ハンニバルの名言

ハンニバルのプロフィール

ハンニバル・バルカ。カルタゴの名将。戦術家。名前は雷光を愛する者を意味する。多くの戦いを指揮し、カルタゴを勝利に導く。政治家としての才覚もあり、行政改革を行いカルタゴの財政再建をなし遂げた

ハンニバルの名言 一覧

自分はただローマに対して戦っているのである。ローマとの同盟を強制されたイタリア人と戦っているのではない。
【覚書き:トラシメヌス湖畔の戦いでローマ軍に大勝し、1万人以上の捕虜を捕えた。そのうち、ローマと同盟関係にあったイタリア諸都市の捕虜を解放するようハンニバルが命令を出す。なぜいままで戦っていた者を解放するのかと部下がハンニバルに聞いた時の返答が上記。この捕虜開放でイタリア諸都市から信頼を得、カンナエの戦いでの大勝利への素地となった】


そんな事はスキピオに任せておけ。
【覚書き|アルプスを越えてローマに攻め込んだカンナエの戦いの直前、カルタゴ本国からハンニバルもとに「ローマの将軍スキピオがスペインのカルタゴ領を攻略し、本国へ進軍している」という報告が来た。ハンニバルは報告を無視し、ローマ進軍を進めた。最も重要な目標に焦点を合わせることが重要ということを表した歴史的エピソード】


君は大事なことを見逃している。あれほどたくさんの人がいたって、あのなかにギスコという人はいないのだから。【覚書き|カルタゴとローマ軍との歴史的な戦い「カンナエ(カンネー)の戦い」前夜、ナイーブになっていた将軍ギスコに対しての激励の言葉。カンナエの戦いは敵のローマ軍戦力8万人に対し、自軍のカルタゴが5万人の劣勢で、さらにアルプス越えで疲労しながら戦わなければならないという難しい戦だった。このあとカルタゴ軍は劣勢を覆し歴史的勝利を勝ち取る】


ハンニバルの経歴・略歴

ハンニバル・バルカ。カルタゴの名将。戦術家。名前は雷光を愛する者を意味する。多くの戦いを指揮し、カルタゴを勝利に導く。政治家としての才覚もあり、行政改革を行いカルタゴの財政再建をなし遂げた

他の記事も読んでみる

飯島彰己

入社5年目のとき大阪支店の送別会で上司にこう言われました。「お前のやっていることは迎合的だ。お客さんと仲良くやっているけれど、それは上っ面だけだ。おかしいと思ったら、しっかりおかしいと相手に言わなきゃいけない。それでお互いに、もっともっと深く理解しあえる」と。送別会の主役だったはずなのに、ガクッときましたが、ものすごく役に立ちました。生涯にわたって、お付き合いできる人たちを得ることができましたから。


森下篤史

俺は100歳まで引かないよ。事業の最前線に立ってリスクを取ることは、創業者じゃないとできない。だから、「老害」なんて差別用語は、日本から撲滅してほしいね。


楠木建

戦略は分析の産物ではありません。戦略の構想は何よりも「綜合(シンセシス)」の思考を必要とします。戦略をつくるという仕事にはそもそも「分析(アナリシス)」の思考とは相容れない面があります。分析と綜合の違いは、「スキル」と「センス」の違いといってもよいでしょう。分析がスキルを必要とするのに対し、綜合はセンスにかかっているのです。


須田将啓

雑誌やWeb媒体などと協力関係を築き露出させてもらうことで、「最新の商品はバイマで買うことができる」ようにした。結果としてバイマの露出が増えて買われ、バイヤーの出品が増える好循環が生まれた。露出やブランディングの部分でも、品ぞろえというバイマの強みを生かして、効率的に事業を拡大させた。こうしてCtoCで行われるプラットフォーム型のソーシャルショッピングサイトを作ることがでた。


北上弘明

個人起業でも上場企業と取引できたのは、「誰ならつき合えるか」よりも、「誰とつき合いたいか、どうすればつき合えるか」を考えたから。


木村秋則

どうしたら一流になれるかなんて、私にはわからない。ただ人って、「どうかお願いします」と手を合わせてお祈りしたら、自分が限界だと思っている力の何倍もの力が出るんじゃないかな。


福本陽子(料理研究家)

男性向け料理教室を開始した当初、集まったのは多くても8名。ため息をつきながらも、「これからは男性向け市場の時代が来る」という自分の勘を信じました。


竹中平蔵

面白いことに政治のリーダーはある日、突然、降ってくるんです。つまり、資質も大切なのですが、それ以上に舞台によってつくられるんです。最近の大宰相といえば、小泉さんと中曽根さんの名前があがりますが、お二人が総理になられたとき、あれだけの名総理になるとは誰もが予想しませんでした。中曽根さんは「風見鶏」、小泉さんは「変人」ですから、むしろ批判され玩具にされていました。そういう意味では、リーダーになる人を予測するのは難しいといえます。


木村浩一郎(経営者)

経営で最も大切なのは、「変化」に対応する力。


井村雅代

間違ったことを言ってもいいのです。間違ったら恥ずかしいからと、何も言わないよりは間違ったほうがいい。


宗次徳二

起業とは、必死でかき集めた現金を積んで、苦労を売ってくださいっていうもの。思いどおりにいかない、家族が不幸になる、だったらやめておきなさい。しかし、人生1度きり、本当に耐え忍んでやり抜く覚悟があるんだったら、逆に今日からやりなさい。やれば答えが全部出ますから、早くやりなさい。


伊藤彰(コンサルタント)

フィードバックの原則は「褒める・叱る・褒める」である。次に解決すべき課題を示す的確なレビュー(評価)こそ新人を伸ばす一番の糧となる。レビューについては、帰りの電車の中など、移動時間や空き時間を有効活用し、日々のコミュニケーションの中で行えばいい。


知識賢治

改善への期待感を言葉の中に込めるのも重要です。たとえば改善を求めるときに、「君ならできるはずだ」、あるいは「もっとこうすればパフォーマンスがこれだけ良くなるはずだぞ」と一言付け加えるのです。部下を叱るときも、「何で君ほど優れた人間が、こんなこともできないのか」と期待感をにじませる叱り方をすれば、部下の心に改善へのモチベーションが生まれます。


ゲーテ

決して人に欺かれるのではない。自分で己を欺くのである。


大橋博(教育者)

努力したら評価は後からついてくるものだ。でも、最初からお金を追いかけたらお金は逃げていく。だから、まずは努力することが大事なんだ。


ページの先頭へ