名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

バーニー・エクレストンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

バーニー・エクレストンのプロフィール

バーニー・エクレストン、イギリスの実業家、F1運営組織FOMとFOAの経営者。巧みなメディア戦略でF1を世界的なスポーツイベントに育て上げる。F1界の支配者と称される。本人自身もマシンを駆って本戦に出場したこともある。F1を立ち上げる前にバイクパーツ販売会社、不動産投資や貸金業、中古自動車販売などですでに財を成していた

バーニー・エクレストンの名言 一覧

例えば、誰かがキミに頼み事をしてくるとしよう。まず、絶対にノーとは言わないことだ。応えられないことがわかっていてもだ。なんらかの利益をもたらしてやれば、それ以降、彼はキミに協力的になるはずだ。


これは金儲けのビジネスではなく、大損をするもの。私は(FOMの)理事会から叱責を受けるだろう。(覚書き|トルコGPが行われるサーキット場イスタンブールパークを買収した時の言葉)


良いマシンさえ与えれば優勝する事が出来るだろう。


中東ではバーレーンとアブダビで2つのグランプリが開催される。他にも候補があり、2009年には20GPになるかもしれない。


ヒトラーは実行力のある指導者だったが、優れた独裁者ではなかった。犯罪に手を染めるまでは、非雇用対策や経済問題解決に尽力して成功を収めていた。


バーニー・エクレストンの経歴・略歴

バーニー・エクレストン、イギリスの実業家、F1運営組織FOMとFOAの経営者。巧みなメディア戦略でF1を世界的なスポーツイベントに育て上げる。F1界の支配者と称される。本人自身もマシンを駆って本戦に出場したこともある。F1を立ち上げる前にバイクパーツ販売会社、不動産投資や貸金業、中古自動車販売などですでに財を成していた

他の記事も読んでみる

朝井リョウ

スピードとは、推敲を重ね、加速するもの。


北島義俊

目に見えない努力を積み重ねていかないと、我々の事業は成り立たない。


鹿島茂

歴史のなかに法則を見出し、未来を予測するために必要なのは、大雑把に言えば「教養の力」である。読むべき本を列挙してみると、最初に来るのは世界史と日本史の教科書だろう。高校の標準的な歴史教科書である山川出版社の教科書を用意しよう。といっても、教科書の歴史解釈をそのまま信じ込んではダメ。教科書の記述では、たしかにわかりやすい因果が示されている。ただ、詳しく調べると「そんなに単純なものではない」こともわかってくる。教科書から学ぶべきなのは、極端に言えば年表と人名などの事実だけ。


武田双雲

僕の場合、収入面が会社員時代と変わらなくなったのは、独立してから3年目ぐらいです。一番大きかったのは、書道教室の生徒さんが辞めずに付いてきてくれたこと。とにかく書を楽しんでもらいたいと、みんなと過ごす時間を大切にしていこうとしたことで、輪が広がっていった。生徒数が50人を超えた時、ひとつの安定のバロメーターになってくれました。


伊庭正康

できる人の多くは「○○さんにメールする」「手土産を買う」といった、小さなTODOを予定欄に書いている。小さなTODOといっても、頭の中で記憶していると、つい気になって、目の前の仕事に集中できなくなるものです。しかし、書き込んでしまえば、記憶する必要がなくなるので、大事なことに意識を集中できるのです。


吉田松陰

人はただ真(まこと)なれ。真、愛すべく敬すべし。


オグ・マンディーノ

現在のことをしっかり考えなさい。災害について思い悩む人は、実際にそれが起これば二度も苦しむことになる。過去となったことを忘れ、未来については神に委ねなさい。神はあなたより遥かにずっと有能なのだから。


宮根誠司

僕も少しだけ投資をやっています。始めてみると、新聞の読み方も変わってきますし、経済状況がどうなっているのか気になってくる。勉強勉強じゃなく楽しめますよね。


吉永泰之

現在のスバルの社員の多くが意識しているのは、いわゆるエンスー(熱狂的な愛好者)のニーズに寄っていってしまうと、販売台数が落ちてしまうということです。クルマとしては尖った面白いものができるかもしれないけれど、どうしても台数は減ってしまう。もちろん、あまりそのことを意識しすぎるとスバルらしい個性を失ってしまう危険性がある。それは恐ろしいことです。そうなったら、スバルの存在意義がなくなってしまいますからね。しかし現実的には、尖りすぎることのほうが怖いんですよ。スバルのDNAは、放っておくとどんどん尖っていってしまうんです。


山本卓眞

突破力を身につけるには、得意分野を掘り下げなくてはいけない。


中山均

地方産業の発達に尽くそうという私の熱意はいまも変わらない。これなくしては大企業の進展もないし、日本経済の確立もないというのが私の信念である。私はそうした信念のおもむくまま、果敢に行動してきたつもりである。金融政策も経済政策も、大企業中心主義になっているいまのやり方には私は不満である。


橘俊夫

利益は出るものじゃなくて、出そうと思うから出る。締めたら(決算したら)利益が出ていた、儲かっていたというものではない。