バルザックの名言

バルザックのプロフィール

オノレ・ド・バルザック。19世紀フランスを代表する小説家。のちのロシア文学に多大な影響を与えた作家。主な作品に『ツールの司祭』『ルイ・ランベール』『ウージェニー・グランデ』『絶対の探求』『ゴリオ爺さん』『谷間のゆり』『従妹ベット』『従兄ポンス』など。

バルザックの名言 一覧

結局のところ、最悪の不幸など決して起こらない。たいていの場合、不幸を予期するから、悲惨な目にあうのだ。

幹部の権威をつけるための最良の方法は、部下が困っている仕事を解決してやることである。

バルザックの経歴・略歴

オノレ・ド・バルザック。19世紀フランスを代表する小説家。のちのロシア文学に多大な影響を与えた作家。主な作品に『ツールの司祭』『ルイ・ランベール』『ウージェニー・グランデ』『絶対の探求』『ゴリオ爺さん』『谷間のゆり』『従妹ベット』『従兄ポンス』など。

ページの先頭へ