名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

バーナード・モントゴメリーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

バーナード・モントゴメリーのプロフィール

バーナード・ロー・モントゴメリー。イギリスの陸軍軍人。ロンドン出身。サンドハースト王立陸軍士官学校を卒業し、ロイヤル・ウォリックシャー連隊に歩兵少尉として任官。第一次世界大戦に従軍しロンドン師団の参謀将校を務める。第二次世界大戦に従軍し、エル・アラメインの戦いにおいてエルヴィン・ロンメル指揮下のドイツ・アフリカ軍団を打ち破りエジプトから退却させる。その後、連合国軍の指揮を執った。第二次大戦後はドイツ駐留英国陸軍総参謀長、西欧同盟軍最高司令官会議議長、北大西洋条約機構軍副司令官などを務めた。

バーナード・モントゴメリーの名言 一覧

今後、命令は議論の根拠と考えてはならず、行動の根拠とする。【覚書き|第二次大戦北アフリカ戦線で砂漠の狐ことロンメル元帥率いるドイツ軍と戦った時に発した言葉。圧倒的に不利な状況で司令官に任命され、兵士たちを奮い立たせるための発言。できない理由を議論するより、目標達成に向けて行動せよという意味が込められている。このあとモンゴメリー指揮のもと、イギリス軍はロンメルを撃破しノルマンディ上陸作戦へと突き進む】


バーナード・モントゴメリーの経歴・略歴

バーナード・ロー・モントゴメリー。イギリスの陸軍軍人。ロンドン出身。サンドハースト王立陸軍士官学校を卒業し、ロイヤル・ウォリックシャー連隊に歩兵少尉として任官。第一次世界大戦に従軍しロンドン師団の参謀将校を務める。第二次世界大戦に従軍し、エル・アラメインの戦いにおいてエルヴィン・ロンメル指揮下のドイツ・アフリカ軍団を打ち破りエジプトから退却させる。その後、連合国軍の指揮を執った。第二次大戦後はドイツ駐留英国陸軍総参謀長、西欧同盟軍最高司令官会議議長、北大西洋条約機構軍副司令官などを務めた。

他の記事も読んでみる

ニエンハ・シェ

企業倫理は、企業のリーダーや管理者たちが、意思決定をする軸の一つとなります。人によって答えが違ったり、一筋縄では解答を導き出せない課題に直面する際には、法的、経済的、倫理的な観点から決断が必要です。


鎌田富久

顧客が技術を使ってくれても、新しく競合が出てきた時に置き換えられてしまうリスクがあります。先行しても負けるパターンは、置き換えコストがあまり高くないときです。依存性を高くする、というのは置き換えコストを高くするということです。マイクロソフトのOS「Windows」は良い例かもしれません。


ベニー・グッドマン

失ったものを数えるな。残ったものを数えろ。


山本寛(経営学者)

やる気を失う中堅社員が増えている。組織側の原因は、いくつか考えられます。一つは、日本企業全体の傾向として、昇進が停滞していることが挙げられます。ポジション自体がないか、いつ空くかわからない状況では、「次のポジション」という目標が不明確なまま働き続けることになり、モチベーションが上がりません。また、昇進の機会がないと、会社員生活の中での区切りがつけにくく、これも仕事のマンネリ化につながってしまいます。


藤田田

小売業で成功するには、小さな改善活動を毎日重ねるしか手はない。いまは逆転ホームランを狙ったら失敗する。【覚書き:中堅以下の外食企業が相次いで倒産していた時期の発言】


ゲーリー・ベッカー

人に何か新しいことをさせるには、やった方が得だと思える何かを示さなければいけません。


森辺一樹

特に、差別化の難い消費財において、プロモーションは選ばれる力を大きく左右する。


能町光香

まずは、断れない人にありがちな考え方を捨てること。それは次のような考え方です。

  1. 「どうせ私なんて……」という自己否定感。
  2. 「好かれないといけない」という八方美人な態度。
  3. 「争いたくない」という平和主義。
  4. 「いい人でいたい」という自己犠牲。
  5. 「好き嫌い」にとらわれる視野の狭さ。
  6. 「みんないい人」と思いたい性善説。

これらの6つの考え方を捨てることが、キッパリと断るための第一歩です。


岩崎久弥

少し高すぎたのではないか。決めてしまったことはやむをえないが、国家大衆のために譲るのだから、三菱の利益だけを考えてはいけない。三菱の事業は単に私利だけにとらわれてやっているのじゃない。いつも国家的見地に立っていることを忘れてはならない。
【覚書き|三菱の持っていた土地を東京駅の建設用地として売却した際、譲渡価格の交渉を担当した社員に言った言葉】


山崎元

無駄な残業はしないと決めたことで、会社に依存せず、自分でキャリアを考えて、予定を立て、実行していく意識が培われていったと思います。多くのビジネスパーソンは、自分の予定を会社に決めてもらって、時間が余ったときに初めて自分で何かをするかを考えていますが、私はそういう状態に陥らずに済みました。


渡文明

デフレ下で何をするべきかと言ったら、不要なコストのカット、不要不急な部門の閉鎖、商品の質の向上による差別化、企業の場合これ以外方法はない。


ロバート・キヨサキ

妻のキムと私は、「つらい時期こそ学びのチャンス」だと知っていた。私たちは共に問題に取り組み、そこから学べるだけのことを学んだ。