ハンネス・ホルムの名言

ハンネス・ホルムのプロフィール

ハンネス・ホルム。スウェーデンの映画監督、脚本家。スウェーデン・リディンゲ出身。俳優を経て監督、脚本家の道に進む。『Adam & Eve』でスウェーデン映画史上ナンバーワンの興行成績を記録。

ハンネス・ホルムの名言 一覧

原作に忠実なあまり失敗した映画は多い。小説からストーリーだけを抽出して再構成することが、私のチャレンジでした。


「死」がテーマの作品にブラックユーモアは不可欠。ドタバタ系の笑いは内輪にしか通用しませんが、ブラックユーモアはよりグローバルに受け入れられると思います。そのうえ多くを気づかせてくれるから、個人的にも大好きです。


ハンネス・ホルムの経歴・略歴

ハンネス・ホルム。スウェーデンの映画監督、脚本家。スウェーデン・リディンゲ出身。俳優を経て監督、脚本家の道に進む。『Adam & Eve』でスウェーデン映画史上ナンバーワンの興行成績を記録。

他の記事も読んでみる

養老孟司

人間、頭ばかり使っているとおかしくなる。現代人は頭よりも、もっと身体を使うべきだ。


安岡正篤

人間が浅はかで無力であると、いわゆる「宿命」になる。人間が本当に磨かれてくると「運命」になる。すなわち、自分で自分の「命」を創造することができるようになる。


古賀信行

日々めまぐるしく変化する状況をすべて把握することは、大変難しい。私が日ごろから心がけているのは、ひとつの報道に踊らされず、偏りなく情報を摂取しようということです。そのひとつの方法として、英字新聞などの海外メディアに触れるようにしています。日本の新聞をすべて読んだとしても、内容にそう大差はありません。つまり、日本の新聞ばかりに浸かっていると、同じ視点のものばかりを眺めるだけになってしまいます。


菊地哲(経営者)

社長やマネジメント職は、失敗の芽を早く摘むことが大事です。私の経験からすれば10回挑戦すると3回は失敗します。投資するときは6勝4敗でOKです。ただし失敗したときに、即時撤退を上司が決断することが条件です。


森岡毅

僕が他のマーケターと違うのは、直感でひらめいたものをできるだけ客観の世界に変換し、いろいろ計算してみるところ。


石川光久

自分が独立してキチッとできると、予算もキチッと立てて面白いモノができるというところを見せたかった。もう意地だけで会社を設立してしまいましたね(笑)。28歳の時です。

【覚え書き|プロダクションI.Gを設立した当時を振り返って】


泉谷直木

歴代社長からは生き様や魂、執念を感じさせられました。日ごろ接していますし、取材には私も同席します。そのときにトップが漏らす一言一言から、深い考えや夢が伝わってきます。
【覚書き|常務時代の発言。歴代社長とは、村井勉氏、樋口廣太郎氏、瀬戸雄三氏、福地茂雄氏のこと】


澤田秀雄

10年か15年の節目で、また多くの企業が消えて行きます。なぜかと言いますと、その頃の経営者は年齢が40代の経営者が多く、40代と言えばパワーもあり、10年間会社を成長させてきた自信もあります。そのパワーと自信でやりすぎてしまうんですね。思い切った設備投資や、本業以外の新規事業を始めてしまう。私もそれで反省がありまして、経験もないのにオーストラリアにホテルをつくりました。今から考えると当時の会社の規模で始める事業としては無謀でした。幹部が私を抑えてくれましたし、たまたま運もあったので乗り切れましたが、だいたいの企業はここで消えて行きます。


坂根正弘

事業というのは必ず苦しい時があるわけです。経営者の判断能力を問われるのは「一時耐えることで再び上昇に向かうのか?」の判断です。「3年で雇用を増やせたのだったら、頑張って人数を減らさずにしておけばよかったじゃないか」とおっしゃる人がいると思うんです。でもそれでは危機感が生まれないんです。危機感を持ったから、会社が再スタートして、雇用を増やせるところまで来たんです。危機感がなければ再生はあり得なかったんです。


西山昭彦

不動産会社の社員なのにある日突然、自社が運営する商業施設の支配人に抜擢された人がいました。商業施設の知識はゼロ。そこで彼は大胆にも、他社が運営する商業施設に電話し、飛び込みヒアリング。普通ならイヤがられるところ、「優れた先輩の教えを乞いたい」と謙虚に事情を説明し、気に入られて支配人としてのノウハウを教えてもらいました。


小笹芳央

トンネルの先にどのような世界が待っているか、トップが確実に伝えていれば耐えられる苦労かもしれない。ですがその発信がなければ、どこか縮小均衡になっているという不満感が出てきます。


島地勝彦

雑談が上手になりたいなら家に閉じこもってばかりいないで、とにかくバーでも何でも行っていろんな人と話をするんだよ。私はよく言うんだよ、もっと直に体当たりしろって。私だっていろんな人と会って、たくさんの人と会話してきたよ。


南壮一郎

話し方とは、自分自身の鏡なのだと思っています。自分の気持ちがすべて話し方に出てしまいます。ですので、仕事を楽しんでいない人がいくら話し方のテクニックを学んだとしても、相手には伝わらないでしょう。仕事をつまらないと思っている人が、楽しそうに自信を持ってビジネスの話ができるわけがありません。


山田善久

なぜ楽天を辞めたか?うーん。ある種の達成感は得てしまったということでしょうか。自分のやったことを新聞で見ても、こんなものかと感じました。僕自身は、マスコミに取り上げられるのも、証券会社にチヤホヤされるのも好きではありませんでした。
【覚書き|創業期から楽天に関わり、同社の成長に大きく貢献したのち、楽天を辞めた理由について問われたときの返答】


美月あきこ

間抜けな部分も含めて、普段の自分を出せればいい空気をその場につくれます。初対面ではそれが第一です。正しいマナーや営業トークといった道具を使うのは、その後で考えればいいのです。


ページの先頭へ