バート・ヴォーフラムの名言

バート・ヴォーフラムのプロフィール

バート・ヴォーフラム。「コンチネンタル」日本法人社長。独シーメンスを経てコンチネンタルに入社。シャシー&セーフティー部門日本・韓国地区事業統括などを経て日本法人社長に就任。

バート・ヴォーフラムの名言 一覧

自動車業界は激動期に入りました。非常に困難でエキサイティングな時代といえます。公平さを忘れなければ可能性は開けていくと信じています。


前職でのこと。ある日系自動車メーカーとの取引で非常に難しい状況に陥り、私は責任者としてそのメーカーとの交渉にあたりました。確かに当社にミスがありましたが、先方にもミスが会った。だから電話で「我々のミスは全力で取り返します。ただし、そちらのミスも同様に修正してください」と言いました。通常、自動車メーカーと部品メーカーは主従の関係があります。先方は私の発言に驚いた様子でした。自らのミスについて指摘されるとは思っていなかったからでしょう。私のモットーは「公平であること」。結果として状況は好転し、そのメーカーとの関係はより強固になりました。いまでも良好な関係は続いています。


バート・ヴォーフラムの経歴・略歴

バート・ヴォーフラム。「コンチネンタル」日本法人社長。独シーメンスを経てコンチネンタルに入社。シャシー&セーフティー部門日本・韓国地区事業統括などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

河合薫

私が運よくメンタル不全にならなかったのは「環境」に救われたからに他なりません。「キミは十分に頑張っているよ。自分に自信を持ちなさい」とある人に言われ、「そっか。今のままでいいんだ」と、強ばっていた心が楽になりました。たった一人でいいので声をかけ、隣に立ってくれる人、「わかってるよ」と共感してくれる人がいれば、なんとかなります。


平井一夫

テレビ事業は分社化によって高木(一郎・ソニービジュアルプロダクツ)社長に経営を任せています。任されたという意識、さらには自分たちの将来は自分たちで切り開くという意識がさらに高まった。それが黒字につながったと思います。黒字になっただけではなく、前期にはかなり大きな利益も出してくれたし商品も強くなってきた。分社化がそれを後押ししたと考えています。


林野宏

高度成長期の時代は戦略が優れていれば誰がやっても勝てた時代でした。これからは戦略が正しいだけではなく、それを実行して社員を引っ張っていくだけの求心力が必要です。求心力がない会社は衰退していくしかありません。


中田誠司

上場会社である以上、株主は一番大事ですが、誤解を恐れずに言えば株主価値をつくり出すのは社員なので、社員が働きやすい環境をつくるべきだという方針をはっきり打ち出した。


松沢幸一

自分自身の目標を設定することが大切です。目標を達成するためには、自分で判断することが欠かせません。上司の指示を受けられない場面も多々あるでしょう。何をするべきかがわかっていれば、自分で判断ができるので、仕事のスピードが上がります。また、日々の仕事に対する姿勢も変わります。上司の指示にひたすら従っているだけでは、自分の仕事に誇りも責任も持てないですよね。


野本弘文

ベトナムでは土地を買って、約20年という長期にわたって販売・再投資しながら都市開発を進めていきます。地元のパートナーに、当社が一過性の利益を追求する企業ではなく、ベトナムの成長とともに歩んでいく覚悟がある会社であることをご理解いただけました。そこから一歩進んで、バス事業も一緒に取り組もうという話になり、現在運行しています。


澤田秀雄

ハウステンボスはモナコと同じ大きさがあります。広さは経費を考えるとマイナスですが、マイナスは裏返すとプラスですから、大きな敷地を利用して、ほかではできないことをいろいろ試せばいい。


朝井リョウ

スピードの質は何で決まるかというと、集中力。1日の執筆時間が、学生時代は10時間、いまは3時間だとしても、アウトプットの量はそれほど変わらない。いまの3時間のほうが、集中力の密度が濃いから。


柴田励司

「時間ができたら行こう」では、いつまでたっても時間はできません。スケジュールに組み込んでおくことで、「仕事が忙しいから映画を見に行く時間がない」ではなく「この日は映画に行くから、仕事を早く終わらせよう」という発想に切り替わります。


平井伯昌

私は日々できるだけ選手に話しかけ、たわいもない雑談から得られる言動や態度から、選手の性格や特徴を知ろうとしています。特に海外合宿などに行くと、四六時中一緒にいますから、注意深く見れば、普段では見えない精神力の強さや弱さ、本音なども見えてくる。大事な場面での選手のメンタルを支える貴重な情報になります。


徳岡邦夫

働きはじめた当初は誰でも、「この仕事にはどんな意味があるのだろうか」「どうすればもっとうまくできるのか」と考えながら仕事に取り組んでいたはずです。ところが、経験を積んでいくうちに仕事を効率的に片づけることばかり考えるようになり、質を置き去りにしてしまう。これでは量を処理できても、お客様を感動させることはできません。


北尾吉孝

人は様々な原因で落ち込みます。しかし、そういうときに「これは自分への試練だ。天が与えてくれた試練だ。これを克服してこそ、より強い自分になれる。そういうチャンスなんだ」と考えればどうでしょう。こう考えればストレスなど溜まりません。


菅下清廣

株価が上がったら売り、下がったら損切りするのは株式投資の基本。売り買いのタイミングについてのマイルールを決めずに、貯金のようにいつまでも保有していると、結局は得をしないどころか損をしてしまう。


渡邉美樹

大学一年のときは、なにしろ新しいビジネスでやっていきたいと。人がびっくりするようなビジネスとか、あっという間に大企業をやっつけられるようなビジネスとか、いろいろ考えました。もちろん、ないんですよそんなものは。潜在需要を掘り起こすべきだと気づいたのが大学二年生のとき。時流に沿った事業でなければだめだろうと考えたのが大学三年生のときです。それから経営資源については「人・物・金・情報」なんていいますが、僕には人しかなかった。


竹本吉輝

この割り箸は使われたあと回収され砕かれて、エネルギーになったりオガコになったりします。オガコは家畜のうんちと混ぜられ有機肥料になる。有機肥料からは美味しい有機野菜ができる。消費者はその有機野菜をこの割り箸で食べる。つまり酪農家も農家も消費者も嬉しい、森を中心とした循環が出来上がるのです。


ページの先頭へ