名言DB

9412 人 / 110637 名言

ハンス・アンダーソンの名言

twitter Facebook はてブ

ハンス・アンダーソンのプロフィール

ハンス・アンダーソン。スウェーデン出身の経営者。スウェーデンのアパレルメーカーのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の外国法人の社長を歴任し、同社の躍進に貢献した経営者。スウェーデンで2番目に古い歴史を持つルンド大学卒業後、海運会社を経てH&Mに入社。同社のスウェーデン法人社長、ドイツ法人社長、韓国法人社長などを務めた。ドイツ法人社長時代は、12年間指揮をとり、店舗数を5倍に拡大し、同社最大の市場に育てた。

ハンス・アンダーソンの名言 一覧

H&Mの考え方の根底にあるのは、「スタッフの失敗を許容する」ことです。スタッフの積極的なチャレンジなしに、会社が進化することはありません。しかし、チャレンジには失敗がつきものです。その失敗を咎めていては、スタッフは怖くてチャレンジできません。そこで、リーダーは「失敗してもいい」ということをスタッフにしっかり伝える必要があります。


私よりも現場で働いているスタッフの方が、正しい答えを持っている可能性が高いのです。私自身が何でもわかっていると思ったら大間違いだと思っています。現場の意見をどんどん吸い上げることが、H&M全体の繁栄につながるわけです。


好調なときほど浮かれずに、改善を要求する。それもまた、マネジャーの役割だと思います。


先日、ある店舗でこんなことがありました。二か所の陳列ディスプレイのうち、片方は素晴らしいのに、片方の出来が悪かった。そこで店長とディスプレイ担当のスタッフを呼んだのですが、「こう直しなさい」とは言わずに、ふたつのディスプレイについての感想を聞きました。すると二人は「片方はあまり良くない」と気づきました。「ではどのように直したらよいと思う?」と尋ねると、優れた改善策を聞くことができました。


部下が失敗したとき、勇気づけたうえで、今後の改善策を話し合うことは必要でしょう。ただし、そのときは私から「こう直したほうがいい」とは言いません。部下に改善策を話してもらい、私は聞き役に徹します。


仕事のミスはサッカーのPKのミスのようなものだと思います。PKを失敗した選手は、本人が一番傷ついているし、何が悪かったのか一番よくわかっています。その失敗を責めたてたところで、いいことはありません。それより、「次は期待しているよ」と勇気づける言葉を投げかける方がいい。


場合によっては、私も厳しい言葉を投げかけます。たとえば、店が好調なときです。日本でも銀座店や原宿店ができたとき、毎日、開店前から長蛇の列ができました。スタッフは喜んでいましたが、そのとき私は「1年もたてば、行列はなくなる。いまからそのときのことを考えるべきだ」と言いました。


何度も連続して大失敗をしたら、話は別かもしれませんが、1回の大失敗で責められることはありません。これはアーリン(創業者のアーリン・パーション)が社長だった時代、腕利きのバイヤーが仕入れたニットがまったく売れずに、多額の損失を出したことがありました。さすがにバイヤー本人はクビを覚悟していたのですが、アーリンから呼び出される気配はない。とことが、忘れたころに突然呼び出しがかかったそうです。アーリンは責めるわけでもなく「次のシーズンは何が来ると思う?」と尋ねたそうです。そして、ひと通り話したあと「あのニットが売れていたら、きっと大きな利益を生んだに違いない。私はそれを理解している」と言いました。


失敗を許す姿勢をはっきり示すことは、どんなリーダーにも必要だと思います。私は、「もし、今年、10のアクションを起こして、2つ失敗したとしよう。それなら、来年はその失敗を活かして、20のアクションを起こし、かつ失敗を3つに留めなさい」と言っています。


私がスウェーデン法人社長になって1年が過ぎたころ、当時の上司だったステファン(のちの同社会長)から言われました。「あなたはH&Mで最も大きい市場のマネジャーだ。だから、もっと勇敢で大胆でなければいけない。最低でも年間5つ~6つ、大きな失敗がないと、勇気をもって働いているとは言えない。テニスで仮に相手が打ったボールがラインから外れそうでも、果敢に打って出るべきだ。その結果、自分が打った球がラインから外れても、私は支持する」。これを聞き、私は心強さを感じ、チャレンジする意欲を持ちました。


私の力など微々たるものです。幸い、私は創業者のアーリン・パーションに始まり、二代目で現会長のステファン、三代目で現CEOのカール・ヨハンと、創業家三代と仕事をする立場に恵まれ、彼らから多くのことを学びました。リーダーについての考え方も、彼らから非常に大きな影響を受けています。


ハンス・アンダーソンの経歴・略歴

ハンス・アンダーソン。スウェーデン出身の経営者。スウェーデンのアパレルメーカーのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の外国法人の社長を歴任し、同社の躍進に貢献した経営者。スウェーデンで2番目に古い歴史を持つルンド大学卒業後、海運会社を経てH&Mに入社。同社のスウェーデン法人社長、ドイツ法人社長、韓国法人社長などを務めた。ドイツ法人社長時代は、12年間指揮をとり、店舗数を5倍に拡大し、同社最大の市場に育てた。

他の記事も読んでみる

羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

時代ごとに必要なビジネススキルは変わっても、経営理念の「挑み続ける」姿勢は変わらない。うちには体育会系の営業社員、技術系の社員、海外で働く社員もいる。その多様性を受け入れつつ会社として一本筋を通すために、社員の価値観の共有により多くの時間を割いている。


小池百合子

基本的に、他人は自分を助けてくれません。もちろん、助け合いの心はあります。でもいざとなったときは助けてくれないものと思って、自分の力を確立する方が重要です。


大前研一

私のコンサルティングの基本は「自分が社長だったらどうするか」である。現場に足しげく通って綿密なフィールドインタビューを繰り返し、経営トップが知りえないような情報をかき集めて、問題点の背景にある原因のさらにまたその原因や課題を炎り出していく。そして自分が経営トップならどう対処するかを客観的に判断して、具体的でわかりやすい提言をひとつにまとめていく。そうやって経営者にアドバイスすれば、私も経営者もお互い悔いが残らない。結果として、そのアドバイスが間違っていたとしても、「あなたは本当に私のために、私に代わっていろいろ考えてくれた。私もそれに基づいて決断した」と相手側も納得してくれるからだ。


水木しげる

私は「奇人は貴人」だと考えているから、漫画にも大勢の奇人変人を描いています。こうした人たちには、好奇心の塊のような、我が道を狂信的なまでに追求している人が多い。つまり、誰が何と言おうと、強い気持ちで、我がままに自分の楽しみを追い求めているのです。だから幸せなのです。さあ、あなたも奇人変人になりなさい。


堀内伸浩

独立前に「うまくいかなかったらどうしよう」と不安を抱える人もいます。が、「どうしよう」ではなく、「こうしよう」という具体的な対処法を考えれば、不安も解消できます。


橋本孝之

仕事のスキルは勉強した時間に比例して直線状に上がっていくものではないと考えています。勉強を継続していると、ある日突然グッと抜け出してステップが上がるのです。


箱田忠昭

人に話したり、手帳や手紙に書いた瞬間に夢は目標になります。公言することで自分にプレッシャーをかける。結果的に達成する可能性は高まります。


芳川裕誠

ふとしたきっかけから出会った人と、思いもかけない「化学反応」を起こすこともある。多くの仲間と出会えた幸運も、黙々と机にへばりついているだけでは、つかめなかったでしょう。


柳澤裕之

特別なエクササイズをしなくても、目的の駅の1駅前で降りて歩くなど、日常の運動量を増やすだけで、運動不足や疲れやすさは改善します。


永守重信

リスクに見舞われたときこそ、経営者は前を見ないといけない。大局観を失わず、恐れずに動くべきだろう。


田中通泰

閉塞感を打ち破るためにも、人材の多様性が重要。


石黒和義

人生100年時代を迎えて、経営者自身もやはり個人として自分の生き方を考える時が来たのではないか。今は元気あふれる経営者は沢山いますよ。ですが、いずれは後輩に譲らざるを得ないわけです。そうなった時に、もうそろそろ一人にさせてくれ。隠居させてくれなんて言わないでほしい。お世話になった社会のため、あるいは子々孫々のために、新しい世界でもってこれからも社会を支える側に回ってほしいと。それがひいては自分のためでもあるんです。


武藤清栄

対人関係の緊張の多くは、自分が相手にどう映るか不安に思ったり、相手の反応を怖がったり、うまく話せなかった過去の記憶を引きずっている場合がほとんどです。不安を抱えたままではうまく話せないので、まずは深呼吸したり、肩の力を抜いたりして、緊張をほぐすことが大切です。緊張さえしなければ、しゃべりの8割は上手くいきます。


澤田秀雄

すべてが一朝一夕にうまくいったわけではありません。速く動いてくれる社員もいれば、時間がかかる社員もいます。でも小さな一歩を積み重ねて、それを広げていくしかないでしょう。


村上春樹

翻訳をしていて一番難しいのは、英語のリズムをアレンジして日本語のリズムに変えなければいけないところです。リズムがないと人は文章を読めませんから。一番ダメな翻訳は、読んでいるうちにわからなくなってしまって、何回も前に戻って読み直さなければならないものでしょう。そういう意味でもやっぱり文章の命はリズムですから、話をとんとんと進めていった方がいいんじゃないのかな。