名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

バティストゥータの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

バティストゥータのプロフィール

バティストゥータ(ガブリエル・オマール・バティストゥータ)。プロサッカー選手(FW)。アルゼンチン・サンタフェ州出身。17歳でバスケットボールからサッカーに転向。セリエAで活躍。同リーグ外国人最多通算得点記録を達成。

バティストゥータの名言 一覧

ゴールがあるから蹴るんじゃない、俺が蹴るからゴールがあるんだ。


バティストゥータの経歴・略歴

バティストゥータ(ガブリエル・オマール・バティストゥータ)。プロサッカー選手(FW)。アルゼンチン・サンタフェ州出身。17歳でバスケットボールからサッカーに転向。セリエAで活躍。同リーグ外国人最多通算得点記録を達成。

他の記事も読んでみる

吉永泰之

現在のスバルの社員の多くが意識しているのは、いわゆるエンスー(熱狂的な愛好者)のニーズに寄っていってしまうと、販売台数が落ちてしまうということです。クルマとしては尖った面白いものができるかもしれないけれど、どうしても台数は減ってしまう。もちろん、あまりそのことを意識しすぎるとスバルらしい個性を失ってしまう危険性がある。それは恐ろしいことです。そうなったら、スバルの存在意義がなくなってしまいますからね。しかし現実的には、尖りすぎることのほうが怖いんですよ。スバルのDNAは、放っておくとどんどん尖っていってしまうんです。


城繁幸

マニュアル化できないアナログの蓄積が必要な仕事は得てして面倒なものだし、すぐに成果に結びつくわけでもないので、普通は誰もやりたがりません。しかし、だからこそ積極的に手を挙げる価値があります。そういう意味でも、ぜひ自分から難しい仕事にチャレンジすべきです。


松尾静磨

どんな仕事でも3年ぐらいしないと基礎はできない。まして航空事業には10年間のブランクがあり、まったくの無一文から始めたのだから、そんなに早く良くなる方がむしろおかしい。しかし、世間はそう思わないから、我々としても焦る必要はないが、できるだけ早く1銭でもいいから黒字を出すように努力しましょう。
【覚書き|終戦後ゼロからスタートした日航は、3年間で10億円の赤字を出していた。そのため初代社長柳田誠二郎氏に送った言葉。柳田氏は銀行出身者で航空産業は未経験だった】


上野光夫

流行の変化や大手の市場参入だけでなく、IT技術の革新などで市場自体がなくなることもあります。スクラップ&ビルドで、常に変化していくことが大事です。今のビジネスが軌道に乗った段階で、次の進化を考えましょう。


林野宏

スマホで何ができるか、という最新の情報をいち早く集められるようにしておくには、ベンチャーキャピタルをやっている人たちと知り合いになることです。それが一番ですね。


齋藤孝(教育学者)

雑談の上手い人は、相手が男性で50代なら野球、30代の主婦なら子育てというように、相手の文脈を読んで、打ち返しやすいところに巧みにボールを投げます。


三澤千代治

現代社会では理屈を言うより、五感を磨いた人の方が重要だ。学校と家とを往復しただけの真面目な学生より、人一倍遊びまわって五感を身につけた人の方が、ビジネスマンとして伸びる可能性がある。


マキャベリ(マキャヴェッリ)

平時の状態に基づき人間を信用してはならない。それというのも人は死ぬ危険がほとんどない場合には馳せ参じ、支持を約束し、君主のために死ぬ覚悟があると述べるが、君主が市民たちを必要とする時節が到来すると少数の人間しか彼のもとには見いだされない。


ジェイ・エイブラハム

最初から凡庸を目指してはいけません。そんなことをしたら、食べるのがやっとになってしまいます。


堀江薫雄

横浜正金銀行(のちの東京銀行)には、正金スピリットという伝統的な気風があった。これにはそれなりの背景もある。

  1. 人員採用が厳重なため優秀な人材が集まること。
  2. 身分保障がしっかりしていて、正金を生涯の働き場所と決めることができたこと。
  3. 首脳部が常に他の銀行界に劣るような待遇を行員に与えてはならないとし、銀行の利益と名誉を守るという精神に徹していたこと。

星野佳路

経営者の判断について、情報共有することが大切です。戦略についても理論に従って、きちんと説明すればわかってもらえます。「この調査の結果に基づいてこう判断した」と説明すれば、共感しやすい。一番伝わりづらいのは、直感的な判断です。「これからはこれが流行るぞ」なんていっても「本当か?」と思いますよね。直感ではなく、ファクト(事実)ベースの理論とデータに基づく判断でなければなりません。その説明さえしっかりしていれば、いろんなことを思う人もいるでしょうが、気持ちは別として頭では理解できると信じています。


石川泰彦

機器を導入すれば業務が改善するというものではありません。どれだけ優れたツールも「仕事をどう効率化できるか」と考える人があって、初めて役に立ちます。その意味では、働き方を変えていこうという個人の意識が大きいんです。