名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ハワード・ビーハーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハワード・ビーハーのプロフィール

ハワード・ビーハー。アメリカの経営者。「スターバックス・ノースアメリカ」社長。スターバックスシニア・エグゼクティブ、上級副社長、スターバックス・インターナショナル社長、スターバックス・ノースアメリカ社長などを務めた。スターバックスの企業文化に大きな影響を与えた。

ハワード・ビーハーの名言 一覧

道徳、法律、倫理に反しない限り、お客様が喜んでくださることはなんでもして差し上げることが大切。


ハワード・ビーハーの経歴・略歴

ハワード・ビーハー。アメリカの経営者。「スターバックス・ノースアメリカ」社長。スターバックスシニア・エグゼクティブ、上級副社長、スターバックス・インターナショナル社長、スターバックス・ノースアメリカ社長などを務めた。スターバックスの企業文化に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

樋口武男

経営者が社員の倍以上働くのは当たり前。


塚本幸一

失敗をする。しかしそれが人生の一番のターニングポイントだと思う。


石田孝

会長兼CEO(最高経営責任者)就任後は、高速道路の債務を45年償還することが最大の務めとなりますが、ではそれ以降、会社はどうなるのかと、とくに若い人は切実感を持っています。ですから、会社の将来に対する疑問に答えることが、CEOとしての私の務めだと感じています。


新井直之(執事)

成功したときのお金持ちの口癖は、「おかげさま」です。特に部下に対しては、「キミのおかげだ」と言い、周囲には「自分は何もしていない」と人を立てながら語ります。これはなぜか。成功者は、成功が自分の力だけでは絶対に成し得ないものだと知っています。だからこそ、成功に酩酊せず、人を立て、力を借り、次なる成功を呼びこむサイクルを作っていくのです。そしてもう一つ、成功者は絶対に妬まれます。この妬まれるリスクを減らすためにも、「みんなのおかげ」を口癖にされているのです。


清水勝彦

2年前に米国から帰ってきまして、やはり日本は食事もおいしいし、住みやすく、いい国だと思います。問題がいろいろあっても、国民に危機感がないのは、そういう環境だからなんだろうと思います。


星野陽子

ユダヤ人はとにかく、既存の物事に従おうとしません。ルールは守るのではなく破ってしまえ、変えてしまえという感覚があります。成功したビジネスマンはもちろん、普通の人でも、いままでと違うことをやろう、と考える習慣がついています。何かにつけて「それ、何でやらなきゃいけないの?」と言ってくる。面白いんですが、一緒に住んでいると大変です(笑)。


和田秀樹

途中で勉強を放り投げてしまえば、いままでやったことが無になってしまい、取り戻すためには休んでいた期間以上のリハビリが必要だ。はじめた以上は、毎日ちょっとずつでも続けることである。努力が実って成果を手にしても、そこで満足しないで次の目標を見つけてチャレンジすると言ったことが必要だ。


テリー伊藤

自分の年収の10倍を稼いでくるのが一人前だと思っている。600万円から700万円の年収のあるヤツが、年間に稼いでくる額が150万円だったら雇っている意味がないんだよね。


渡邉美樹

年齢制限がある。生活が苦しい。そうした理由で挑戦をやめるべきではない。


近藤宣之

定年は60歳ですが、嘱託社員として70歳まで働けます。とはいえ、本人に意欲があれば、実際に70歳になったからといって、年齢を理由に辞めてもらうつもりはないのですが。役員でも希望すれば嘱託社員として採用します。ただし、「退職金を貰ったからのんびりやるわ」という人は採用しないと言ってあります。仕事をするからには何歳であっても成長してほしい。そのための評価制度も設けています。


小堺一機

用意してきた資料とセールストークだけだと何も伝わらない。それどころか、相手がイラッとすることもあるでしょう。それは人の話を聞いていないから。お店で度の過ぎたマニュアル対応をされてイライラするのも同じ。瞬間、瞬間、素直に相手の言っていることをちゃんと聞けば、自然に応えることができる。逆に事前に一生懸命考え、完璧な準備をすると「自分は頑張った」という気がするけど、それは頑ななだけでもあるんですよね。


和才博美

弊社では事業ビジョン達成に向けて「つなぐ」というキーワードを掲げていますが、英語では「connect」ではなく「bridge」と表現します。「connect」ではなんだか物理的すぎて味気ない。私たちが目指しているのは、人と人、心と心をつなぐお手伝いなのです。そのためにも人間という存在をさらに深く理解したいと考えています。