ハヤカワ五味の名言

ハヤカワ五味のプロフィール

ハヤカワ五味、はやかわ・ごみ。日本のファッションデザイナー、経営者。「ウツワ」社長。東京都出身。高校時代にオリジナルデザインのタイツを販売。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科在学中にウツワを設立。胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast」を立ち上げた。

ハヤカワ五味の名言 一覧

私が見たいのは、お客様が喜んでいる姿。そのためには、しっかり利益を出すことが大切。


せっかくいいものをつくっているのに、なかなか売れていない人たちが大勢いたんです。価値あるものを人に届けるためには、伝え方をしっかり考えないといけない。そう考えて広告の勉強ができるグラフィックデザイン科に進みました。


ネット上では談論の余地のあるものがバズり(話題になり)やすい。たとえば政治家の誰々がこう言ったという話は、「この意見は正しい」「いや、間違っている」と両方から拡散されます。「品乳ブラ」も同じで、「俺は大きいほうが好き」とか、「私は小さいからうれしい」とか、それぞれの意見が出てきて盛り上がった。当時は何も考えずにやっていましたが、最近は意識して狙っています。


人に雇われる経験も一回はしてみたい。私が人の下で働いたらたぶんいろんな問題が起きると思いますが、そういったものに向き合うことで、社員が持つ不安や不満がわかるんじゃないかと。

【覚え書き|学生起業家として会社を経営しているのに就活を始めたことについて】


昔は雇用に興味はありませんでしたが、実際に経営を始めると、うちのブランドで食べていける人が増えるのは素敵なことだと思うようになりました。いまは経営者として人を雇っていきたいという気持ちが強いです。


(高校生時代にオリジナルの)タイツを売っていたころは、利益を出すのは悪いこと、儲けるのは卑怯なことだという感覚がありました。下着も最初は同じでしたが、やっていくうちに、しっかり利益を出さないと、欲しいと言ってくださる方に商品を届けられないことに気づきました。


自分の体形のコンプレックスを解消できる商品をつくり始めました。たとえばショッピングモールに下着屋さんが3店舗入っているとします。ぜんぶ回っても、私の体に合うサイズは2着あればいいほう。しかも、なんとか見つけた2着もデザインがかわいくない。メーカーがつくらないのは数が少なくて、コストに見合わないからだと思います。ブラジャーって、サイズが変わっても価格は基本的に同じ。胸の小さい人用は生産数が少ないのでコストがかかるのに、よく出るサイズと同じ価格でしか売れないとなれば、そもそもつくるのをやめようという話になる。これは自分で何とかするしかないなと。


高校生のころ、自分が着たいと思えるようなデザインのタイツがなかったんです。それなら自分で好きな柄を入れようと思って、カラースプレーを吹きつけてオリジナルのタイツをつくりました。それを予備校にはいていったら、友達から「いいね、私も欲しい」とお願いされてつくるように。それがブランドをつくった最初のきっかけです。リアルな友達だけじゃなく、ブログの読者も「欲しい」と言ってくださって、ネットを通して通販も始めました。


市販のもの(下着)はシンプルで無難だったり、ちょっと攻めていても、男性の視線を意識したセクシーなものが多い。だから私たちは女子から見たかわいさを追求したデザインを意識しています。そのぶん、男性からはウケが悪いようですが。


ハヤカワ五味の経歴・略歴

ハヤカワ五味、はやかわ・ごみ。日本のファッションデザイナー、経営者。「ウツワ」社長。東京都出身。高校時代にオリジナルデザインのタイツを販売。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科在学中にウツワを設立。胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast」を立ち上げた。

他の記事も読んでみる

平野敦士カール

私は日本興業銀行からNTTドコモに転職しました。ドコモでは、社内で少ない金融に詳しい人間ということで、おサイフケータイを使ったクレジット事業などを担当しました。その後、金融とITモバイルに強いことが武器となり、コンサルをしたり、大学で教えることもできました。自分が想像していた以上の広がりです。予想どおりの人生ではないですが、だからこそ人生は面白いと思っています。


松野恵介

ある商品のどこに魅力を感じるかについての自分にない他人の考え方は、多角的な見方を身につける参考になります。


飯田亮

やめてしまっては何も残りません。問題を克服してこそ進歩がある。


高橋恭介(経営者)

評価を上げたいなら、自分の生産性を上げていくことが第一です。例えば、普段から残業を2時間しているのなら、定時で帰れる日を増やす工夫を考えましょう。目の前の残業代を得ることより、生産性を上げる意識を持ってください。


古川雅一

朝に起きられない人は、早起きによる将来価値を、二度寝による現在価値が上回ってしまうのです。それに、目が覚めたばかりだと、理性もよく働いていないので、生理的欲求が勝るのは仕方がない。二度寝をするのは当然でしょう。そんなときは早起きの現在価値を上げるか、二度寝の現在価値を下げることが大切です。


千葉智之

メールの返事を忙しさを言い訳にして先延ばししても、結局は一日中忙しく、あとでじっくり考える時間がありません。熟考したほうがクオリティは高くなるかもしれませんが、僕が仕事を進めるうえで重視しているのは「あたりまえの品質」です。高品質にこだわって時間を費やすくらいなら、ひとまず合格点に達したところでアウトプットしたほうが相手も時間の節約になります。


谷本有香

「ビジネスは浮き沈みが激しいものだ」と言われますが、浮いたり沈んだりするのは愛される成功者のみができること。周囲の引き立てがあるから、巻き返すことができるのです。利己的な人は、急浮上しても「沈んだまま戻ってこられない」ケースのほうが多いというのが私の実感です。


蒲島郁夫

成功したのはリスクを恐れずやっていったこと。私は常にこれを言っています。


渋沢健(渋澤健)

普段から投資のアンテナを張っていることも重要です。昨年マーケットで、あるゲームメーカーが脚光を浴びました。それより前からうちの息子がゲームに夢中になっていたので、子供の間でブームになっていたのは知っていました。父親としては教育上よろしくないなと思っていたのですが(笑)。こうしたアンテナを張るなど、自分なりの工夫を凝らせば個人投資家でもある程度の目利きは可能といえます。


坪田一男

人はどんなときに幸せや不幸せを感じるのか。そのことを調査した数多くの大規模調査では、幸せともっとも大きな相関関係があったのは、なんと「睡眠」と「上司」だったそうだ。しかも、「結婚」が幸せにもたらす影響も、毎日顔を合わせる「上司」の比ではないという。


高田明(ジャパネットたかた)

私は人間性や考え方について人一倍厳しく指導しています。9叱っても1しか褒めません。今の若い人がメンタル的に耐えられるかという難しさはありますね。


山本梁介

顧客が一番何を喜ぶかという感動の座標軸を考えます。するとそれは「自分のためにここまで考え、ここまでやってくれるのか」ということだとわかります。これはマニュアルや集団研修では教えられない各人の感性や人間性の部分。そこを磨く「自律型感動人間」の育成に全精力の半分以上を割いてきました。


聖徳太子

政府高官や一般官吏たちは、礼の精神を根本にもちなさい。人民を治める基本は、必ず礼にある。上が礼法にかなっていないときは下の秩序は乱れ、下の者が礼法にかなわなければ、必ず罪を犯す者が出る。群臣たちに礼法が保たれているときは社会の秩序も乱れず、庶民たちに礼があれば国全体として自然に治まるものだ。


石田宏樹

イノベーションを起こし、この社会を変えることが、ベンチャー企業が存在する意味でもある。


黒瀬保男

乾いたぞうきんを絞るような気持ちで合理化を徹底せよ。


ページの先頭へ