされるでしょう。失敗を大きくしない組織固めも必要だと考えています。


新藤晴一

バンドに限らず、実力と人気は別次元のものですけれど、やっぱりスキルが高いということは一番正しいことだと思うんです。


福原裕一

開店前の朝礼では「ハッピー&サンクス」という当社独自のコミュニケーション・メソッドを活用しています。これは、過去24時間以内の出来事で、自分が幸せだと感じたこと、感謝したいと思ったことを、一人一人発表するものです。「こんなサービスをしていて、お客様にありがというと言われ、とても嬉しかった」など、何でも構いません。