名言DB

9419 人 / 110788 名言

ハンス・ヴェストベリの名言

twitter Facebook はてブ

ハンス・ヴェストベリのプロフィール

ハンス・ヴェストベリ。スウェーデンの経営者。世界的通信インフラ機器メーカーのエリクソン・グループの社長兼CEO(経営最高責任者)。スウェーデン出身。同国のウプサラ大学経済学部卒業後、エリクソンに入社。中国、チリ、ブラジル、北アメリカ、メキシコなど世界各国の現地法人を回りキャリアを積む。その後、本社の社長兼CEOに就任した。スウェーデン・ハンドボール協会会長なども務めた経営者。

ハンス・ヴェストベリの名言 一覧

ネットワークの可能性に限界はありません。想像力の限界が、可能性の限界ではないかと思うほどです。


従業員を率いるリーダーの役割も大きいのです。私たちはリーダー育成のために相当な投資を行い、育成手法を進化させてきました。また、国籍や性別、経験やスキルなどの多様性を高めることにも注意しています。


ネットワーク社会には未来があり、人々の幸福に貢献するチャンスがあります。そのような産業に身を置くことで、人々はワクワクした気持ちになれます。これは、エリクソンの人材戦略において大きな意味を持っています。


変化の波を乗り切るために、私たちは現在の技術だけでなく、次の技術にもフォーカスしています。年間の研究開発投資は約30億ユーロに達しており、研究開発に妥協はありません。また、顧客第一の姿勢も大切にしています。お客様の声に注意深く耳を傾け、10万人近い従業員がお客様のニーズを満たすことを目標に一丸となって日々の仕事に取り組んでいます。


エリクソンは1876年にスウェーデンで創業しました。「コミュニケーションは人間の基本的な欲求である」という創業者の確信は、現在にも引き継がれています。この先見性の高さが会社成長のひとつの要因と言えるでしょう。


ハンス・ヴェストベリの経歴・略歴

ハンス・ヴェストベリ。スウェーデンの経営者。世界的通信インフラ機器メーカーのエリクソン・グループの社長兼CEO(経営最高責任者)。スウェーデン出身。同国のウプサラ大学経済学部卒業後、エリクソンに入社。中国、チリ、ブラジル、北アメリカ、メキシコなど世界各国の現地法人を回りキャリアを積む。その後、本社の社長兼CEOに就任した。スウェーデン・ハンドボール協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

青木擴憲

「ファッション事業」、カラオケと複合カフェを運営している「エンターテイメント事業」、結婚式場を運営している「ブライダル事業」。この3つの事業によるポートフォリオ経営をしています。共通点は「接客力」と「チェーンストア経営」です。接客におけるサービス精神と、チェーンストアのノウハウを生かした経営という点は共通です。


ケリー・マクゴニガル

私は、物事をやり遂げるうえで邪魔になる「自分の癖」を受け入れ、利用しています。例えば、私は夜型の人間なので、刺に大事な仕事をこなそうとするのをやめる必要がありました。朝は、運動や瞑想でリラックスしたり、雑用を済ませることに費やします。夜型の私は夕方以降に高い集中力とエネルギーを発揮できることが分かり、一日の遅い時間に仕事を始めても構わないということも学びました。


安藤宏基

マーケティングは、いわばアートですよ。論理構成は立てるけど、消費者のメンタルモデルは違う。一人一人の心は矛盾だらけなので、いくら社会心理学的に分析しても詳細までは把握できません。例えば中核の商品は縮小傾向でも、カップヌードルごはんなど部分的には拡大しているものもある。あとは勘所ですな。カップ麺から袋麺に需要がシフトしているといった動きは、肌感覚で分かります。


カルロス・ブリト

従業員にいかに大きな夢を見せられるかが重要だ。


伊與田覺

道徳の「道」とはルールのこと。私たちが人として生きるには、まずルールを知らなくてはなりません。しかし、知るだけでは何の役にも立たない。それが徳にならなければいけません。では徳とは何か。素直な心を持って「人の道」を実践すること。それができたとき、「道徳」になるのです。


上川隆也

オリンピックは見ないし、ワールドカップなんかも、僕は見ません。それは興味がないからですよ(笑)。変人? うーん、どうなんでしょう……。ただ、いくら変人扱いされても、芝居以外に心を傾けるものがないというか、芝居をやらせていただいているだけで、相当な部分で満足できてしまうんですよ。だから、ほかのことは「もう、いいや」って。


齋藤孝(教育学者)

互いに不機嫌になる材料を持ち寄っても、清々しい問題解決への道は開けません。表面を取り繕ってでも、笑顔で冷静な話し合いをすることで、ようやく問題解決への糸口が見えてくる。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

若い時というのは、たいていは不遇ですよね。仕事の質、量、環境、クライアント、報酬などに不満があるからこそ、むしろ、力が湧いてくるとも言えるのではないのかな。


和地孝

人間を評価することはそんなに簡単なものではありません。私は「アソシエイト経営」と言っていますが、社員一人一人がアソシエイトとして「自立」と「自律」をもって、マネジメントの主役になってください。そして、社員同士が議論しあうことで、新しい価値を生み出していきましょうということです。【覚書き:アソシエイト=仲間。外資系企業では役職なしの基幹業務に従事する従業員のこと】


松岡正剛

松丸本舗ではクリスマスや正月に「ブックギフト」を提案しました。私はもちろん歌手の美輪明宏さんや格闘家の前田日明さん、女優の山口智子さんなどがセレクトした本を何冊か選び、福袋にした。いうまでもなく本は再販制度があり定価販売が原則。つまりセットにしても割引できません。そこで僕は本と共に彼等が選んだ食器や色紙や雑貨を同封した。山本耀司などは、このギフトのためにストールをデザインしてくれました。こうして定価の本の福袋に新たな付加価値がついた。一週間程度で全て完売しました。「本が売れない」「出版不況だ」。よく言われますが、そんなもの書店や出版社が「考えてこなかった」結果ですよ。