バルザックの名言

バルザックのプロフィール

オノレ・ド・バルザック。19世紀フランスを代表する小説家。のちのロシア文学に多大な影響を与えた作家。主な作品に『ツールの司祭』『ルイ・ランベール』『ウージェニー・グランデ』『絶対の探求』『ゴリオ爺さん』『谷間のゆり』『従妹ベット』『従兄ポンス』など。

バルザックの名言 一覧

結局のところ、最悪の不幸など決して起こらない。たいていの場合、不幸を予期するから、悲惨な目にあうのだ。


幹部の権威をつけるための最良の方法は、部下が困っている仕事を解決してやることである。


バルザックの経歴・略歴

オノレ・ド・バルザック。19世紀フランスを代表する小説家。のちのロシア文学に多大な影響を与えた作家。主な作品に『ツールの司祭』『ルイ・ランベール』『ウージェニー・グランデ』『絶対の探求』『ゴリオ爺さん』『谷間のゆり』『従妹ベット』『従兄ポンス』など。

他の記事も読んでみる

小暮真久

いまでは、本のない生活は考えられません。といっても、平日に読書のためにまとまった時間を割く余裕はないので、昼間は移動中の電車内や入浴中、それから寝る前のベッドというように、細切れ時間を使って読むようにしています。


辻慎吾

複数の企画書からベターなものを選ぶことは誰にでもできます。しかし求められることは「こういうものをつくりたい」という強い思いと明確なイメージをもとに、あらゆる分野のプロを活かし、束ね、新たな道を切り開いていくことです。


大野直竹

どこに大和ハウスを選んだメリットがあるのか。それは、とにかくずっと付き合うところにあると。これをきちんと評価していただき、金メダルを取らないと、大和ハウスの明日もない。


土肥公仁

私が社長就任以来、この会社の社員にどうやってビジネスを習得させるかに一番苦心してきました。信じてもらえないかもしれませんが、私が着任するまで、スポンサーからの広告料の受け取りは銀行振り込みではなく、現金でした。社内では効率を考えない旧態依然とした慣習がまかり通っていたのです。


進藤晶弘

ハイテク分野の何よりの武器はスピードです。大企業は人を育て、開発をし、生産して、販売やサービスをするというプロセスをすべて自分のところでやります。そうすると、たいへんなお金がかかる。事実、工場を持ったり、販売チャンネルをもったりすると、大量の人を抱えて大量の投資をすることになる。これは大変な負担です。


ハイデッガー(ハイデガー)

死とはたんにまだ実現していないあることではないし、極小にまで縮まった最後の間隙でもない。死は何よりも、そこまで来た差し迫りなのだ。


田中優子(江戸文化研究者)

他にできそうなことがないこともあり、大学3年生の時に江戸時代の研究をしようと決めた。それをひたすら追求していき、教授になり、法政大学の総長になったという次第です。いまだに競争心とは何なのか分かりません。


新谷功

川崎汽船は本業だけで収益力をつけるのだと明言し、たとえ収益が出ても本業に関係のない事業は切り離しました。以前に買い集めた不動産や有価証券を小出しに売って不況をしのぐというような曖昧な経営をしていたら、いつまでたってもリストラは進まないし、なぜあの事業だけ残るのかという不公平感を社員に与えてしまいます。


矢野博丈

人間には、恵まれない幸せと、恵まれる不幸せというのがあるのです。私は運にも才能にも恵まれませんでした。運は神様が決めること。才能がないのは自分。運も才能もないという弱さ、怖さ、おぞましさ。神様は私に目の前のことを一生懸命やる以外に選択肢をくれませんでした。何度も職を変えて試行錯誤しながら、生き延びたくて頑張りました。


馬場俊英

黒星だと思っても、気持ちの向け方ひとつで白星に変わる。何がきっかけになるかはわからないもの。


安渕聖司

毎日の運動にしても、洗顔や歯磨きと同じように習慣化してしまえば無理なく続けられます。軽い運動でもいいので毎日続けるほうが重要。


山本昌(山本昌広)

リハビリの最中には何度となく「もうダメなんじゃないか」と思ったりしましたよ。そんなときに出会ったのが、ラジコンコースで遊んでいる人たちだったんです。「マサさん、一緒にやりましょうよ」と言われるまま、マシーンの作り方を教わっているうち、みんな、レースで勝っても1円にもならないのに、日夜、コンマ1秒のために必死に研究しているということがわかり、思ったんです。「オレは1億円プレイヤーだというのに、彼らがラジコンのことを語るほど野球のことを熱く理詰めで語ることができるだろうか? もっと野球のことを突き詰めて勉強しよう」と。


藤波克之

弊社は組織に自信があります。私自身、社員たちを尊敬していますし、彼らには何度も助けられました。そんな組織だからこそ、お客様にとってもプラスになるはず。


代田博文

外資系医薬品メーカー時代、月に1回の会議では、ビジネススクールを出た優秀な上司から何をやるにも「エビデンス(根拠)」を要求されました。自分で納得し、自信を持って取り組みたくともエビデンスがなければ遂行できませんから会議の前後は眠れなかったものです。しかし、この経験は会社を立ち上げた現在でも、非常に役立っています。


宮本彰

会議に上がった商品企画は8割方GOサインを出します。誰かが可能性を感じれば賭けてみる。


ページの先頭へ