ハワード・ヒューズの名言

ハワード・ヒューズのプロフィール

ハワード・ヒューズ、米国の実業家、映画製作者、飛行家、大富豪。父から引き継いだ莫大な財産と、石油・ガス採掘技術特許で財を成す。20世紀を代表する富豪。自動車に情熱を燃やすスピード狂としても知られている。過激な言動が目立ち晩年は孤独な死を遂げる

ハワード・ヒューズの名言 一覧

いったん譲歩に同意したら、決してそれをキャンセルして元に戻すことはできない。


交渉事でそれが欲しくなったら敗け。


ハワード・ヒューズの経歴・略歴

ハワード・ヒューズ、米国の実業家、映画製作者、飛行家、大富豪。父から引き継いだ莫大な財産と、石油・ガス採掘技術特許で財を成す。20世紀を代表する富豪。自動車に情熱を燃やすスピード狂としても知られている。過激な言動が目立ち晩年は孤独な死を遂げる

他の記事も読んでみる

おちまさと

私はヒットに法則はなくても「共通項」はあると思うのです。たとえば「クマ」。「くまモン」も「リラックマ」もクマ。他の動物キャラクターに比べて圧倒的にヒット率が高い。


村木厚子

気長にやってみて、長い時間を経て振り返ると、「随分力がついたな、随分前に進んだな」と思える瞬間があります。短期間で成果が出ないからといって、必要以上に焦らなくても大丈夫。


中村貞裕

オンタイムでもオフタイムでも、人脈を広げ、たくさんの人と接していると、自分の中にフックができます。すると、何かをプロデュースしたいと思ったとき、自分のフックにひっかかったものを掘り下げれば、それが昼の仕事にもつながります。


竹村富士徳

当社には、たくさんの小さな石と大きな石をひとつのバケツの中に入れてもらう演習があります。大きな石は私たちの大切な事柄、小さな石は些細な事柄の象徴です。ほとんどの人は先に小さな石をざっと入れ、それから大きな石を入れていきます。先に小さな石をバケツに入れていくと、大きな石が入りきらなくなってしまいます。


高橋健志

以前の日本ではミネラルウォーターを買うなどという概念はありませんでしたが、今では当たり前。それと同じことです。社会のニーズはあるのだから、企業努力によって新しい概念を根付かせていけばいい。


角川歴彦

日本で通用しないものを作ったってアジアに行けませんよ。日本的なものだからこそアジアで通用する。次にグローバリゼーション。


河村浩明

自分は不器用なので、あれこれ手を出すこともできません。だからこそ、これと決めたことを、愚直にやり続けています。


秋好陽介

最初の3年は全く先が見えませんでしたが、成功したベンチャーで創業メンバーとして上場を経験した社員が「絶対に成功するから大丈夫」と発破をかけ続けてくれたことが大きかった。苦しい時期を耐え抜いた経験からの発言なので説得力があり、気持ちが折れなかった。しかも彼は営業と広報のスペシャリスト。もともとが技術者で、営業が苦手な私の弱点をカバーしてくれました。


小池百合子

最初に立てた目標は「世界のすべての国を回ってみよう」というものでした。若い時は「(旅をするのに)体力がいるであろう国」へ、年を重ねてからは「旅が楽にできる豊かな国」へと。最初はアラブ諸国をすべて回ることから始めました。学割を使い、バスを乗り継いで、シリアやヨルダンを走破しました。20代からはテレビの仕事が入ってきましたが、人が取らない時期に休暇を取るようにして、1か国ずつ地図を塗り潰していくように世界を回りました。


渡辺捷昭

デザインに欠陥があるなら設計部門に指摘する。製造方法に注文があるなら生産部門に掛け合う。サプライチェーンに問題があるならそこにも改善を求める。こうして企画段階から部品メーカーさんも交えて開発するスタイルは他社にはあまり見られないトヨタの強みだと思います。


寺尾玄

独自のスチーム技術を用いた当社のトースター「BALMUDA The Toaster」は、「なるべき姿」を強くイメージして作った商品です。開発中に描いていた完成品のイメージは、「トーストを一口食べて、あまりのおいしさに『わぁ!』と驚いているお客様の姿」でした。「なるべき姿」はシンプルな形で1つに絞り込まれていないと、開発途中で判断に迷いが生じます。私たちはこのトースターの改良を重ね、何度も何度も試食をしましたが、「食べて『わぁ!』って驚くかどうか」を何よりも優先しました。「まあ、ほかより美味しいね」ではなく、「これは全然違うね!」という驚きが得られなければ、発売する意味がないと思っていたからです。


陰山英男

「集中している状態」を作れるかどうかが重要。集中している状態になると、脳は高速で回ります。脳が高速で回れば、様々なことを速く処理できますよね。仕事が速い人は、「脳を高速に回した経験」がたくさんあり、「高速で回る脳」が出来上がっていると言えます。


和田完二

世間では、合理化といえば経費の節約ということでいろいろやっているようだが、私の考えはその逆で、真の企業合理化は思いっきり金を使ってこそ、初めてその目的が達せられると思っている。
【覚書き|膨大な資金を使って技術者養成のための丸善石油高等工学院を設立したことを振り返っての発言】


大槻文平

直島精錬所で煙害問題が起こった時、課長で行って解決したことがある。だから、まごころを持って話せば、何でも解決できるという気はしました。


増谷洋

情報セキュリティ業界では現在、人材が競争優位性の源泉となってきているといっても過言ではありません。


ページの先頭へ