名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ハワード・ビーハーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハワード・ビーハーのプロフィール

ハワード・ビーハー。アメリカの経営者。「スターバックス・ノースアメリカ」社長。スターバックスシニア・エグゼクティブ、上級副社長、スターバックス・インターナショナル社長、スターバックス・ノースアメリカ社長などを務めた。スターバックスの企業文化に大きな影響を与えた。

ハワード・ビーハーの名言 一覧

道徳、法律、倫理に反しない限り、お客様が喜んでくださることはなんでもして差し上げることが大切。


ハワード・ビーハーの経歴・略歴

ハワード・ビーハー。アメリカの経営者。「スターバックス・ノースアメリカ」社長。スターバックスシニア・エグゼクティブ、上級副社長、スターバックス・インターナショナル社長、スターバックス・ノースアメリカ社長などを務めた。スターバックスの企業文化に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

濱口秀司

ビジネスは学問と違って、真理を探求する必要がありません。学問であれば、質で思考のプロセス管理をすればいいのですが、そうすると質の判別ができないときにプロセスが停滞することになる。ビジネスでは徹底的に量(数や時間など)で管理すべきで、そうすれば思考プロセスが常に動き続けることになります。


村瀬治男

海外に行くとよくわかると思いますが、英語圏以外の出身者は平気な顔でめちゃくちゃな文法の英語を話す人が結構います。


小沼大地

小学1年生の国語の授業である文章の感想を聞かれて、少し変わったことを話しました。すると先生は、模範的な回答をしたほかのクラスの子と僕を討論させた。いまでいうディベートです。最初はクラス40人が半分に分かれて議論していましたが、僕の側は1人減り、2人減りで、最後は1対39に。このまま続けると泣いてしまうギリギリのタイミングで、先生が「はい。小沼君に拍手」といってタオルを投げ入れてくれました。授業の後、友達から「おまえ、意外にやるじゃないか」的なことをいわれました。そこで感じたのは、変わった主張でも、それをいい続けると賞賛されることもあるということ。承認欲求が満たされたことが気持ちよくて、それから人と違っても臆せず自分の意見をいい続けることが僕の軸になりました。


出口治明

リーダーのコミュニケーション力が本当に問われるのは、困難に直面したときです。調子良く物事が進んでいるときは元気だった部下も、困難に出会えば途端にやる気をなくし、逃げ出す者も出てきます。そこで、部下と丁寧なコミュニケーションを取り、統率を取ることが求められるのです。


施崇棠(ジョニー・シー)

従来のようなスペックだけにこだわってモノを作るのは古い考え方になっています。今の時代に必要なのは理性と感性の両方を持ち合わせた発想であり、右脳と左脳のバランスのとれた製品づくりです。それを実現するために、ヒューマニティやエンジニア両方の考え方のパーフェクトなバランスを求めています。


阿部祐二

まとまった空き時間がない日でも、5分や10分の空き時間は必ずあります。そういうスキマ時間もムダにしません。英字新聞の記事を読んだり。韓国語の単語を覚えたり、できることはいくらでもあります。先日、垢すりに行ったのですが、休憩室でも英語の勉強をしていました。


竹内圭(経営者)

現場にいると、新人の成長や、いま会社に必要なことも見えてくる。現場で過ごす時間は貴重な時間。


久保田進彦

ブランドが機能せず、中身と価格でしか勝負できない状態のことを、マーケティングの世界では「コモディティ化」と呼びます。いわゆるコスパ(コスト・パフォーマンス)競争です。21世紀に入ってから、デジタル化の進展により、製品間の比較が容易になり、消費者のコスパ志向が強まりました。そのため、一時期、多くの企業がコスパ型のマーケティングを採用し、安売り競争に陥りました。その典型がパソコンや液晶テレビです。「ブランドで売る」という視点を失うと、痛手を被ることがよくあります。


太田健自

新たな販売チャネルとして、保険料のシミュレーションからお申し込みまでを、ホームページ上で一貫して行えるサービスを立ち上げ、ホームページ全体も「使いやすく、分かりやすく」をモットーにリニューアルし、コンテンツやデザインを整えました。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

私たちにとって一番重要なのは「将来、お金がなくてやりたいことができなくなる」というリスクの管理です。個別相談の時も運用については「人より儲かりませんが、経済ショックが来ても、これくらいの資産減で済みますよ」という提案ばかりしています。


北川正恭

私の改革ではヒトとカネに加えて、モノの改革にこだわりました。たとえば、机の下に1つずつ、ゴミ箱が置いてあります。「それが必要だろうか?」という話がありました。みんな当然「要る」といいますが、徹底的に議論をさせたら、結論が「要らない」になりました。それは働き方を変えたことでゴミが8割減り、個人はそれぞれ小さなゴミ袋で処理をして、1週間くらい溜まったものをまとめて処理をするという形にしました。撤去したゴミ箱は県庁の入口の花のプランターに変わりました。まさにパラダイムシフトが起きたわけです。「やればできる」という気づきの連鎖につながっていきました。モノからの改革を始めたのですが、これが三重県庁で変化を起こす一つのきっかけになりました。


鈴木敏文

ビジネスである以上、利益を出すための努力を最大限行ないます。そして、当初は利益が出なかったとしても、利益が出るまで全力で取り組みます。