名言DB

9425 人 / 110833 名言

ハンス・ヴェストベリの名言

twitter Facebook はてブ

ハンス・ヴェストベリのプロフィール

ハンス・ヴェストベリ。スウェーデンの経営者。世界的通信インフラ機器メーカーのエリクソン・グループの社長兼CEO(経営最高責任者)。スウェーデン出身。同国のウプサラ大学経済学部卒業後、エリクソンに入社。中国、チリ、ブラジル、北アメリカ、メキシコなど世界各国の現地法人を回りキャリアを積む。その後、本社の社長兼CEOに就任した。スウェーデン・ハンドボール協会会長なども務めた経営者。

ハンス・ヴェストベリの名言 一覧

ネットワークの可能性に限界はありません。想像力の限界が、可能性の限界ではないかと思うほどです。


従業員を率いるリーダーの役割も大きいのです。私たちはリーダー育成のために相当な投資を行い、育成手法を進化させてきました。また、国籍や性別、経験やスキルなどの多様性を高めることにも注意しています。


ネットワーク社会には未来があり、人々の幸福に貢献するチャンスがあります。そのような産業に身を置くことで、人々はワクワクした気持ちになれます。これは、エリクソンの人材戦略において大きな意味を持っています。


変化の波を乗り切るために、私たちは現在の技術だけでなく、次の技術にもフォーカスしています。年間の研究開発投資は約30億ユーロに達しており、研究開発に妥協はありません。また、顧客第一の姿勢も大切にしています。お客様の声に注意深く耳を傾け、10万人近い従業員がお客様のニーズを満たすことを目標に一丸となって日々の仕事に取り組んでいます。


エリクソンは1876年にスウェーデンで創業しました。「コミュニケーションは人間の基本的な欲求である」という創業者の確信は、現在にも引き継がれています。この先見性の高さが会社成長のひとつの要因と言えるでしょう。


ハンス・ヴェストベリの経歴・略歴

ハンス・ヴェストベリ。スウェーデンの経営者。世界的通信インフラ機器メーカーのエリクソン・グループの社長兼CEO(経営最高責任者)。スウェーデン出身。同国のウプサラ大学経済学部卒業後、エリクソンに入社。中国、チリ、ブラジル、北アメリカ、メキシコなど世界各国の現地法人を回りキャリアを積む。その後、本社の社長兼CEOに就任した。スウェーデン・ハンドボール協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

塩野七生

歴史というのはそもそも面白いものなんですよ。お勉強するつもりで読んでは絶対ダメ。それなら「歴史早分かり」といったものを読んだらいい。


渋沢健(渋澤健)

「そんなこと起こるはずない」という思考停止に陥ることはリスクをかえって高める。万一に備えた心構えが必要になる。


村上太一

成功報酬型の求人サイトというアイデアは高校時代に考えついたんです。アルバイトをしようと思って、求人サイトで自分の最寄り駅のアルバイト情報を検索しても出てこない。なぜだろうと調べたら、求人サイトに求人情報を出すには掲載料が必要ということに気づいたんです。応募がなければ無駄になる可能性もあるなら、お金がない店は求人を出しませんよね。ならば成功報酬にすれば、利用者はいるのでは?と思ったわけです。


百武資薫

富裕層の多くは、資産を今以上に増やしたいという欲求より、むしろ減らしたくないという心情のほうが、実は強いと思います。また「金は高きに流れる」と言いますが、情報も同様で、お金儲けの話ならば何もしなくても多彩な情報が彼らのもとに集まります。なかには詐欺や違法なものも含め怪しい情報も少なくないので、富裕層の関心は、いかにしてそれらに惑わされることなく資産を守るかにあります


小山田隆(銀行家)

やってみなければ分からないことが多いなら、まずやってみよう。


松下信武

カウンセリングの領域では「クライアントは重要な問題を隠していて、表面的には別の問題を持ってくることが多い」と言われています。顧客へのインタビューでは、本当の課題を隠すというよりは、潜在的な問題に気づいていてもそれを意識化できていないことが多い。そのため、カウンセリングをもとにしたインタビュー技法が有効になります。


中村天風

事の如何を問わず、たとえ、本当に心配することを心配した場合でも、心配しなくてもいいことを心配した場合でも、結果は同じなんです。すなわち、取り越し苦労をすればするほど、その心の消極的反映が即座に運命や健康のうえにまざまざと悪い結果となってあらわれる。ですから、積極的精神を堅持して、自己の生命を本当に理想的に完全に確保していこうと思う者は、取り越し苦労は断然やめなければいけないのです。


石黒不二代

TODOリストの情報にプライオリティはつけますが、仕事とプライベートの区別はしていません。仕事のほうが大事だからと私用のやるべきことを疎かにしていたら、日常生活がうまくいかなくなってストレスがたまり、結局、仕事にも影響が出てしまうと考えるからです。


冨田哲郎

フランスの地下鉄は、既に無人運転を実現しています。さすがに日本で完全な無人運転ができるかどうかは分かりません。一方で、そういうことができている国もあるんですから、我々ももっと目を開いて、素直に外の世界を知るべきでしょう。


村上太一

社は「あたりまえを発明しよう」というビジョンをかかげています。たとえば、いまでこそ宅配便はあたりまえのサービスですが、クロネコヤマトが宅急便をやるまでは、存在しなかった。そういうものをつくって、多くの人に使われれば、社員の誰もが喜びを感じられるはずです。それが社員のモチベーションの源泉になればいいのかなと。