名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

バーナード・モントゴメリーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

バーナード・モントゴメリーのプロフィール

バーナード・ロー・モントゴメリー。イギリスの陸軍軍人。ロンドン出身。サンドハースト王立陸軍士官学校を卒業し、ロイヤル・ウォリックシャー連隊に歩兵少尉として任官。第一次世界大戦に従軍しロンドン師団の参謀将校を務める。第二次世界大戦に従軍し、エル・アラメインの戦いにおいてエルヴィン・ロンメル指揮下のドイツ・アフリカ軍団を打ち破りエジプトから退却させる。その後、連合国軍の指揮を執った。第二次大戦後はドイツ駐留英国陸軍総参謀長、西欧同盟軍最高司令官会議議長、北大西洋条約機構軍副司令官などを務めた。

バーナード・モントゴメリーの名言 一覧

今後、命令は議論の根拠と考えてはならず、行動の根拠とする。【覚書き|第二次大戦北アフリカ戦線で砂漠の狐ことロンメル元帥率いるドイツ軍と戦った時に発した言葉。圧倒的に不利な状況で司令官に任命され、兵士たちを奮い立たせるための発言。できない理由を議論するより、目標達成に向けて行動せよという意味が込められている。このあとモンゴメリー指揮のもと、イギリス軍はロンメルを撃破しノルマンディ上陸作戦へと突き進む】


バーナード・モントゴメリーの経歴・略歴

バーナード・ロー・モントゴメリー。イギリスの陸軍軍人。ロンドン出身。サンドハースト王立陸軍士官学校を卒業し、ロイヤル・ウォリックシャー連隊に歩兵少尉として任官。第一次世界大戦に従軍しロンドン師団の参謀将校を務める。第二次世界大戦に従軍し、エル・アラメインの戦いにおいてエルヴィン・ロンメル指揮下のドイツ・アフリカ軍団を打ち破りエジプトから退却させる。その後、連合国軍の指揮を執った。第二次大戦後はドイツ駐留英国陸軍総参謀長、西欧同盟軍最高司令官会議議長、北大西洋条約機構軍副司令官などを務めた。

他の記事も読んでみる

長島徹

こんなものがやってみたいとチャレンジする。もちろん、最初はうまくいきませんから、誰にも見向きもされない。それでも懲りずに追求が続く。ある日、面白いじゃないかと誰かの目に留まりそこから勢いがついてくる。大切なのは、そこまで我慢できるかどうか。我慢を支えるのは技術者の夢です。夢を持っている技術者は我慢ができる。情熱や信念も大切ですね。技術者が夢をもつことができる会社は活性化し、どんどん新しい可能性が広がっています。


出雲充

世の中で起こることはすべて中立的です。私たちを落ち込ませようとか、イヤな気持ちにさせようとして起こっているイベントはないのです。それにもかかわらず、起きたことにこちらが勝手に否定的な感情を乗せてしまうのがいけないのです。


宮内義彦

こんなとき神戸を逃げ出して何が市民球団だ!一人も来なくてもいいから、スケジュール通り絶対、神戸でやれ!

【覚書き|阪神大震災のときの発言(当時の球団名はブルーウェーブ)。震災のため本拠地神戸での試合開催が危ぶまれたときにオーナーとして檄を飛ばした言葉。がんばろうKOBEを旗印にファンも選手も奮起し、この年、オリックス・ブルーウェーブはリーグ優勝を果たした】


松井忠三

平常心で努力し続ければ、解決の本質に迫れる。


ウィリアム・ウェルドン

短期的な目標だけを追求せずに長期的な視野を持って経営してきたことが、75年連続の増収という長期にわたる成長につながっているのです。


安岡正篤

太い筆で細かい字を書く、これが人生を渡る秘訣だ。しかしそれには充分の力量がなければならぬ。


稲垣精二

競合が何をしようと、他社から何を言われようと右往左往しない。自分たちが信じるもので、しっかりと未来をつくっていく。


加藤学(冒険家)

自分の人生が非常にイージーに感じ、簡単に成功できない場所を探した。
【覚書き|モナコに移住した理由について語った言葉】


村上憲郎

一番重要なのが結果であることは間違いありませんが、私たちはプロセスもきちんと評価します。なぜなら、たとえ結果につながらなくても、「やりきった」という実感が持てるくらい真剣に仕事と格闘すれば、その満足感は、必ず次の仕事に活きてくるからです。同時に、そこで蓄積された知識やノウハウもまた、いつどこで役に立つかわかりませんから。


安田弘

安田学園でも学校説明会を開催していますが、親御さん達がどこを見るかというと先生の立ち居振る舞いや言葉です。これを一番見ています。いくらパンフレットを見ても、それはわかりませんよね。


関根勤

娘を怒ったことはあまりありません。何かいうときは、「怒る」のではなく「説明」です。中学のとき、娘が「茶髪にしたい」と言ってきたことがあったんです。僕は、まずは彼女の言い分を聞いたうえで、「土日だけスプレーで色変えたら?」とか、「夏休みの間だけならいいよ」といっても納得しない。そこで僕は言いました。「人生にはいろいろな時期があって、中学や高校時代というのは勉強をする時期なんだ。髪を茶髪にしたら、脳が活性化して勉強がはかどるの?」と。そうやってちゃんと理屈を説明したうえで、「だから高校を卒業したら、どうぞ染めてください」と言いました。最後は「ですます」調の敬語でいうのがポイントです。子供は「自分は一人前の人間として話をしてもらっている」と感じて、自尊心を持つことができますから。


小林亮介(経営者)

テーマを絞ることで、より関心度の高い方、勉強したいと思っている方が集まる。