名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ハンス・アンダーソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハンス・アンダーソンのプロフィール

ハンス・アンダーソン。スウェーデン出身の経営者。スウェーデンのアパレルメーカーのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の外国法人の社長を歴任し、同社の躍進に貢献した経営者。スウェーデンで2番目に古い歴史を持つルンド大学卒業後、海運会社を経てH&Mに入社。同社のスウェーデン法人社長、ドイツ法人社長、韓国法人社長などを務めた。ドイツ法人社長時代は、12年間指揮をとり、店舗数を5倍に拡大し、同社最大の市場に育てた。

ハンス・アンダーソンの名言 一覧

H&Mの考え方の根底にあるのは、「スタッフの失敗を許容する」ことです。スタッフの積極的なチャレンジなしに、会社が進化することはありません。しかし、チャレンジには失敗がつきものです。その失敗を咎めていては、スタッフは怖くてチャレンジできません。そこで、リーダーは「失敗してもいい」ということをスタッフにしっかり伝える必要があります。


私よりも現場で働いているスタッフの方が、正しい答えを持っている可能性が高いのです。私自身が何でもわかっていると思ったら大間違いだと思っています。現場の意見をどんどん吸い上げることが、H&M全体の繁栄につながるわけです。


好調なときほど浮かれずに、改善を要求する。それもまた、マネジャーの役割だと思います。


先日、ある店舗でこんなことがありました。二か所の陳列ディスプレイのうち、片方は素晴らしいのに、片方の出来が悪かった。そこで店長とディスプレイ担当のスタッフを呼んだのですが、「こう直しなさい」とは言わずに、ふたつのディスプレイについての感想を聞きました。すると二人は「片方はあまり良くない」と気づきました。「ではどのように直したらよいと思う?」と尋ねると、優れた改善策を聞くことができました。


部下が失敗したとき、勇気づけたうえで、今後の改善策を話し合うことは必要でしょう。ただし、そのときは私から「こう直したほうがいい」とは言いません。部下に改善策を話してもらい、私は聞き役に徹します。


仕事のミスはサッカーのPKのミスのようなものだと思います。PKを失敗した選手は、本人が一番傷ついているし、何が悪かったのか一番よくわかっています。その失敗を責めたてたところで、いいことはありません。それより、「次は期待しているよ」と勇気づける言葉を投げかける方がいい。


場合によっては、私も厳しい言葉を投げかけます。たとえば、店が好調なときです。日本でも銀座店や原宿店ができたとき、毎日、開店前から長蛇の列ができました。スタッフは喜んでいましたが、そのとき私は「1年もたてば、行列はなくなる。いまからそのときのことを考えるべきだ」と言いました。


何度も連続して大失敗をしたら、話は別かもしれませんが、1回の大失敗で責められることはありません。これはアーリン(創業者のアーリン・パーション)が社長だった時代、腕利きのバイヤーが仕入れたニットがまったく売れずに、多額の損失を出したことがありました。さすがにバイヤー本人はクビを覚悟していたのですが、アーリンから呼び出される気配はない。とことが、忘れたころに突然呼び出しがかかったそうです。アーリンは責めるわけでもなく「次のシーズンは何が来ると思う?」と尋ねたそうです。そして、ひと通り話したあと「あのニットが売れていたら、きっと大きな利益を生んだに違いない。私はそれを理解している」と言いました。


失敗を許す姿勢をはっきり示すことは、どんなリーダーにも必要だと思います。私は、「もし、今年、10のアクションを起こして、2つ失敗したとしよう。それなら、来年はその失敗を活かして、20のアクションを起こし、かつ失敗を3つに留めなさい」と言っています。


私がスウェーデン法人社長になって1年が過ぎたころ、当時の上司だったステファン(のちの同社会長)から言われました。「あなたはH&Mで最も大きい市場のマネジャーだ。だから、もっと勇敢で大胆でなければいけない。最低でも年間5つ~6つ、大きな失敗がないと、勇気をもって働いているとは言えない。テニスで仮に相手が打ったボールがラインから外れそうでも、果敢に打って出るべきだ。その結果、自分が打った球がラインから外れても、私は支持する」。これを聞き、私は心強さを感じ、チャレンジする意欲を持ちました。


私の力など微々たるものです。幸い、私は創業者のアーリン・パーションに始まり、二代目で現会長のステファン、三代目で現CEOのカール・ヨハンと、創業家三代と仕事をする立場に恵まれ、彼らから多くのことを学びました。リーダーについての考え方も、彼らから非常に大きな影響を受けています。


ハンス・アンダーソンの経歴・略歴

ハンス・アンダーソン。スウェーデン出身の経営者。スウェーデンのアパレルメーカーのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の外国法人の社長を歴任し、同社の躍進に貢献した経営者。スウェーデンで2番目に古い歴史を持つルンド大学卒業後、海運会社を経てH&Mに入社。同社のスウェーデン法人社長、ドイツ法人社長、韓国法人社長などを務めた。ドイツ法人社長時代は、12年間指揮をとり、店舗数を5倍に拡大し、同社最大の市場に育てた。

他の記事も読んでみる

漆紫穂子

学校では10教科ほどの成績だけで評価されがちですから、成績がパッとしないとなんとなく自信を失ってしまいます。ですが、大人になれば評価の軸はもっと多くなって、学校では評価されない才能でも、社会では評価されることも出てきます。


植西聰

何か人の役に立つことをすることをお勧めします。ボランティア活動に勤しむのもいいですし、家族や友人の手助けをするだけでも十分です。人に「ありがとう」といわれる回数を増やすよう、意識してみましょう。感謝されることは、強い自己肯定感をもたらします。「頑張って当たり前」の仕事の世界では、その機会は多くはありません。そんななかでの「ありがとう」は、大きな癒しとなります。


程近智

上司が外国人になることもあれば、部下が外国人になることもある。こういう風土の中にいると、グローバル感は当たり前のものになる。


佐々木常夫

人は自分の成長を実感したとき、大きな幸せを感じることができる。


斎藤英明(経営者)

私は5年前に社長になりましたが、最初は社長のふりをしました。今まで見てきた社長の中には「すごいな」と思った人も、「こういうことをやってはいけないな」と思った人もいます。それらを思い出しながら、社長のふりをしていました。ふりを続けていればいつかは本物になると思います。


藤田寛之

自分の場合は、目の前の目標をひとつひとつクリアすることを心がけています。一勝、一勝の積み重ねが、結果として賞金王となり、海外メジャーへとつながっていく。あまり遠くを見てしまうと、漠然としたイメージしか描けなくて、「今やるべきこと」が分からなくなってしまうんです。


岡藤正広

人間、暗い場所、すなわち慣れ親しんだ場所に長く居続けたらいけません。暗い場所は居心地がいいから、なんとなく安心できちゃう。「もうここでええか」なんてね。けれど、それでは成長できません。


黒川光博

出来上がった製品は必ず、作った社員たち自身が毎日、順番で試食します。それもお客様が召し上がるシチュエーションを考えて、午後3時に、漆の皿に載せ黒文字(和菓子用爪楊枝)を使って、1つの和菓子を食べます。お客様が和菓子を召し上がることの多い時間帯に、同じように椅子に座り、1つ食べきることこそが試食だという方針からです。時に、朝作った製品は時間がたつとボソボソしてしまうとか、黒文字では食べにくいといったことが分かります。自分たちでは「ちょうどいいサイズ」と思っていたけれど、実際に1個食べてみると「大きすぎる」とか「甘さが強すぎる」と感じることもあります。試食の際の意見をフィードバックし、改良の糧にしています。


古森重隆

改革は素早く、大胆にやる。危機時の構造改革は、この改革のスケールやテンポといったダイナミズムを経営者が理解できるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。


村井史郎

人種や国籍が違おうが、名画を見ていいというのは共通なわけですね。普遍の価値というもんはあるんです。私もいろんな事業に手を出しましたが、人間関係さえ作れるのならば、あとは何をしても同じやと思うんですね。


佐藤優

ケンカする際に大事なのは嘘をつかないこと。嘘をついたことが明らかになると、一気に不利になります。外交の世界では嘘をつかない範囲で相手の話をけむに巻く、ごまかしたりするテクニックが用いられます。


滝澤光樹

お客様のニーズやリクエストに基づいた提案だけでは、その期待に十分に応えたとは言えません。当社が目指すのは、さらにお客様のニーズを先回りした提案や新しい事業です。