名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

バートランド・ラッセルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

バートランド・ラッセルのプロフィール

バートランド・ラッセル。20世紀、イギリス生まれの論理学者、数学者、哲学者。ノーベル文学賞受賞者。アリストテレス以来の論理学者と評価された人物。数多くのパラドックスとその解決法を発見した。

バートランド・ラッセルの名言 一覧

成功も失敗も、結局、あまり大したことではない。大きな悲しみだって乗り越えることができる。この世の終わりにつながるような悩みなどなく、ほとんどは時が経てば消えていくものだ。


単調な仕事の連続でさえ、大きな利点がある。こつこつと真面目に努力をしていると、最後に大きな展開につながることもある。


人間、関心を寄せるものが多ければ多いほど、ますます幸福になるチャンスが増える。


浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。


金銭を崇拝する人間は、自分自身の努力を通して、あるいは自分自身の活動の中に幸福を得ようとする望みを、捨てた人間である。


他人と比較してものを考える習慣は、致命的だ。


愛情を受け取る人間は、大まかにいえば他人に愛情を与える人でもある。


愛を恐れることは人生を恐れること。そして、人生を恐れる人たちは、ほとんど死んでいるも同然なのだ。


自制の効用は、列車におけるブレーキの効用に似ている。正しい方向に進んでいるときは害になるばかりだ。


幸福な人とは、客観的な生き方をし、自由な愛情と広い興味を持っている人である。


一貫して変わらぬ目的を持つことは、必ずしも人生を幸福にするとはいえないが、このような目的を持つことは、幸福な人生のためには不可欠な条件のひとつであることは間違いない。


万人は自らの幸福を望んでいる。しかし、技術的にひとつになった今日の世界では、自らの幸福を望んでいても、他人の幸福を望む心とひとつにならない限り、それは何の役にも立たない。


最悪なのは、あらゆる人間を分類して、わかりやすいレッテルを貼ることである。この不幸な習性の持主は、自分が相手に適切だと思うタグを貼りつける時に、その相手について完全に知っていると考える。


不幸な人間は、いつも自分が不幸であるということを自慢しているものです。


思考はまったく、恐ろしい代物だ。思考は、体制を覆す、革命を起こす。秩序を打ち壊す。思考は、特権や、既存のシステムや快適な習慣には容赦しない。そして平気で地獄のふちをのぞき、恐れることを知らない。思考は偉大であり、迅速であり、自由である。それは世界を照らす明りであり、人間の最も偉大な能力である。


生命力の減退とともに物憂さが増すならば、休息の考えは退けるべきものではないだろう。私は、他人が私のもはやできないことをやりつつあるのを知り、可能な限りのことはやったという考えに満足して、仕事をしながら死にたいものである。


野原を通ってニューサウスゲートへと続く道があった。そこで私は一人で夕陽を眺め、自殺について考えたものだ。でも結局、自殺はしなかった。もっと数学について知りたいと思ったから。


大学は、職業のための訓練学校になりつつある。それは「教養」といったことにまったく無関心な全権主義者たちによって、要請されているからである。


幸福の秘訣は、こういうことだ。あなたの興味をできるかぎり幅広くせよ。そして、あなたの興味を惹く人や物に対する反応を敵意あるものではなく、できるかぎり友好的なものにせよ。


恋愛のために出世をすべて犠牲にするのは、痛ましくも英雄的である場合もあるが、愚行であろう。だが、出世のために恋愛をすべて犠牲にすることも同じく愚行で、けっして英雄的ではない。


バートランド・ラッセルの経歴・略歴

バートランド・ラッセル。20世紀、イギリス生まれの論理学者、数学者、哲学者。ノーベル文学賞受賞者。アリストテレス以来の論理学者と評価された人物。数多くのパラドックスとその解決法を発見した。

他の記事も読んでみる

秋元信行

大手企業がベンチャーと協業するときは、まず大手が、どんなテーマや条件のアイデアを求めているか、できるだけ詳細にベンチャー企業に提示すべきだ。商用化などのゴールを共有できるかどうかを明確にしてから、共同開発など次のステップに進む。そうすればお互いに無駄な時間を減らせる。


加藤進(住友商事)

長期視点で自分と会社の成長を考えられる人材が求められています。2年後のことだけでなく、10年、100年後の会社のことを意識できる人材が真に有用と言える。そのためには、会社から成長の機会を与えられるだけではなく、本人が、会社や仲間の利益を非常に意識しながらキャリア形成に挑む意欲が不可欠だ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

人間、守りに入ったら、リスクからは逃げたくなる。反対や批判や失敗を恐れて、安全な橋ばかり渡るようになる。志は萎え、夢も持てなくなる。そんな希望のない人生を、この先何十年も過ごしていきたいのか?


後藤卓也(花王)

私が社長に就任したころの花王は、本音の議論をどんどん戦わせるような雰囲気ではありませんでした。その改善にずいぶん努力しました。前の席が空いているので前に座れとか、そうした細かいことも含めてです。


吉永泰之

若いときには、将来、出世をするためにではなく、自分の人間性を高めるために内面を磨く努力をするべきだと思います。ある年齢を超えたら、多少は政治的な動きができなくては勤まりませんが、若いときは、自分という人間をどれだけ豊かにすることができるかだけを考えたほうがいいと思います。


大藪春彦

人生を努力している男、刀折れて矢尽きようとも約束を果たすために全力を挙げる男。さらには他人に思いやりがあり、包容力がある男を頼れる男の条件に加えたい。


松田秀和(経営者)

国境を越えた企業間取引はお互いの意思疎通がうまく行くかどうかが大きなカギを握る。商談をうまく進め、細かなトラブルを回避するためには、重要な商談であればあるほど、英語ではなくお互いの母国語で行った方がいい。


鎌田浩毅

自然界の多様な現象に対して、「いろいろあるけど、結局こういうことなんだよね」と説明されるのが「モデル」だ。優れたモデルは、普遍的な原理をうまく表している。よって科学者はモデルを改良することで、自然界をより合理的に説明しようと試行錯誤する。


藤由達藏

ポイントは、見えないものの「見える化」にあります。漠然と大変そうに感じてやる気が出ないことも、見える化をすれば「これならやれそう!」と思えるのです。想像だけでやってもいいですが、実際に書き出したり体を動かしながらやると、より明確に見える化できますよ。


田川博己

仕事を任せる場合、本当の意味での権限委譲と、任せるという名目での責任放棄や放任とではまったく異なります。私が人に仕事を任せることができるのは、そのための準備を十分に行い、任せられる仕組みをつくっているからです。ひとつは人選です。社長に就任した際も、それぞれの基幹業務を任せることができるかどうかという基準で人材を各ポストに就けました。


神田昌典

AI化が今後ますます進んでいくと、AIをどう使うかで差が出てくるように思えるかもしれませんが、実際は逆です。競合他社もAIを利用するので、AIでは違いが出せなくなるのです。AIを用いた「アルファ碁」は人間のプロ棋士に勝ちましたが、そのアルファ碁とアルファ碁が戦ったらいつまでも勝負がつかない、といえばイメージしやすいでしょうか。では、何が差別化のポイントになるかと言えば、それは人と人とのリアルなつながりです。これらはむしろ、前世代の人こそ得意としてきたはず。自らの強みは何かを考えたうえで、自分のお客様とのつながりを強化していく。AI時代にはそれが差別化ポイントになります。


勝俣恒久

私が各部門に言っているのは「公正・公平、これだけは守って闘って欲しい」ということです。競争を長い目で見たとき、「東電はフェアじゃない」と思われることの方が痛手です。もちろん、奪われたお客様を取り戻すことは、重要な経営課題です。今後、お客様に選ばれるように、価格の面だけでなく、ブランド力の強化や当社独自の付加価値サービスの提供をしていかなければなりません。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】