名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ハーブ・ケレハーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハーブ・ケレハーのプロフィール

ハーブ・ケレハー。ハーバート・D・ケレハー。アメリカの経営者。サウスウエスト航空の共同創立者、会長。ウェスリアン大学、ニューヨーク大学卒業後、ニュージャージー州最高裁判所で事務官として勤務し、独立して法律事務所を開設。法律事務所の顧客との雑談中にサウスウエスト航空の共同設立を持ちかけられ承諾。同社を大きな会社へと育てた。従業員重視経営で部下たちに絶大なる信頼を得た経営者

ハーブ・ケレハーの名言 一覧

恐れではなく愛によって結束するとき、会社は強くなる。


部下に対する上司の最大の裏切り行為は、「お客様は神様です」と言うことだ。お客様が正しくない場合も多い。そういうときには、上司は部下を守ってやらなくてはいけない。そういう顧客の要求を受け入れる必要はない。手紙を書いて「よその航空会社をご利用ください。わが社の社員を困らせないでください」と言ってやるべきだ。


ハーブ・ケレハーの経歴・略歴

ハーブ・ケレハー。ハーバート・D・ケレハー。アメリカの経営者。サウスウエスト航空の共同創立者、会長。ウェスリアン大学、ニューヨーク大学卒業後、ニュージャージー州最高裁判所で事務官として勤務し、独立して法律事務所を開設。法律事務所の顧客との雑談中にサウスウエスト航空の共同設立を持ちかけられ承諾。同社を大きな会社へと育てた。従業員重視経営で部下たちに絶大なる信頼を得た経営者

他の記事も読んでみる

坂本孝

勘は、ケーススタディを積み重ねることで養われます。本来勘というのは、百円玉を投げて、表か裏かを当てるようなもので、当たる確率は50%しかないわけです。しかし、その人の経験値が高ければ、過去の実績や実例にもとづいて、「今回はこっちを選択したほうがいい」といった判断ができる。つまり、勘が冴えてくるわけです。


菅谷太一

通常、物件の売買価格は土地の価格と建物の価格の合計になりますが、築年数が経過するにつれ、ほぼ土地値だけになる物件が出てくることがあります。そうした眠れる物件を見つけ出し、リフォームで資産性のあるものに仕立て、高利回りで運用する。これが当社がお勧めする「土地値物件」への投資です。


筒井義信

海外で組む相手は、その国や地域で歴史があり、堅実で、哲学を共有できるようなパートナー、いわば強者連合という形で一緒にビジネスができればいいと考えています。


滝澤光樹

創業の地である富山に脈々と受け継がれる「進取の精神」を忘れずに、引き続き人材育成などへ注力し、さらなる成長を図っていきます。


中西浩太

研修で使用したコンテンツはクライアント企業に元データで納品し、内製化を図っていただくことにしています。このような対応は、同業他社にはとても驚かれます。元データを渡してしまえば自社内で内製化できてしまうので、研修会社は必要なくなり、従ってリピートで研修のオーダーをもらえなくなると心配するからです。しかし、我々は教育研修制度が社内で確立、運用されていることが企業にとって健全な状態だと考えていますので、コンテンツの元データを納品することには全く抵抗感はなく、むしろクライアント企業にとって必要なことであると感じています。


西山弥太郎

社長のあいさつというものはあまり流暢にやっては駄目だよ。もうすこし、訥々(とつとつ)とやれ。君のように棒暗記では軽くていけない。


石川康晴

「関係の質」は、「結果の質」につながる。「関係の質」とは、「コミュニケーションの良し悪し」。


宮原博昭(経営者)

再建時、失敗を指摘することはやめました。指摘すると、プライドが傷つけられ、「この人の下では働けない」と耳を閉ざすと考えたからです。気づくまでじっと待つようにしました。


三浦しをん

たいていの人は、自分だけをそこまで愛せないし、自分のためだけには頑張れないと思う。人であれ研究対象であれ、自分とは違う存在がいてくれるからこそ、自分が何昔なのかも確認できる。愛が何かなんて簡単に定義できるものではないけれど、成就するか否かではなく、決して溶けあえないからこそ、強烈に求めてしまう――それも確かに一つの愛だろう、と私は思います。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)

細かいアドバイスがなくても、後輩は自分で課題を見つけて、解決に向けて動き出そうとする段階に差しかかると、先輩の役割は後輩に自分はできるという成功体験や達成感を少しでも多く味あわせることになります。営業の仕事でいうと、少し難しいけど頑張れば注文が取れる、そんな会社に行くよう部下を仕向けると良いかもしれません。


岡本太郎

若い人たちに言いたい。ただの生ぬるいサラリーマンになることは容易だ。しかし、そこでは本当の自分を誤魔化して、画一化するよりほかはないのだ。それよりも、自分の目、手で触れる、だからこそ危険な道を切り拓いていくべきだ。決して遅くはない。諦めて、投げてしまってはならない。あえて敗れることを決意して、社会にぶつかるのだ。それによって、さらに大きな、輝かしい人間像を形成していくのである。


ロベルト佃

最近「日本は終わった」「日本ブランドは廃れた」なんて声が聞こえてくる。しかし、そんなこと言うのは日本人ばかりですよ。海外の人は本当に日本のものづくりやサービスの素晴らしさ、いわば日本の「強み」をリスペクトしている。ようは欲しい相手に欲しいものが届いてないだけなんです。もっと自信をもっていい、日本は外に出ていいんです。