名言DB

9419 人 / 110788 名言

ハッソ・プラットナーの名言

twitter Facebook はてブ

ハッソ・プラットナーのプロフィール

ハッソ・プラットナー。ドイツ人経営者。大手ソフトウェア会社「SAP」共同創業者。ベルリン出身。カールスルーエ大学卒業。IBMに入社。その後、同僚たちとともにSAPを設立。同社CEO(最高経営責任者)を務めた。

ハッソ・プラットナーの名言 一覧

経営者は常に備えている必要がある。


問題の本質は、事業の軸足をいつ既存製品から新製品に移行するかにある。躊躇していれば、会社の命取りになる。


SAPが再び成長軌道に乗れたのは、大学で新技術を開発して次の時代に備えていたからだ。


ソニーのウォークマンはアップルのiPodに、フィンランドのノキアの携帯電話はiPhoneにとって代わられた。変化に対応できなければ、会社を危機に追い込む。我々も、かつては変化に対応できない恐竜と揶揄されていた。


一般に、会社が成長している時は、次世代を担う事業への投資に関心が向かない。一方で、会社が危ないと気付いた時には大抵、投資資金が底をついている。事業の世代交代は適切なタイミングで決断できるか否かにすべてがかかっている。


ハッソ・プラットナーの経歴・略歴

ハッソ・プラットナー。ドイツ人経営者。大手ソフトウェア会社「SAP」共同創業者。ベルリン出身。カールスルーエ大学卒業。IBMに入社。その後、同僚たちとともにSAPを設立。同社CEO(最高経営責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

加藤進(住友商事)

ローカル採用、本社採用という言い方をしているうちは駄目だろう。弊社の中国支店には、たとえば北京大学を卒業したような優秀な人材も多数勤務している。周囲も認める人材が日本の本社に来る。あるいは国境を越えて異動する。そうしてステップアップした海外の人材が、いずれ枢要な地位に就くだろう。部門、事業間の壁や本社、ローカルの壁をなくし、グローバルな人材の育成と配置を推進していくことが最も重要であり、当社のグローバル化だと考えている。


鈴木俊宏

中小企業のオヤジ(父・鈴木修)に依存した体質の脱却は一人では難しい。これからは社員全員が自主的に行動する「チームスズキ」となって進めたい。


井上直也(経営者)

コンセプトの実現は現在も進行中です。変化の激しいこの世界で、お客様ニーズにこれからも対応していきます。


山中勧

経営理念を定める以前から、美味しいものをつくり、お得意様のための商売を心がけてきたはずです。しかし、これをあらためて明文化することにより、社長以下、全員の気持ちがひとつにまとまっていったのではないでしょうか。


戸次重幸

時間が経たないとわからないことっていっぱいありますよね。時間が経って、円熟味が増してきたと思いますよ、NACSは。ウイスキーのように置けば置くほど熟成してくるというか。ただ、飲み頃はいつなんだ? って言われたら困りますけど。


山田義仁

当社は創業以来、たとえニッチでもいい。マーケットも小さくていいから、グローバルに技術が活かせる領域にこだわってきました。たとえ小さいマーケットであっても独占的というか、優位なポジションを築きたいと思ってやってきました。


なぎら健壱

40代は、みなさん忙しいのはわかります。でもね、「入院してみろ」とは言わないけど、50代、60代、あとになってからアタフタしないように、40代で一度、何でもいいから自分にとってホッとできる時間を無理矢理にでも作ってね。これからの生き方を見直すというのは、利口なやり方なんじゃないかと思いますね。


渡辺大

いつも「このシーンが終わったら、美味しいものを食べる!」と狙っています(笑)。それが体のコンディションを整えることにつながるし、役者というよりは人間として大切なことかなって。「10年後の自分をつくるのはいまの食事だ」って言うじゃないですか。


小池百合子

嫉妬する人は、自信がない人でもあります。そんな人のことは気にしないで自分の道を進めばいいのです。私もかつて「小泉総理に手料理を持っていってる」とか、根も葉もない噂を立てられました。あえてありそうな話に変えて情報を出すというのは陰湿なものを感じます。でもそんなものは放っておけばいいんです。


小早川智明

とにかく個の会社を再生させたい。困難な道だが、覚悟を持ってチャレンジしたい。