名言DB

9419 人 / 110788 名言

バルザックの名言

twitter Facebook はてブ

バルザックのプロフィール

オノレ・ド・バルザック。19世紀フランスを代表する小説家。のちのロシア文学に多大な影響を与えた作家。主な作品に『ツールの司祭』『ルイ・ランベール』『ウージェニー・グランデ』『絶対の探求』『ゴリオ爺さん』『谷間のゆり』『従妹ベット』『従兄ポンス』など。

バルザックの名言 一覧

結局のところ、最悪の不幸など決して起こらない。たいていの場合、不幸を予期するから、悲惨な目にあうのだ。


幹部の権威をつけるための最良の方法は、部下が困っている仕事を解決してやることである。


バルザックの経歴・略歴

オノレ・ド・バルザック。19世紀フランスを代表する小説家。のちのロシア文学に多大な影響を与えた作家。主な作品に『ツールの司祭』『ルイ・ランベール』『ウージェニー・グランデ』『絶対の探求』『ゴリオ爺さん』『谷間のゆり』『従妹ベット』『従兄ポンス』など。

他の記事も読んでみる

田中健介(経営者)

これからの時代は何でも一強百弱、その一強を目指せ。そして、一強になっていればダントツの一強を目指せ。


佐治信忠

当社の緑茶も、ずっと失敗の連続で、「伊右衛門」というヒット商品ができるまでに十年以上かかりました。これも、失敗しても成功するまで続けた例だと思います。


清水勝彦

経営者が1つ1つの「関所」をきちんと考え抜き、責任を持って任せることができれば、うまくいかなかった場合でも、どこが間違っていたのかをしっかりと振り返り、そこから学べることがあるはず。


植木義晴

構造改革では、部門別採算制度をとるなど確実に利益を生み出せる仕組みに変えていきました。また、社員が変わったといわれるのは、意識改革に取り組んでいるからではないでしょうか。


塚本喜左衛門・6代目

近江商人が大事にする理念としてよく知られているのが「三方よし」です。売り手よし、買い手よし、世間よし。商売でまず大切なのは「売り手」の採算。借金せずに自分の力で立つ。でも、「買い手」のお役に立って、いつまでも、お客様に喜んでもらわないと、それは商売じゃない。そして、商いを通じて「世間」のお役に立つ。つまりは社会貢献できることが近江商人の目標であり、本願なんです。そんなことを小きい頃から何遍も繰り返し、聞かされて育つ。「創業したおじいさんは、どうした」「あの頃はどうだった」「この時はこうした」。失敗の経験や危機から学んだことなんかも交えて、伝えていく。どんどん変わる現実の中で、経験値を結晶化させ、原理原則として後世につないでいく。私も3人の息子にそうやって伝えています。


井村荒喜

資本金を超える借金は絶対にしてはいけない。どこまでも自分の力で行きたいというのが私の信念であり、素志である。戦時体制の強化とともに、不二越は軍の要請によって拡張を続けた。借り入れは無際限に自由にできたのであるが、私は資本金とのバランスに苦心した。借り入れはできるだけ抑制した。借入金の限度に関する私の信念はともかく貫いた。


高岡浩三

実際に行動した結果を示し、「これが勝つ方法なのだ」と証明できれば、周囲はそのアイデアについてくる。これがリーダーシップというものだ。「どうせ上がOKしないから」などと言い訳して、行動を起こす前から諦めてしまう人は、肩書きがあってもリーダーとは言えない。


柏木理佳

私の周りにいる資格取得者の多くには、「こうなれば、こうなる」といった将来像を立てているのはいいのですが、決めつけてしまう傾向があります。でも、人生は何事も、やってみなければわかりません。実際にはそんなに思うとおりにならないものなのです。


原田泳幸

「とんでもなくいい商品」をつくること。そのためには自らの「らしさ」を忘れることなく、オープンイノベーションで強くなる。それこそが成長のためのリーダーシップ。


鬼頭周

日本の農業は危機的な状況です。しかしながら可能性に満ち溢れている。山梨にイチゴ狩りで訪れたイギリス人が日本のイチゴに感動し、「是非とも輸出して欲しい」などといった反応は日常茶飯事。だからこそ、そこまで馴染みがなかったIoTと結びつけることで農業という産業全体の活性化が図れます。