名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ハンス・アンダーソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハンス・アンダーソンのプロフィール

ハンス・アンダーソン。スウェーデン出身の経営者。スウェーデンのアパレルメーカーのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の外国法人の社長を歴任し、同社の躍進に貢献した経営者。スウェーデンで2番目に古い歴史を持つルンド大学卒業後、海運会社を経てH&Mに入社。同社のスウェーデン法人社長、ドイツ法人社長、韓国法人社長などを務めた。ドイツ法人社長時代は、12年間指揮をとり、店舗数を5倍に拡大し、同社最大の市場に育てた。

ハンス・アンダーソンの名言 一覧

H&Mの考え方の根底にあるのは、「スタッフの失敗を許容する」ことです。スタッフの積極的なチャレンジなしに、会社が進化することはありません。しかし、チャレンジには失敗がつきものです。その失敗を咎めていては、スタッフは怖くてチャレンジできません。そこで、リーダーは「失敗してもいい」ということをスタッフにしっかり伝える必要があります。


私よりも現場で働いているスタッフの方が、正しい答えを持っている可能性が高いのです。私自身が何でもわかっていると思ったら大間違いだと思っています。現場の意見をどんどん吸い上げることが、H&M全体の繁栄につながるわけです。


好調なときほど浮かれずに、改善を要求する。それもまた、マネジャーの役割だと思います。


先日、ある店舗でこんなことがありました。二か所の陳列ディスプレイのうち、片方は素晴らしいのに、片方の出来が悪かった。そこで店長とディスプレイ担当のスタッフを呼んだのですが、「こう直しなさい」とは言わずに、ふたつのディスプレイについての感想を聞きました。すると二人は「片方はあまり良くない」と気づきました。「ではどのように直したらよいと思う?」と尋ねると、優れた改善策を聞くことができました。


部下が失敗したとき、勇気づけたうえで、今後の改善策を話し合うことは必要でしょう。ただし、そのときは私から「こう直したほうがいい」とは言いません。部下に改善策を話してもらい、私は聞き役に徹します。


仕事のミスはサッカーのPKのミスのようなものだと思います。PKを失敗した選手は、本人が一番傷ついているし、何が悪かったのか一番よくわかっています。その失敗を責めたてたところで、いいことはありません。それより、「次は期待しているよ」と勇気づける言葉を投げかける方がいい。


場合によっては、私も厳しい言葉を投げかけます。たとえば、店が好調なときです。日本でも銀座店や原宿店ができたとき、毎日、開店前から長蛇の列ができました。スタッフは喜んでいましたが、そのとき私は「1年もたてば、行列はなくなる。いまからそのときのことを考えるべきだ」と言いました。


何度も連続して大失敗をしたら、話は別かもしれませんが、1回の大失敗で責められることはありません。これはアーリン(創業者のアーリン・パーション)が社長だった時代、腕利きのバイヤーが仕入れたニットがまったく売れずに、多額の損失を出したことがありました。さすがにバイヤー本人はクビを覚悟していたのですが、アーリンから呼び出される気配はない。とことが、忘れたころに突然呼び出しがかかったそうです。アーリンは責めるわけでもなく「次のシーズンは何が来ると思う?」と尋ねたそうです。そして、ひと通り話したあと「あのニットが売れていたら、きっと大きな利益を生んだに違いない。私はそれを理解している」と言いました。


失敗を許す姿勢をはっきり示すことは、どんなリーダーにも必要だと思います。私は、「もし、今年、10のアクションを起こして、2つ失敗したとしよう。それなら、来年はその失敗を活かして、20のアクションを起こし、かつ失敗を3つに留めなさい」と言っています。


私がスウェーデン法人社長になって1年が過ぎたころ、当時の上司だったステファン(のちの同社会長)から言われました。「あなたはH&Mで最も大きい市場のマネジャーだ。だから、もっと勇敢で大胆でなければいけない。最低でも年間5つ~6つ、大きな失敗がないと、勇気をもって働いているとは言えない。テニスで仮に相手が打ったボールがラインから外れそうでも、果敢に打って出るべきだ。その結果、自分が打った球がラインから外れても、私は支持する」。これを聞き、私は心強さを感じ、チャレンジする意欲を持ちました。


私の力など微々たるものです。幸い、私は創業者のアーリン・パーションに始まり、二代目で現会長のステファン、三代目で現CEOのカール・ヨハンと、創業家三代と仕事をする立場に恵まれ、彼らから多くのことを学びました。リーダーについての考え方も、彼らから非常に大きな影響を受けています。


ハンス・アンダーソンの経歴・略歴

ハンス・アンダーソン。スウェーデン出身の経営者。スウェーデンのアパレルメーカーのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の外国法人の社長を歴任し、同社の躍進に貢献した経営者。スウェーデンで2番目に古い歴史を持つルンド大学卒業後、海運会社を経てH&Mに入社。同社のスウェーデン法人社長、ドイツ法人社長、韓国法人社長などを務めた。ドイツ法人社長時代は、12年間指揮をとり、店舗数を5倍に拡大し、同社最大の市場に育てた。

他の記事も読んでみる

川西修

海外に関しては別の考え方を持っています。国内でも現在は米そのものよりごはん商品への移行が加速しています。既に2割の消費者はご飯は「炊く」のではなくすぐ食べられるレトルトを購入するほうに移行しています。レトルトは簡単、便利に加え、今やおいしい、安心安全と消費者が求めるすべてのニーズを満たす商品に成長しました。要は「お米」から「ご飯」の時代に突入したということです。炊くことから遠ざかってしまうと、なかなか、元には戻れませんからレトルトの取り扱いが、さらに増加することは避けられませんね。海外にも同じことが言えますから、加工した商品を輸出する方向性でとらえています。設備投資も精米工場から加工工場にシフトしていくことになりますね。


田中健介(経営者)

一強を目指す志と情熱が無い限り、サバイバルも難しい。


守島基博

育成や成長を促す経験は、それが本人のいまの能力より少し高いレベルの経験でない限り、成長を促すことはないし、また、適切な時期に与えないと、チャレンジとして大きすぎたり、周りが過度のリスク感を持つと、中にいる人は委縮して経験から学ぶことができなくなる。


ひろゆき(西村博之)

僕が多少企画屋として成り立っているのは、ほかにやる人がいないからだと思うんです。僕は朝起きられないほど、ほかの能力があまりに低いから企画屋になったのですが。


森下裕道

ハッピーワード(褒め言葉、ねぎらい、感謝の言葉)は、たとえネガティブな状況であっても使うことができます。たとえば、部下が会議の遅れてやってきた際に、「時間を守れよ!」と注意することは簡単ですが、部下は「そんなことわかってますよ!僕だって忙しいんです!」と内心反発を覚えるはずです。そういう場合こそ、「忙しいのによく来てくれたね」とねぎらいの声をかけてください。部下は「次からは時間を守らなくては」と思うはずです。


ジャック・ウェルチ

ボスとして最高なのは、自分より賢くクリエイティブ、あるいはどこかしらあなたよりも優秀な社員を持つことだ。それはもう、宝くじに当たったような気分だ。突然みんなの業績を引き上げ、評判を良くしてくれる有能なメンバーを手に入れたのだから。当然あなたの業績と評判もそれにつれて上がる。


進藤晶弘

心をこめてやれば、ごく小さな仕事でも光り輝きます。


及川智正

農業もちゃんと自分でマーケットに営業していって、お客様の要望に応えたものを提供できれば、「ありがとう」と言ってもらえる。私がしたかったのはキュウリ農家で儲けることではなく、農業の仕組みを変えること。もしかしたら、和歌山県の美浜町から日本の農業を変えられるかもしれないと思った。


弘兼憲史

細かすぎる人生プランは立てないほうがよい。外れたときに修正するのにストレスがかかりますから。人に迷惑をかけなければいい加減に生きたほうがいい。なるようになる。それくらいの心持ちでいてください。


村田昭治

社会に喜ばれる仕事を続けてゴーイングコンサーンとしての体制を維持している企業は、その骨法を身につけて、常に練磨を怠らないように思う。その強さを生み出しているのは、活気にあふれた社内コミュニケーションと、旺盛な学ぶ心の相互刺激だ。


森田敏宏

集中力を維持するには体力も必要。ジョギングや筋トレなどの習慣を生活に取り入れよう。運動すること自体が脳を活性化させる。


松田公太

タリーズ1号店を作るために、生まれてはじめて7000万円もの大金を借りた。私は借用書に印鑑を捺す前に、自宅近くのコンビニをまわった。そしてアルバイトの募集状況と自給を調べ、1日15時間働けば、30年程度で借金を返済できることを確認した。別に失敗したからといって、命まで取られるわけではない。あとは自分の力を信じて、挑戦し、最後まで諦めないことだ。