名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

バリ・パッダの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

バリ・パッダのプロフィール

バリ・パッダ。インド出身の経営者。「レゴ」CEO(最高経営責任者)。英グラクソウエルカム(のちのグラクソ・スミスクライン)などを経てレゴに入社。COO(最高執行責任者)、CEOを務めた。

バリ・パッダの名言 一覧

かつてレゴの創業者は、「レゴを破滅に導くのは、レゴ以外にない」という言葉を残している。こうした理念の大切さを、繰り返し社内に説いていく。


企業規模が拡大しても、小さな会社の精神を常に失わないようにしたい。我々は、「スモールジャイアント(小さな巨人)」を目指していくつもりだ。


かつて、テレビゲームが我々のビジネスを狂わせたように、これからも破壊的なテクノロジーが次々と登場してくるだろう。技術の流れを止めることはできず、そんな中で私たちの基本的な価値観を失うことなく対応していくことが必要だ。


バリ・パッダの経歴・略歴

バリ・パッダ。インド出身の経営者。「レゴ」CEO(最高経営責任者)。英グラクソウエルカム(のちのグラクソ・スミスクライン)などを経てレゴに入社。COO(最高執行責任者)、CEOを務めた。

他の記事も読んでみる

岩切章太郎

私は金儲けは上手いほうではない。とかく儲かるかどうか二の次になって、必要かどうかで始めるという場合が多い。したがって後からソロバンを合わせていくのに苦労しているが、どうにかこうにか最後にはソロバンが合うようになるので、よくみんなに「あなたでもソロバンははじいていたのですネ」と笑われることがある。


松井秀喜

最終的には個人の能力だと思います。本人だどう感じ、どう工夫していくかという。日本にも、メジャーにも、いろんな教え方がありますが、自分のものにしていくやり方はそれぞれ違います。ハッキリ言って、合う合わないも含め、選手の能力なんです。結果が出る選手は、合うといわれる。反対に、力を出せない選手は合わないということになる。すべてが選手の能力なんです。


近藤太香巳

十代で起業した理由は、営業の世界へ入ってそれなりに自信をつけたこと。ただ、300万円ないと有限会社にならないとか、1000万円ないと株式会社ができないということはまったく知りませんでした。いま振り返ると、「考え過ぎることなく動きながら考えた」のがよかったのかもしれません。


西室泰三

「西室君、社長になったら、自分でも本当にこんなに同じことを言ってもいいのかと思うぐらい繰り返して言わないと、社員は分かってくれないよ」。東芝の社長になったとき、前社長の佐藤文夫さんに言われたことですが、まさにその通りだと思います。


永守重信

いまのところ10兆円は大ぼら(笑)。でも実現したい気持ちで言っているから、嘘ではない。
【覚え書き|10年後売上高10兆円という目標について】


安藤哲也

職場と家庭以外に「サードプレイス」を作る「居場所開拓力」も重要。「多様性の理解を深められる」「人間関係が広がって生活が豊かになる」「コミュニケーション能力が磨かれる」といいことずくめです。相手から刺激を受けられるので、挑戦したいことも見つけやすくなるはず。それが進んで職場とは別の「名刺」を持てるようになったら最高です。やる内容によっては、社団法人やNPO法人の立ち上げも検討対象になる。職場での肩書を捨てて、「素の自分」がいくら稼げるのかを知る機会を設けられたら、なおいい。自分の稼ぐ力の現状を押さえて、足りない部分や強化したい部分を把握できるので、今後の課題が明瞭になります。


遠藤一平(経営者)

いろんな奴がいた方が組織は絶対に活性化する。


長谷川高

次の3つの条件をクリアできれば、賃貸経営が成功する可能性は大きく高まります。まず「よい借り手に長く住んでもらう努力」、次に「空いたらすぐ埋める努力と工夫を怠らない力」、そして「家賃滞納や問題のある借り手を迅速に解決すること」。


中山哲也

私が考えたのは、この会社は何のためにあるのかということです。工具を売るということは、エンドユーザーであるモノづくり現場のお役に立つということが大事だろう。そのために「頑張れ!! 日本のモノづくり」というキャッチフレーズをつくりまして、これが当社の存在意義であると定義づけました。そこから全国各地に営業拠点を置くとか、物流施設を構えるとか、今後やらなければいけないことを書き出しまして、それをひとつひとつ実現してきたということです。お金儲けや効率のことだけを考えて経営していたら、ここまで会社が成長することはなかったと思います。


小山薫堂

おもてなしは、呼んだ後のサービスだと思うんですよね。サービスをいくら売っていても、体験してもらわないことにはそれを実感してもらえない。だとしたら、おもてなしが人を呼ぶマグネットにはなりにくい。おもてなしが駄目だと言っているわけではなく、我々が思っているほどマグネットにはならないんじゃないかなと。


ジム・ロジャーズ

初めの頃の損から多くを学んだ。


土屋公三(経営者)

教養を高めるため本を読むのは王道ですが、それだけではありません。人と会ったり、美術館に行ったりするのもいいでしょう。よい本、よい人、よい物に接することで、私たちの人間性は限りなく豊かになります。その結果、その人の生きがいを喚起して、潜在的な能力を高めることにつながります。