名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ハヤカワ五味の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハヤカワ五味のプロフィール

ハヤカワ五味、はやかわ・ごみ。日本のファッションデザイナー、経営者。「ウツワ」社長。東京都出身。高校時代にオリジナルデザインのタイツを販売。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科在学中にウツワを設立。胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast」を立ち上げた。

ハヤカワ五味の名言 一覧

私が見たいのは、お客様が喜んでいる姿。そのためには、しっかり利益を出すことが大切。


せっかくいいものをつくっているのに、なかなか売れていない人たちが大勢いたんです。価値あるものを人に届けるためには、伝え方をしっかり考えないといけない。そう考えて広告の勉強ができるグラフィックデザイン科に進みました。


ネット上では談論の余地のあるものがバズり(話題になり)やすい。たとえば政治家の誰々がこう言ったという話は、「この意見は正しい」「いや、間違っている」と両方から拡散されます。「品乳ブラ」も同じで、「俺は大きいほうが好き」とか、「私は小さいからうれしい」とか、それぞれの意見が出てきて盛り上がった。当時は何も考えずにやっていましたが、最近は意識して狙っています。


人に雇われる経験も一回はしてみたい。私が人の下で働いたらたぶんいろんな問題が起きると思いますが、そういったものに向き合うことで、社員が持つ不安や不満がわかるんじゃないかと。

【覚え書き|学生起業家として会社を経営しているのに就活を始めたことについて】


昔は雇用に興味はありませんでしたが、実際に経営を始めると、うちのブランドで食べていける人が増えるのは素敵なことだと思うようになりました。いまは経営者として人を雇っていきたいという気持ちが強いです。


(高校生時代にオリジナルの)タイツを売っていたころは、利益を出すのは悪いこと、儲けるのは卑怯なことだという感覚がありました。下着も最初は同じでしたが、やっていくうちに、しっかり利益を出さないと、欲しいと言ってくださる方に商品を届けられないことに気づきました。


自分の体形のコンプレックスを解消できる商品をつくり始めました。たとえばショッピングモールに下着屋さんが3店舗入っているとします。ぜんぶ回っても、私の体に合うサイズは2着あればいいほう。しかも、なんとか見つけた2着もデザインがかわいくない。メーカーがつくらないのは数が少なくて、コストに見合わないからだと思います。ブラジャーって、サイズが変わっても価格は基本的に同じ。胸の小さい人用は生産数が少ないのでコストがかかるのに、よく出るサイズと同じ価格でしか売れないとなれば、そもそもつくるのをやめようという話になる。これは自分で何とかするしかないなと。


高校生のころ、自分が着たいと思えるようなデザインのタイツがなかったんです。それなら自分で好きな柄を入れようと思って、カラースプレーを吹きつけてオリジナルのタイツをつくりました。それを予備校にはいていったら、友達から「いいね、私も欲しい」とお願いされてつくるように。それがブランドをつくった最初のきっかけです。リアルな友達だけじゃなく、ブログの読者も「欲しい」と言ってくださって、ネットを通して通販も始めました。


市販のもの(下着)はシンプルで無難だったり、ちょっと攻めていても、男性の視線を意識したセクシーなものが多い。だから私たちは女子から見たかわいさを追求したデザインを意識しています。そのぶん、男性からはウケが悪いようですが。


ハヤカワ五味の経歴・略歴

ハヤカワ五味、はやかわ・ごみ。日本のファッションデザイナー、経営者。「ウツワ」社長。東京都出身。高校時代にオリジナルデザインのタイツを販売。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科在学中にウツワを設立。胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast」を立ち上げた。

他の記事も読んでみる

西村貴好

褒めることはトレーニングで誰でもできるようになります。相手の悪い面は見ないようにしてプラスの面を探して褒めるクセをつけてください。本当に小さなことでいい。いつも注意して観察していれば、相手のよいところがどんどん見えてくるようになります。


木村政雄

吉本を辞めた時点では、なにをやるか白紙ですよ。とりあえず個人事務所を作って、退職した明くる日からも、同じサイクルで動けるようにしましたね。やることないけど、同じ時間に出社して、同じ時間に帰る生活(笑)。人間は1度ラクをしてしまうと、元に戻すのが大変ですからね。


栗原幹雄

絵を描くと、アイデアがより鮮明になり、他のアイデアもどんどん浮かんできます。たとえば、店舗の外観の絵をみていると、「こんなメニューを出したら喜ばれそうだ」「食器はこんな形がいいな」と出てくるわけです。もちろん、新たに出てきたアイデアも絵で描く。気がつけば、すぐに実現できるレベルまでアイデアを具体化できるはずです。


大西実(大西實)

目測はドタ勘とは違います。現場に入り込んで行って、ユーザーの目線でその声を聞いたり、技術開発の課題を学んだり、工場の生産現場を見たり、こうした日ごろの努力の積み重ねが欠かせません。周囲の声を聞いて目測の力を磨き、経営陣が目測を共有することが重要です。そうでないと、下降が避けられない事業に経営資源を投入し続けるという非効率を招きかねません。


南場智子

今やっている仕事に全力で取り組むことこそが、大きなチャンスをつかむうえで一番大切なこと。


小川淳司

私も「最近の若い人は……」というような愚痴をこぼしてしまうことはあります。でも、言ってしまってから必ず「こんなことを言ってちゃダメだよな」と反省します。考えてみれば、自分たちだって若いころには散々同じことを言われているんですよ。「昔はこうじゃなかった」と説教されてきたはずなんです。つまり、常識は常に変わっていくということです。


海老原嗣生

たとえば、フリーアドレスを導入するとしても、入社3年目までは先輩の席の近くの固定席にする。新人のうちは先輩社員から学ぶことが多いからです。そのうえで、「なぜ固定席にするのか」という理由をしっかり伝える。そうすれば、先輩社員も新人もそれを意識して働くことになる。


戸塚隆将

一方的に指示をするのではなく、「君ならどうする?」「その結論に達した理由は何?」と、こまめに問いかけましょう。これは部下育成と同時に、自分を鍛える効果もあります。


盛田昭夫

荒っぽい積極性、いわゆる日本流の腹芸は、技術革新の時代では毒にこそなれ薬にはならない。積極性の中に、細心の配慮と繊細な精神が行き届いていなければ失敗は目に見えている。青白きインテリはもっと困る。さらに手におえないのは、大学卒という看板で世の中を渡れると思っている連中だ。


川野幸夫

多くのチェーン店は本部が決めたことを、お店が守って実行するだけ。しかし、当社は人件費がかかったとしても徹底的に権限委譲を図り、パートナーさんの能力を最大限に生かすことで「個店経営」を実現しています。


長嶋りかこ

私には、都会から離れた地方で育った原体験があります。その生活には、食べ物が土から育って、それが食べられ体の一部になり、排泄物が肥料になって再び土に返るという実感が、当たり前のようにありました。でも、都市で効率化された生活を送っていると、手間のかかる「間」の部分を省略してしまいがちです。汚いものは除外するし、見たくないものは見なくなってしまう。都市の生活で感じているこのような違和感を、さまざまな形で発信していきたいのです。


松本徹三

職を失った場合に備え、日々の生活費をいくらに抑えられるか計算したこともあります。最悪時の覚悟を固めることは、失敗への恐怖心を和らげ、新しい挑戦を続けることにも役立ちます。