ハンナ・アーレントの名言

ハンナ・アーレントのプロフィール

ハンナ・アーレント。ドイツ出身の哲学者、思想家。マールブルク大学でハイデッガーに学ぶ。ユダヤ系のためナチスに強制収容所送りにされるも、第二次大戦を何とか生き延び、戦後は哲学と言論活動に励んだ。

ハンナ・アーレントの名言 一覧

共通感覚を奪われた人間とは、所詮、推理することの出来る、結果を計算することの出来る動物以上のものではない。


働くことには、労働と仕事と活動の3つがある。「労働」とは人を消耗させる、できればしたくないもの。「仕事」とは、新しい価値をつくり出す創造的なこと。そして「活動」とは、社会に働きかけること。「仕事」と「活動」から人は充実感を得る。


ハンナ・アーレントの経歴・略歴

ハンナ・アーレント。ドイツ出身の哲学者、思想家。マールブルク大学でハイデッガーに学ぶ。ユダヤ系のためナチスに強制収容所送りにされるも、第二次大戦を何とか生き延び、戦後は哲学と言論活動に励んだ。

他の記事も読んでみる

ヴォーヴナルグ

我々に「人から尊敬される価値がある」という自信がもっとあったなら、人々の尊敬を得ようという野心をそんなに持たないだろう。


山田昇(ヤマダ電機)

「創造と挑戦」は大事だけど、それだけじゃ駄目ですね。皆に感謝され、信頼されて、そして結果的に企業価値が高まって社会貢献できる。これができるようになれば、うちは永遠に安泰ですよ。


池田千恵

朝起きたらツイッターで起床報告をしています。一緒に四時起きを実践している「ヨジラー」の仲間たちと、「#4ji」というハッシュタグを使って毎朝起床報告をしあっています。通常、早起きは孤独なものですが、一緒に起きる仲間がいると、それがいい意味でのプレッシャーになって起きられるんです。ツイッターはズルズルやると時間の無駄ですが、時間を決めてやれば、早起きの習慣化に役立つツールだと思います。


後藤忠治

スポーツは結果がすべて。逃げたら終わりの厳しい世界。


松岡友子

広く使われることでいつしか市民権を得ていく言葉もありますが、ビジネスにおいては、本来の言葉の使い方をわかったうえで意識的に選んで使っていきたいものです。


山田進太郎

無理だと言われても、挑戦してみたら意外にできることもあります。世界で成功するコツをつかむまでは大変でしょうが、僕らは粘ってみせますよ。


大平浩二

間違いを犯さない人間はいません。そして企業を構成しているのは人間です。したがって、企業において間違いや失敗、ミスが起きるのは当然のことといえます。ですから、不祥事は「人災」であり、人間が存在する以上は、この世からなくならないということを踏まえて防止策を検討すべきである、というのが私の基本的な考えです。


木南陽介

やはり林業者さんにとっては、品質のいい製材(A材)を売りたいと思います。ですが、林業全体のパイが縮まっていく中で、今まで捨てていた木材を(バイオマス発電所用の)チップに加工することで、彼らの副収入につながるわけですね。そうすると、お互いを支え合う構造になりますから、非常に意義のあることだと思います。


安田隆夫

多事多難から学んだ最大の教訓は「社会と共に生きる企業でなければならない」ということ。


前田安正

ひと昔前なら、まずは商品の性能やスペックをアピールすることが最優先でした。しかし現在は、性能の良さだけをアピールしても、よほど他社との差が大きくない限り、消費者には響きません。消費者が買いたいと思うのは、「なぜ私たちの会社はこの商品を作るのか」という「Why」に共感したときです。「Why」に共感した人は、その会社のファンになります。そして、今の時代にビジネスで勝るのは、ファンを獲得した企業です。


和田裕美

センスが悪いお店も新規ビジネスの種。私は町を歩いていて、センスがよくないお店に出合っても、「なぜ、このお店が存在するのか」を考えます。お客さんが入っていたら、どうしてこのお店に惹かれたのか、客層などから分析を始めるんですね。女性からはセンスが悪く見えても、男性から見るとそういうほうが落ち着くとか、自分とは違う感覚を持った人をマーケティングするいいチャンスですよ。


竹中半兵衛

要害がいかように堅固であっても、人の心が一つでなければものの用をなさない。
【覚書き|要害=堅固な城塞。】


井筒和幸(映画監督)

捨てるものがないくらいの気持ちになれば、お金に頼ろうて思わへんよ。


浅野秀則

自分でアンテナを立てて、一歩先のトレンドを肌で感じていないと仕事はできないと思います。とくに今の時代でセンスを要求される仕事をしている人は、遊んでいないと絶対にダメ。いろいろな情報も得られますし、海外には行けるだけ行った方がいいですね。内定の決まった学生には、暇のある今のうちに借金してでも行って来いと勧めています。必ずしも一流でなくてもそういう場所を自分の目で見てくる。肌で触れておくことは大切なことだと思います。


吉田松陰

宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。天命であるからには、それは全て天に任せ、人は一途に人として踏み行うべき道を守りさえすればいい。


ページの先頭へ