名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ハーバート・スペンサーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハーバート・スペンサーのプロフィール

ハーバート・スペンサー。イギリスの哲学者、社会学者、倫理学者。イングランド・ダービー出身。教師の家に生まれる。父の教育方針で学校教育は受けず、父と叔父から学ぶ。16歳でロンドン・バーミンガム鉄道の鉄道技師になる。経済紙『エコノミスト』の副編集長を務めたのち、在野の研究者として研究と著述に専念した。

ハーバート・スペンサーの名言 一覧

あらゆる人間が幸福になるまでは、いかなる人といえども完全には幸福ではありえない。


教育の目的は、性格の形成にある。


人生は石材なり。神の姿を彫るも悪魔の姿を彫るも、各自の心のままだ。


ハーバート・スペンサーの経歴・略歴

ハーバート・スペンサー。イギリスの哲学者、社会学者、倫理学者。イングランド・ダービー出身。教師の家に生まれる。父の教育方針で学校教育は受けず、父と叔父から学ぶ。16歳でロンドン・バーミンガム鉄道の鉄道技師になる。経済紙『エコノミスト』の副編集長を務めたのち、在野の研究者として研究と著述に専念した。

他の記事も読んでみる

細川信義

誰が応援団かで信用も付いてくる。例えばソフトバンクの孫さんは、シャープの佐々木(正)さんが応援団だった。あの人が応援しているなら、信用できるだろうとこうなる。昔からおじさんキラーが成功の秘訣である。


野田俊介

開発室の面接をしているとき、こんなに社内に原石が転がっているのなら、可能性を引き出して刺激を与えればどんどん伸びると思ったんです。


田原成貴

抜いてやる、追いつけるに決まってると思い込んでいた。たとえ思い違いでも、そういうのって大切だよね。


碓井稔

当社ならではの成果を出せる分野に注力したなら、あとは徹底してやりきること。


ケリー・マクゴニガル

結果的に悪いことをしてしまった人のほとんどは、よいことをしたいと思うところから始まっている。


岩崎裕美子

そもそも、自分が欲しくないものは作りたくないのです。明確に誰かの悩みを解決して、その人を幸せにする製品の開発こそ弊社の本分ですから、悩みが具体的でなければ作れません。毎年売上げ目標は設定しますが、実はその数字の中に新製品は入っていない。数字や目標を達成するために新製品を開発することはしたくありませんからね。私たちは期限にとらわれず、想いが体現できるまでとことん追求して製品を生み出します。


佐々木正悟

タスクは自分がこなせると思う量の3分の1か、少なくとも2分の1に減らす必要がある。優先順位をしっかり判断できるようになり、タスクの3分の2を切り捨てようという思考に切り替わる。


藤野英人

私は長年、ファンドマネジャーとして様々な企業を見て実際に投資してきて、投資すべき企業を見極めるうえで重要なことがあると考えています。それは、「人の可能性に着目して投資をする」こと。会社は人の集まりなので、その会社が長期的に成長できるかどうかは、人にかかっているのです。


菊池誠(物理学者、テルミン奏者)

正直言って、自分が置かれている状況下で常に科学的なリテラシーを機能させられるかというと、そうはいかないでしょう。今のところ僕がやっているのは、既に起きているニセ科学の実例、典型例をいくつも見ていくことです。そこから、次に何か新たな怪しいものが来た場合に、どう対処したらいいかを学ぶしかないだろうと。ある程度たくさんケースを見ていれば、何か出てきた時に、あれと似ているなというのは分かるだろうと思うんですね。それしかないのかなと考えています。


デレク・シヴァーズ

リーダーだけでなく、フォロワーが姿を見せることも大事である。なぜなら、新しいフォロワーたちは、リーダーではなくフォロワーを真似るからだ。


小笹芳央

今は、会社と個人が相互に選択し合って雇用契約を結ぶ時代。「選ばれる人」になるために私が勧めているのが、「自分株式会社」の経営者のつもりで自分という「商品」を売り込む意識を持つことです。さしずめ株式投資は財務の一部ですが、財務部門はそれだけではありません。例えば負債。住宅ローンを抱えているサラリーマン投資家は多いと思いますが、金利の高い住宅ローンという極めて自分に不利な商品を放置しておきながら、株で儲けてその穴埋めをしようというのは明らかにおかしい。できれば財務諸表を作って家計をトータルに見直す必要があり、それには株式投資だけでなく、お金全般に対するリテラシーを磨いていかなければなりません。


松井道夫

他人の、しかもそのマジョリティ(多数派)がやっていることが、その時代に必ず合っているわけではありません。時代はどんどん動いているからです。頼るべきは、自分なりの時代観です。社会変化のベクトルを自分なりに探すのです。ベクトルとは、「方向」と、「動く大きさ」なり「スピード」です。それに商売を合わせれば、とてつもない利益が上がるんじゃないか、ということです。