名言DB

9419 人 / 110788 名言

ハンニバルの名言

twitter Facebook はてブ

ハンニバルのプロフィール

ハンニバル・バルカ。カルタゴの名将。戦術家。名前は雷光を愛する者を意味する。多くの戦いを指揮し、カルタゴを勝利に導く。政治家としての才覚もあり、行政改革を行いカルタゴの財政再建をなし遂げた

ハンニバルの名言 一覧

自分はただローマに対して戦っているのである。ローマとの同盟を強制されたイタリア人と戦っているのではない。
【覚書き:トラシメヌス湖畔の戦いでローマ軍に大勝し、1万人以上の捕虜を捕えた。そのうち、ローマと同盟関係にあったイタリア諸都市の捕虜を解放するようハンニバルが命令を出す。なぜいままで戦っていた者を解放するのかと部下がハンニバルに聞いた時の返答が上記。この捕虜開放でイタリア諸都市から信頼を得、カンナエの戦いでの大勝利への素地となった】


そんな事はスキピオに任せておけ。
【覚書き|アルプスを越えてローマに攻め込んだカンナエの戦いの直前、カルタゴ本国からハンニバルもとに「ローマの将軍スキピオがスペインのカルタゴ領を攻略し、本国へ進軍している」という報告が来た。ハンニバルは報告を無視し、ローマ進軍を進めた。最も重要な目標に焦点を合わせることが重要ということを表した歴史的エピソード】


君は大事なことを見逃している。あれほどたくさんの人がいたって、あのなかにギスコという人はいないのだから。【覚書き|カルタゴとローマ軍との歴史的な戦い「カンナエ(カンネー)の戦い」前夜、ナイーブになっていた将軍ギスコに対しての激励の言葉。カンナエの戦いは敵のローマ軍戦力8万人に対し、自軍のカルタゴが5万人の劣勢で、さらにアルプス越えで疲労しながら戦わなければならないという難しい戦だった。このあとカルタゴ軍は劣勢を覆し歴史的勝利を勝ち取る】


ハンニバルの経歴・略歴

ハンニバル・バルカ。カルタゴの名将。戦術家。名前は雷光を愛する者を意味する。多くの戦いを指揮し、カルタゴを勝利に導く。政治家としての才覚もあり、行政改革を行いカルタゴの財政再建をなし遂げた

他の記事も読んでみる

森田克司

まずは自分自身を知ることから始めてください。なぜなら他人の情報をより多くキャッチするアンテナを立てるのに欠かせないからです。例えば、「自分は物事を仕切るのが得意な一方で、飽きっぽい面がある」などと自己分析できれば、「そんな自分と比べた時に、部下のA君はどうか」と相手への興味が強く湧くし、その人の性格を的確に判断しやすくなる。


岩田聡

ゲームは景気変動の影響を受けないが、お客様に驚きがなければ、景気がいくら良くても売れない。


藤井孝一

本は必ずしも全部読む必要はありません。メールマガジン用に、毎日一冊読むと決めていますが、そのための時間は一時間しかとっていないので、エッセンスとなる部分を探して読みます。じっくり読みたいと思う本は、時間に余裕がある週末に読むようにしています。


木下幹彌

技術の進歩によって今後は資源を生み出せるかもしれませんが、基本的に日本は資源のない無資源国です。忘れがちですが、日本は加工貿易国としてしか生きていけません。そのためには愚直にモノづくりを日本国内で続けることが重要だと考えています。製造拠点を本国に戻す動きは米国などでも出始めています。


鈴木茂晴

自分のことをちゃんと見てくれていると思わなければ、社員は働かない。社員が最大のステークホルダーだと会社が認識するのが、最も大切な部分。


古川実

潰れるなら、俺は日立造船と一緒に沈む。育ててもらった会社に恩返しをする。


小林栄三

ぜひ経営者の方たちには他企業などとの交流を通じて自社の立ち位置を再確認していただきたいと思います。ビジネスを川の流れにたとえれば、川上には技術やモノがあり、供給があります。そして川下には市場があり、お客様がいて、需要がある。川中では物流や金融がそれをつないでいます。その中で自社の役割や使命は何なのかを思い返し、部分最適ではなく「全体最適」を意識すればやるべきことが自然と見えてくるはずです。


小林喜光

私はこういう弱い人間の一人だけど、本気で命がけで戦っているという姿を社員に見てもらうことこそ、現代のカリスマ性につながると私は信じています。


宮沢俊哉

大体において、世の中の皆さんは失敗したからといってダメージを受け過ぎです。失敗大いに結構、むしろ積極的に経験すべきだと思います。何度もトライして、いくつも失敗すれば、それだけスキルが上がる。そのような見方をすれば、やる気がなくなることはありません。


村瀬治男

私は「のりしろ」と表現しているのですが、組織というものは、多少オーバーラップを持った状態で運営したほうが効率がいいと考えています。自分の守備範囲だけではなく、他人の仕事にも興味を持ちながらお互いにカバーしていく。あるいは、新しい感覚を吸収し合っていく。一見、無駄のように見えますが、それがものすごく仕事の流れをスムーズにして、結果的には無駄にならないのです。むしろ、その方が企業としてのパフォーマンスも高まると考えています。