名言DB

9419 人 / 110788 名言

ハンス-ポール・バークナーの名言

twitter Facebook はてブ

ハンス-ポール・バークナーのプロフィール

ハンス-ポール・バークナー。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)初のヨーロッパ出身のCEO。ドイツ・ルール大学で経済・経営・中国語を専攻。イェール大学大学院を経て、オックスフォード大学大学院で博士号を取得。コメルツバンクを経て、BCGに入社。ドイツのデュッセルドルフ、フランクフルト事務所の開設に携わる。その後、金融プラクティスのグローバルリーダーなどを経てCEOに就任。

ハンス-ポール・バークナーの名言 一覧

常に聞く耳を持つこと、目を開いていることが大事です。自分とは違う文化、風土から何を学び取ることができるか。自分のスタイル、流儀に固執すると、せっかくの学べる機会を失うことになります。


どの国の仕事であっても、最初の数年はまったくの投資期間だと割り切る感覚が企業には必要です。


どこの国であれ、企業の社員がその社会の一端を担うというレベルに到達するのは、ローカルに根ざさなければ無理な話です。現地の言語を話せるように努力し、4年、5年と時間をかけてその社会に物申せる人間になっていく。そこで初めて企業活動にも道が開けるのではないでしょうか。


海外勤務をする人には、日本人が集まる場所に住むのではなく、現地の人たちと積極的に交じり合って欲しい。その土地の社会に参加してもらいたい。「言うは易く、行うは難し」ではありますが、もう逃げることはできないと思った方がいい。


日本は新興国を理解できる人材を育てていくことが必要です。逆に新興国から人材に来てもらって、日本の文化や風土をよく知ってもらう。その両方が欠かせないでしょう。そして、両者でインターナショナルなチームをつくりあげていけばよいのです。


ハンス-ポール・バークナーの経歴・略歴

ハンス-ポール・バークナー。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)初のヨーロッパ出身のCEO。ドイツ・ルール大学で経済・経営・中国語を専攻。イェール大学大学院を経て、オックスフォード大学大学院で博士号を取得。コメルツバンクを経て、BCGに入社。ドイツのデュッセルドルフ、フランクフルト事務所の開設に携わる。その後、金融プラクティスのグローバルリーダーなどを経てCEOに就任。

他の記事も読んでみる

関根眞一

苦情・クレームに携わったきっかけは当時勤務していた百貨店でお客様相談室に配属されたこと。そこで自分の思い違いをガツンと思い知らされたのです。就任当初はクレーマーから社員や会社を守ろうと意気込んでいました。ところがクレーマーなんていなかった。というより店員の不誠実さに腹を立てているお客様が圧倒的に多く、未熟な対応者がクレーマーを作り出していたんです。本当に困っているのは訴えているお客様の方だとわかったのです。その日から私は困っている人の側に立とうと決めました。


下田進

50歳を過ぎてからはあまり仕事で悩まなくなりました。儲かるか儲からへんかや損得はあまり判断基準になりません。そのことが正しいか正しくないか、いいことか悪いことか。それを判断基準にしてから、お客様や社会、社員に対しても、物事を迷わずジャッジできるようになりました。その結果、お客様や社員の支持も得られて正々堂々と仕事ができるようになったのです。


永山嘉昭

「図や表を入れれば、説得できるだろう」と安易に図表を使っている人が多い。その図表は何のために何を伝えたいのか、明確にしなければ、図表こそ単にムダな情報を増やすだけのノイズになります。


サム・ウォルトン

記者がサム・ウォルトンに質問した。「なぜあなたはあんなにオンボロなピックアップトラックに乗っているのですか?あなたみたいなお金持ちだったら、ピカピカの高級車に乗れるじゃないですか。」するとサムウォルトンはにっこり笑って静かに答えた。「私はこの車が好きなんだよ」


小池百合子

チャンスは待っているだけでは来てくれません。自分で求めていく必要があります。それは自ら新しいステージを切り開いていくということです。


須藤和臣

新たな価値を生み出すプロジェクトエンジニアでありたい。今後も多様な企業とのコラボレーションを精力的に進めていきたい。


佐久間庸和(一条真也)

確かに経営においては数字も大切ですが、私が最も大切にしているのは『人間尊重』という考え方です。


遠藤功

大なり小なり人は思い通りにいかないことを体験し、逆境に晒される。壁にぶつかり、壁にはね返され、無力感に襲われ、打ちひしがれる。大事なのはそこからだ。


井川幸広

私たちの根幹となっているのは、22万4000人のプロフェッショナル人材ネットワークと2万社を超えるクライアントネットワークです。プロたちの知恵を引き出し、弊社子会社やクライアント企業と連携させることで製品やサービスを抽出、商品化に漕ぎ着けるのが我々の仕事になります。たとえば、ドローンを使って何かビジネスをするとしましょう。ドローン本体ならば中国製のものが溢れています。しかし問題は、ドローンを使って何をするかです。「特殊なセンサーや超音波装置をコンパクトにして取り付けることで、コンクリートの腐食状態が分かる」といった知見に関しては、それを研究している先生方の右に出る者はおりません。そうした知見を駆使した商品やサービスを作ることで、先生方には利益が入るし、新しいマーケットを創出することも出来るのです。


スティーブ・ジョブズ

いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ。