バーニー・エクレストンの名言

バーニー・エクレストンのプロフィール

バーニー・エクレストン、イギリスの実業家、F1運営組織FOMとFOAの経営者。巧みなメディア戦略でF1を世界的なスポーツイベントに育て上げる。F1界の支配者と称される。本人自身もマシンを駆って本戦に出場したこともある。F1を立ち上げる前にバイクパーツ販売会社、不動産投資や貸金業、中古自動車販売などですでに財を成していた

バーニー・エクレストンの名言 一覧

例えば、誰かがキミに頼み事をしてくるとしよう。まず、絶対にノーとは言わないことだ。応えられないことがわかっていてもだ。なんらかの利益をもたらしてやれば、それ以降、彼はキミに協力的になるはずだ。


これは金儲けのビジネスではなく、大損をするもの。私は(FOMの)理事会から叱責を受けるだろう。(覚書き|トルコGPが行われるサーキット場イスタンブールパークを買収した時の言葉)


良いマシンさえ与えれば優勝する事が出来るだろう。


中東ではバーレーンとアブダビで2つのグランプリが開催される。他にも候補があり、2009年には20GPになるかもしれない。


ヒトラーは実行力のある指導者だったが、優れた独裁者ではなかった。犯罪に手を染めるまでは、非雇用対策や経済問題解決に尽力して成功を収めていた。


バーニー・エクレストンの経歴・略歴

バーニー・エクレストン、イギリスの実業家、F1運営組織FOMとFOAの経営者。巧みなメディア戦略でF1を世界的なスポーツイベントに育て上げる。F1界の支配者と称される。本人自身もマシンを駆って本戦に出場したこともある。F1を立ち上げる前にバイクパーツ販売会社、不動産投資や貸金業、中古自動車販売などですでに財を成していた

他の記事も読んでみる

谷田千里

私が在宅勤務の実現について真剣に考えるようになったのは、社長就任後に2名の社員が退職したのがきっかけでした。私は自分のマネジメントに問題があったのかと思い、その社員たちに「自分に悪いところがあったら改めたいので、辞める理由を正直に教えてほしい」と頼んだのです。すると2人とも、親の介護が理由だと打ち明けました。家で親の面倒を見ながら、オフィスまで毎日通うのは難しいと言うのです。これにはショックを受け、「こんな形で社員を失うのは耐えられない」と思いました。それで、社員が在宅でも仕事ができる環境を作ろうと決心したのです。


小山昇

私は経営者だから、大事なのは社員の情報。大企業の社長がよく「私は社員を大切にしています」と言いますが疑問ですね。では、上位10名のフルネームが言えますか? 私なんか社員のフルネームはもちろん、家族構成、社内で誰と付き合っているかまで、しっかり把握していますよ(笑)。


柿木厚司

私は(次期中計以降も)コスト競争力も含めた基盤整備は、まだまだ終わったとは思っていない。新技術開発にも積極的に取り組んでいきたい。一方で、引き続き基盤整備にも取り組んでいく。この両輪の取り組みは6次中期経営計画以降も継続していくことになる。


渡邉美樹

夢の実現のために大事なのは、周囲のネガティブな声は一切無視するということでしょうね。人に夢を打ち明けると、「何でそんなことをやるのか」という声も飛んできます。実現しない理由を挙げるのは簡単ですから。自分の人生は自分のもの、そんないい意味での頑固さがないと前へは進めません。


高田明(ジャパネットたかた)

常識にとらわれず、お客様が何を求めておられるのか、相手の立場から俯瞰する、読み取る力、感じる力が大切です。そのために現場に立ち続けてきました。


清宮克幸

経験の浅いコーチは選手の悪いところをすべて直そうとしますが、これでは効率も悪く、なかなか結果も出ません。それよりも、フォーカスを絞ってそこだけをチェックしていった方が、上達は早いのです。


沢村一樹

数年前、役者の仕事がつまらなくなってしまったことがあります。「一番やりたかった仕事なのに、なんでつまらないんだろう?」。そう考えたときに、沢村一樹というのをカッコつけて演じている自分に気づいたんです。「インタビューでも絶対にセーフのことしか言わない自分はなんてつまらないんだ。クビになってもいいから、自分が楽しいと思うことを楽しいと言おう」。そう思い直してやったのがエロスの封印を解くことでした。意識的にやったというよりは隠し切れなくなったという方が正確ですが(笑)。


松波晴人

現場で情報収集をするとき、上司が「私は何でもわかっている。まず私のいうことを聞けばいいんだ」という姿勢でいると、自説に合う情報は得られるかもしれませんが、現場の素の情報は得られません。また、「自分はこう思う」という課長の思いが強すぎると、部下が影響されてしまい、現場の本質を知ることがさらに難しくなります。


柳橋仁機

会社が成長するためにも、「人と会って話す」ことが何よりも大切。


村田昭治

努力も健康も運さえも、強く生きる哲学がつくってくれるもの。


おかざき真里

昔、熱帯魚を飼っていたんですけど、毎日餌をあげるたびに彼らは寄ってくるんですよ。だけどときどき、寄ってくることも食べることもしなくなる魚がいる。だいたいそういう魚から死んでいくんですよね。それを見て、ああ、食べられているうちは大丈夫なんだなあと思って。


田村公正

創業から50年、我々はいつの時代もお客さまの声とともに成長してきました。常にお客さまに寄り添いながら、「お客さまの利便性を高める」「お客さまに喜びと感動を感じていただく」というこの2点が連綿と受け継がれていること、そのことが当社の成長の源泉になっているのだと思います。


石浦章一

慎重な性格の人は、変化に強いタイプの人とチームを組めば、アクセル役とブレーキ役がそろうので、相互に補完して大きな成果を生むこともできます。アクセル役の発案で成功したら、今度はブレーキ役がきちんとリスク管理をして成功を維持する。ひとたび状況が変われば、成功体験にしがみつかず、アクセル役に頑張ってもらうといった関係が期待できます。


江上治

プロフィールは、単なる自分の経歴や趣味をなぞるのではなく、そこに「意志」と「志向」を入れ、「自分の価値、社会における存在価値、自分の職業的な強み」に内容を絞り込むようなものでなければ、人にアピールする内容にはならない。言葉を変えれば、自分がどんな専門分野で、人々や社会に役立ったのか、事実をもってアピールしたものであるということだ。


馬場正尊

東京R不動産は、従来の価値軸とは異なる視点から不動産物件を発見・紹介するウェブサイトです。たとえば、老朽化したビルは、不動産屋や一般の人から見れば、魅力のない物件です。しかし、そうした物件を「自由に改装できて、天井が高いのがいい」「味があってカッコイイ」と魅力的に感じる若者やクリエイターもいるわけです。実際、サイトを立ち上げると、予想以上に反響がありました。


ページの先頭へ