バイロン・ウィーンの名言

バイロン・ウィーンのプロフィール

バイロン・ウィーン。アメリカの経営者。「ブラックストーン・マルチアセット・インベストメント・グループ」副会長。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。モルガン・スタンレー シニア・ストラテジストなどを経てブラックストーン・マルチアセット・インベストメント・グループ副会長に就任。ウォール街のご意見番として知られた。そのほか、ニューヨーク歴史協会理事を務めた。

バイロン・ウィーンの名言 一覧

よく検証してみれば私たちは何度も同じような間違いを繰り返していることがわかる。


単に忙しがるための仕事はやめたほうがいい。


昨年、英国の国民投票でEU離脱の賛成票が上回り、米人統価選挙でドナルド・トランプ氏が当選するとは、誰も本気で思ってはいなかっただろう。サプライズ(将来起こりうる出来事)について思いを馳せることは、有益なエクササイズだ。


多くの株主は業績回復を待てるほど辛抱強くはないかもしれない。確かに悪材料で急落した後、株価が少し持ち直すことはある。しかしそんな企業と長く付き合うには、ほかのところで十分な利益を出せるくらいの余裕があるか、よほど辛抱強くなければ無理だ。


悪いニュースに対するベストの対応は、とりあえず売ること。そして悪い状況を外野から見守っていればいい。業績悪化の影には大きな問題が隠れていることが多く、それらを解決するには時間がかかる。


フロイトいわく「精神の病は運命として片付けるのではなく、ひとつのパターンとしてその原因を究明しなければならない」。過去の市場サイクルにおけるあなたの投資判断のすべてをリストアップして再分析することで、同じ間違いを何度も繰り返さずにすむようにできると思う。さらにそのリストを同僚に見てもらい、あなたの失敗のパターンを分析してもらえばなおよい。


たいていのポートフォリオ・マネジャーは、失敗とは常に変化する市場環境の中でランダムに起こるものだと考えている。将来の状況が過去と同じものになるはずがないから、過去の失敗を再び犯すことはありえないというのがそのロジックである。しかし、自分の過去の失敗を統計的に洗ってみた結果、やはりいくつかのパターンが見つかった。


株式投資の失敗の代表的な4パターン

  1. 早く売りすぎること。
  2. 大穴狙い。業績の落ち込んでいる企業を立て直すには多大な困難がある。
  3. 売る機会を逃すこと。
  4. 問題の過小評価。悪いニュースに対するベストの対応は、とりあえず売り、外野から見守ること。

サプライズとは、投資家たちが考慮していないと思われるイベントだ。だから、現実のものになると、投資家たちは驚愕する。サプライズを発表しているのは、それをきっかけに、投資家に社会通念にとらわれずに物事を考えるようになってもらいたいからだ。

【覚え書き|毎年年初にその年に起こりうる出来事を「10のサプライズ」として発表していることについて】


バイロン・ウィーンの経歴・略歴

バイロン・ウィーン。アメリカの経営者。「ブラックストーン・マルチアセット・インベストメント・グループ」副会長。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。モルガン・スタンレー シニア・ストラテジストなどを経てブラックストーン・マルチアセット・インベストメント・グループ副会長に就任。ウォール街のご意見番として知られた。そのほか、ニューヨーク歴史協会理事を務めた。

他の記事も読んでみる

ジョセフ・トリポディ

従来のマーケティング手法は、広告のメッセージをテレビCM中心にばらまいて、上手く消費者に届くことを祈る「スプレー・アンド・プレイ(ばらまいて祈る)」方式でした。しかしメッセージの内容を、どのメディアを使い、どのような属性の消費者に対して、いつ発信するかを考える必要があります。より精密なマーケティングが不可欠です。


山崎元

自分から作る人間関係と、受動的な人間関係とでは、長い目で見ると非常に大きな差がつく。


堀之内九一郎

なぜ私が常にやる気をキープできるのか。それは「欲」を強く持っているから。成功して自分の欲を満たしたいという思いが非常に強い。だから、世間が逆境のマイナスムードに流されている中で、だからこそいま自分がめげずに前進すれば、一気に抜け出せるチャンスだぞ、と思える。


磯部成文

自分で何か新しいことを発見したり、作ったりするのが一番面白い。


榎本博明

完璧な人間などいませんから、どんな人でも何らかの劣等感を持っています。そこで弱みは弱みとして受け入れ、「自分はこういう強みがあるから、これで弱みをカバーすればいい」と考えられる人は、それ以上劣等感に悩まされることはありません。


田中孝司(経営者)

年に1度、「KDDI解体新書」と名付けた社内の様々な階級からのアンケートを実施しています。12月中旬にまとまった今年度のリポートを見ると、トップのメッセージは伝わっていると実感しています。もちろん、まだ組織の隅々まで行きわたったとは言い難く、改革は道半ばです。


畑喜美夫

監督の私一人の目で観て判断するよりも、選手11人が観て、感じて、自主的に判断しつつ、力を合わせて戦うほうが、プレーの質が高くなる。


樋口武男

社長になってすぐ派閥を全部解消しました。専務派、常務派とか小さいのがあったのですが、私は、それは石橋オーナーの考えとは違うと信じて、派閥解消をとことんやりました。その後、派閥は一切ありません。派閥をつくったら役員失格です。


岩下秀麿

フェアであれば、どこかで誰かが見ていてくれます。仮に失敗しても死刑になるわけではありません。昇給・昇格か遅れる、ボーナスが少なくなるくらいです。ですから、自分が信じることをやることが大切。


鈴木貴子(経営者)

5月に600人以上の社員を集め、商品や仕事で「聞いて分かる、見て分かる、使って分かる」を追求しようと強調しました。


小島順彦

「グローバル人材」の育成が大事と言われますが、それは英語教育のことではありません。日本の歴史、伝統、文化を教育することで、海外に行っても自分の意見を話すことができるようになるのです。


ギュスターヴ・フローベール

我々は、過去を知らないばかりに、自分の生きる時代を中傷する。人間はかれこれずっと、こんな調子で来たのである。


村井雄司

お客様が大変喜ばれる様子を見て、やり甲斐が出てきた。そして仕事にのめりこんでいった。


榎本博明

権威を振りかざすタイプの上司には、真正面から攻撃しても逆効果です。輪をかけて尊大になります。そこで、「こっちが育ててあげる」ぐらいの目線で、対応しましょう。「弱い犬ほどよくほえる。不安で仕方がないんだ」と考え、上司の言葉にいちいち逆らわないで受け流すのです。


永守重信

血のにじむような努力をした人が上に上がっていく。ごく普通の努力ではダメ。


ページの先頭へ