名言DB

9419 人 / 110788 名言

ハービー・山口の名言

twitter Facebook はてブ

ハービー・山口のプロフィール

ハービー・山口、はーびー・やまぐち。日本の写真家、エッセイスト。東京都出身。東京経済大学経済学部卒業後、渡英しロンドンでデビュー。多方面で活躍した。日本写真協会賞作家賞を受賞。

ハービー・山口の名言 一覧

見返りを期待しない善意が大切。


ハービー・山口の経歴・略歴

ハービー・山口、はーびー・やまぐち。日本の写真家、エッセイスト。東京都出身。東京経済大学経済学部卒業後、渡英しロンドンでデビュー。多方面で活躍した。日本写真協会賞作家賞を受賞。

他の記事も読んでみる

小柴和正

高度成長時代の百貨店は、それこそ百貨が買える場所でした。ところが、いまや百貨店は80貨店、60貨店になっています。衣料品も、安い商品を大量に売る専門店が台頭しています。その中で、お客様に胸を張って示せる百貨店の価値は何かと問われたら、私は「ライフスタイルのコーディネート能力」だと答えます。


吉川廣和

社員に対して3つの基準を発表した。たとえ黒字事業であっても、3つの基準のひとつでも欠ければ、撤退を決めた。その逆に現状は赤字事業でも3つの基準を満たしていれば、継続を決めた。これら3つの基準を基に、投資を決めたり、買収したりした事業は現在もすべて黒字だ。

  1. マーケットの成長性。
    マーケットがあるかどうか。そして衰退のマーケットなのか、成長マーケットなのかどうなのか」という基準。
  2. 世界一の技術力。
    当社が世界でトップになれるかどうか。基本的に製造業なので、世界一の技術力があるかどうかという基準。素材産業はいつもグローバル競争にさらされている。世界一の技術を持っているか、一生懸命頑張れば世界一になれるかどうかを見極める必要がある。
  3. 社員のやる気。
    社員が動く原動力があるかどうか。要は、良い意味でのやる気があるかどうかという基準。

和田裕美

営業をしていて感じるのは、相手に喜んでもらうことの大切さ。自分のことより、まずは相手のことを考える習慣を身につけることが先決です。ですから、メールも手紙も、一回読めば、スッと頭に入る文章がベスト。簡単なことは簡単に、複雑なこともできるだけ簡単に伝える。これが私のモットーです。


田中和彦

私も会社員時代は、自分のやりたいことと会社が要求することのあいだにズレを感じることが多々ありました。組織で働く以上、つねに何かしらの制約があるなかで行動するのは当然のこと。その制約のなかで、いかにして自分がやりたいことを最大限に実現するかを工夫するのが、組織人の醍醐味ではないでしょうか。


竹長潤

会員制マリンクラブ事業は「単純にレンタルというシステムさえ提供すれば、お客様が集まる」というものではありません。多くのお客様が遊びたい意欲はあっても、ボートレジャーに関する様々な不安を抱えています。この「わからない」という不安の解決が、新たなビジネスを構築する際のポイントだと考えました。そこでマリン塾という遊びのメニューをスタートさせました。


オグ・マンディーノ

どうでもいい些細な仕事に明け暮れて、本当に挑戦すべき事柄に出会ったときそれに受けて立つ暇がない。そんなタイプの人をあなたはご存知かもしれません。あなた自身がそうかもしれません。彼らは見つけ出せる限りのありとあらゆるどうでもいい雑用や仕事に精力を使い果たすのです。この種の人が自分では気づくことなく行っているのは成功を避ける努力なのです。


坂野尚子

経営者が倒れたら、会社は大変なことになりますから、ストレス・マネジメントは人一倍気を遣っています。


高野登

私もお礼の手紙やメールをいただくことがありますが、その中には、「あらかじめ用意しておいたテンプレートをそのまま使い、名前の部分だけを差し替えたのだろうな」とわかってしまうものが少なくありません。もちろん、雛形を使ったとしても、私のために労力を費やしてくださったのは間違いありませんから、そのことに感謝します。しかし、相手が私に伝えたかったはずの想いが半減してしまっているように感じる、というのが率直なところです。だから、私自身は、そういう文章は書かないことに決めています。


谷井昭雄

デジタル化、情報化の時代になって久しいですが、情報というものは、単なるデータや数字ではありません。情報とは「情けを知らせる」ことです。情けというのは「心」とも読みます。つまり、心を伝える時代が、情報化時代なのです。では、心とは何か。理念です。情報化時代の現在、もう一度「心を伝える」「想いを伝える」ということを考え直すべきでしょう。


小山昇

自分の会社も残業を減らしたいのだがうまくいかないという社長がいますが、社長が先頭に立って「やれ」と強権を発動しないかぎりうまくはいきません。なぜなら、残業を減らすというのは会社に革命を起こすことだからです。