名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ハワード・ストリンガーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハワード・ストリンガーのプロフィール

ハワード・ストリンガー、ソニーの会長兼CEO、英国ウェールズ生まれの経営者、米国テレビ放送会社CBSに入社し社長にまで上り詰める。その後、テレTV社会長を経て米国ソニーの社長にヘッドハンティングされる。メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの買収などを成功させ、ソニー本社のCEOに抜擢される。エリザベス2世からナイトの称号を与えられる

ハワード・ストリンガーの名言 一覧

悪い年はある。問題はそれを乗り越え、そこから学び、その間に潔く振る舞い、なぜ変わらなければならないのか、いつ変わるべきなのかを学ぶことだ。


私はソニーに入るまで、ソニー製品は絶対壊れないと思っていた。それは、私が買ったソニー製品が壊れたことがなかったから。


効率やお金だけが人生ではありません。ソニーグループには17万人近い従業員がおり、優れたアイデアが詰まっています。みんな会社を愛しており、それを大切にしたいと思います。
【覚書き|同業の家電各社が大規模リストラしていることについて語った言葉】


創業者の盛田昭夫氏が提唱したソフトとハードを車の両輪とする経営を、しっかりと踏襲していきます。大規模なネットワークサービスを運営している日本の電機メーカーは、ソニー以外にありません。ネットを通じてソフト部門の映画や音楽などを先出し、ソニー製品の顧客にメリットを提供することが可能です。


私がソニーの役員たちによく言っているのは、「ヨーロッパやアジアなど全世界を見渡してみると、ソニーのブランドパワーはみんなが思っている以上に大きい」ということです。つまり国内での競争ばかりに気を取られていてはいけないということ。日本国内ではソニーの競争相手というとパナソニック、サムスン、シャープ、東芝だと思われています。ところが海外に出ると、マイクロソフト、アップル、インテル、フォックス、ワーナーがライバルの列に加わります。


東京にいると、ソニーはローカルなエレクトロニクスの会社だと見られていますが、海外ではまったく違います。そしてソニーは日本以外での売り上げが7割に達する企業です。ですから、私にとって重要なことは「グローバル企業であるソニー」を代表するCEOなのだと見られることです。実際、海外拠点ではみんなが私の時間を奪い取ろうと必死になっています。一方、日本ではメディアも役員も「もっと日本で時間を使ったらどうか」と言います。これは永遠の綱引きのようなもので、悩ましい限りです。


私は飛行機の中ではお酒を飲みません。たいていはゆっくり眠ったり、音楽を聴いたり、本を読んだり、スピーチを書いたりしています。そして明るい気持ちで飛行機を降り、地上で待ち受けているソニーの社員たちとさっそく議論を開始するのです。


修理体制に関する点は、真摯に受け止めたい。間違ったことは学んでいきたい。


ハワード・ストリンガーの経歴・略歴

ハワード・ストリンガー、ソニーの会長兼CEO、英国ウェールズ生まれの経営者、米国テレビ放送会社CBSに入社し社長にまで上り詰める。その後、テレTV社会長を経て米国ソニーの社長にヘッドハンティングされる。メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの買収などを成功させ、ソニー本社のCEOに抜擢される。エリザベス2世からナイトの称号を与えられる

他の記事も読んでみる

橋本治

いまの若い人たちが絶望的になりやすいのは、今日がどうやって明日につながるかについては考えないまま、「あんまり変わらない明日しかないよ」と思い込んで「さらに、じゃあ」と10年後や20年後を見てしまうからなんでしょうね。でも、そもそもそんなふうに未来の虚無みたいなものを見てしまうのは自分の現在に立脚できていないからであって、今日できることをやることが、少しずついい明日をつくっていくことにつながるんじゃないの、と思うしかないわけです。


安西祐一郎

若い人の挑戦をシニアは責任を持って応援しなければならない。


畑正憲(ムツゴロウ)

私は飛行機や車の中ではどうしても文章が書けないもので、飛行機の待ち時間や現地での空き時間が貴重な執筆のチャンスでした。空港の片隅で原稿用紙を広げたり、人里離れた明かりのない村では、懐中電灯をガムテープでつるして原稿を書いたり。


五十嵐大介

都会で漫画を描いていた頃には、つい、いわゆる有名人ばかりをすごいと思ってしまいがちだったけれども、すごい人生というのはいくらでもあるのだなと感じましたね。よく考えてみたら当たり前のことだけれども、それまでは深いところでは実感できていなかった。かつてこだわっていたさまざまなことも「小さいものだったんだ」と捉え直せるようになりました。


村井勉

住友銀行時代、なぜか行きたくない部所ばかりに回されてきたような気がする。それでも結果的に気持ちよく仕事をしてこれたのは、会社のために頑張った人間を会社が殺すはずはないという確信が持てたからだ。【覚書き:アサヒビール会長時代の発言】


古森重隆

物事には、あることが起きると次のことが起きるという連続性・因果律のようなものがある。それを掴んでいくことが重要だ。そのため、常に事実の流れを冷徹にキャッチするための訓練が必要となる。


川本英利

グループの従業員は1500人、製造に関わる人を含めれば1万人。常にコミュニケーションを取らねば、トップと現場にギャップができてしまいます。


丸谷智保

直営店には本社から社員を店長として派遣するのが一般的でしょうが、セイコーマートは基本的にパートタイムの店長で運営しています。ただし、店長には接客や店舗運営に専念してもらえるように、従業員の出退勤管理など一部の仕事は本部がバックアップする体制に変更もしました。これによって店長は店の隅々まで目を行き届かせ、顧客へのサービスに集中できるようになりました。


村田昭治

創造には、困難、リスク、モツレはつきものだ。それは新しい秩序を構築するのに突き破らねばならない関門だ。


畑村洋太郎

上司は、個の価値観を確立し、ものごとをよく観察している部下を、一人でも二人でもいいから見極め、チャンスを与えていく。さらに、そこで挙げた成果を正当に評価し、それに見合った処遇を行う。そうすると、同僚や部下の意識や行動に変化が表れる。その連鎖反応が次々と起こり、会社全体を「失敗に学び人を成長させていく組織」へと変革していく。


吉田博一

人材を束ねて企業全体の進むべき方向性を決めることが、経営というもの。


高岡本州

睡眠の道具を売るのではなく、睡眠の質を提供する。質を売るというのは、睡眠に関する課題解決、つまり翌朝の活力を得るために、必要なものを提供していくという考え方です。道具はもちろん、既に、睡眠の質を可視化できるアプリも始めています。