ハンナ・アーレントの名言

ハンナ・アーレントのプロフィール

ハンナ・アーレント。ドイツ出身の哲学者、思想家。マールブルク大学でハイデッガーに学ぶ。ユダヤ系のためナチスに強制収容所送りにされるも、第二次大戦を何とか生き延び、戦後は哲学と言論活動に励んだ。

ハンナ・アーレントの名言 一覧

1 / 11

共通感覚を奪われた人間とは、所詮、推理することの出来る、結果を計算することの出来る動物以上のものではない。

アンナ・アーレントの名言・格言|人間から共感を取ったらただの動物


働くことには、労働と仕事と活動の3つがある。「労働」とは人を消耗させる、できればしたくないもの。「仕事」とは、新しい価値をつくり出す創造的なこと。そして「活動」とは、社会に働きかけること。「仕事」と「活動」から人は充実感を得る。

ハンナ・アーレントの名言|「仕事」と「活動」から人は充実感を得る


ハンナ・アーレントの経歴・略歴

ハンナ・アーレント。ドイツ出身の哲学者、思想家。マールブルク大学でハイデッガーに学ぶ。ユダヤ系のためナチスに強制収容所送りにされるも、第二次大戦を何とか生き延び、戦後は哲学と言論活動に励んだ。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ