バティストゥータの名言

バティストゥータのプロフィール

バティストゥータ(ガブリエル・オマール・バティストゥータ)。プロサッカー選手(FW)。アルゼンチン・サンタフェ州出身。17歳でバスケットボールからサッカーに転向。セリエAで活躍。同リーグ外国人最多通算得点記録を達成。

バティストゥータの名言 一覧

ゴールがあるから蹴るんじゃない、俺が蹴るからゴールがあるんだ。


バティストゥータの経歴・略歴

バティストゥータ(ガブリエル・オマール・バティストゥータ)。プロサッカー選手(FW)。アルゼンチン・サンタフェ州出身。17歳でバスケットボールからサッカーに転向。セリエAで活躍。同リーグ外国人最多通算得点記録を達成。

他の記事も読んでみる


佐藤綾子(心理学者)

「あの人が言うから、本当だ」「あの人が言うからたいしたことではあるまい」。どちらも、会社や団体でもよく聞こえてきそうな発言です。語り手が醸し出す信憑性、つまり本当らしさや信用は、プレゼンの中では最も付け焼き刃が利かないことです。


伊藤正裕(起業家)

先日、当社の社員研修に来ていただいた小笠原流礼法の先生がこうおっしゃっていました。「本当に大事なのは型ではなく、心の底から相手の立場に立って考え、振る舞うこと。その思いがあれば、型が多少間違っていても、それは小笠原流といってもいい」と。


林要(経営者)

物事を実際に決めているのは無意識層で、意識は決めていない。では私達が自分で決めた、と何故思いこむかと言うと、無意識が決めた事を意識が後から追認しているに過ぎない、とも言われてます。


藤原健嗣

山登りと同じように、目的を達成するルートはいろいろある。たとえば開発において、必ずしも自社で開発しなくても、他社から導入してしまった方がずっと早いこともあります。こだわらなくてはならないのは、目的であって手段ではないのです。


窪田健一(経営者)

20年間、創業者と一緒に働いてきましたが、言われた事をオウム返しにそのまま実行しているだけでは駄目で、自分でやってみて初めて色々な事が腹に落ちて来る。


青木理(ジャーナリスト)

偏った思想や意見のみならず、できるだけ幅広く、異論反論まで書かれた本を読むことが大切。私たちジャーナリストも最初は「この事件やこの人物はこうじゃないか?」という先入観というか、仮説を立ててから取材を始める。ただ先輩ジャーナリストの故・斉藤茂男さんの言葉に「取材をして仮説の通りの事実にしかたどり着けなかったら取材が足りない」というのがある。自分の都合のいい情報だけ集めても真実にはたどり着けない、ということなんです。同じことは読書にもあてはまると思います。ネットなどの偏った情報だけを集めやすい場ではなお危険、ともいえますよね。


高島郁夫

平常のときは誰だって頑張れます。ところが、崖っぷちに立たされたとき、気力・体力が続かず、負けてしまう人が意外と多いと思います。瀬戸際で持ちこたえるには踏んばる力がいります。自分の場合、その力は、体を鍛えることによって培われた気がします。


ページの先頭へ