名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ハッソ・プラットナーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハッソ・プラットナーのプロフィール

ハッソ・プラットナー。ドイツ人経営者。大手ソフトウェア会社「SAP」共同創業者。ベルリン出身。カールスルーエ大学卒業。IBMに入社。その後、同僚たちとともにSAPを設立。同社CEO(最高経営責任者)を務めた。

ハッソ・プラットナーの名言 一覧

経営者は常に備えている必要がある。


問題の本質は、事業の軸足をいつ既存製品から新製品に移行するかにある。躊躇していれば、会社の命取りになる。


SAPが再び成長軌道に乗れたのは、大学で新技術を開発して次の時代に備えていたからだ。


ソニーのウォークマンはアップルのiPodに、フィンランドのノキアの携帯電話はiPhoneにとって代わられた。変化に対応できなければ、会社を危機に追い込む。我々も、かつては変化に対応できない恐竜と揶揄されていた。


一般に、会社が成長している時は、次世代を担う事業への投資に関心が向かない。一方で、会社が危ないと気付いた時には大抵、投資資金が底をついている。事業の世代交代は適切なタイミングで決断できるか否かにすべてがかかっている。


ハッソ・プラットナーの経歴・略歴

ハッソ・プラットナー。ドイツ人経営者。大手ソフトウェア会社「SAP」共同創業者。ベルリン出身。カールスルーエ大学卒業。IBMに入社。その後、同僚たちとともにSAPを設立。同社CEO(最高経営責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

武藤山治(経営者)

実業とは、虚業に対し、真面目に働く者の仕事の総称である。しかも、実業には、一種の強い、勤勉にして真面目なる精神が伴うものである。


村上龍

長い目で人生を考えると、人を騙すより、騙されるほうがまだましです。人を一度騙してしまうと、信頼を失います。「優しいと思ったけど実は冷たかった」「仲良くなったけど結局貸した金を返してくれなかった」というような人とは二度と付き合おうと思わないでしょう。騙しや裏切りを繰り返しながら生きるのは、一時的には得することもありますが、やがてどこかで嘘がばれ、その噂が駆け巡って、信頼を失います。そういう事態になると、もうリカバリーは不可能で、真の孤独という耐えられない末路を迎えることになります。そういった人たちは、確かに少なからず存在して、一見、楽で、得をしながら生きているように思えることもありますが、本当は可哀相な人たちです。


宗次徳二

私は口下手です。話し上手な人なら、お客様を思う気持ちやサービスの在り方を研修などで社員に的確に伝えられるかもしれません。しかし、私はどうもそれが得意ではない。もちろん自分なりに伝える努力はしていますが、それでも伝えきれない感じが残ります。そこで考えた私なりの最良の方法が、現場に入って実際に自分で指導することなのです。


柳井正

経営者は自分が仕事をするだけではなく、社員に仕事をしてもらわないといけない。そのためには、経営者は社員の何倍も質の高い仕事をする必要があります。


吉田秀彦

いまでは得意技の内股ですが、最初は見よう見まねでした。先生の内股がカッコよくてね。始めたばかりの小学生の大会では反則負けにもなりました。でも、吉田といえば内股と言われるまで諦めなかった。得意技を作るのは自分次第。日々の練習や考え方で何年もかけて身につきます。


楳図かずお

30代は本当に忙しかったですね。漫画の知識やノウハウが身についてきて、もちろん身体も元気ですからフル回転。どんなに忙しくても仕事を引き受けていました。当時は、月刊誌と週刊誌で3本ずつ連載を抱えていましたから、1日で1つの作品を仕上げなくてはなりません。日に日に痩せ衰えて、「死ぬんじゃないか」と思ったほどです。でも心のどこかに、限界に挑戦したい気持ちがありました。


高岡浩三

下の人間から気づきを与えられることもある。


齋木昭隆

交渉を通じて何をとらなければいけないのか。相手は何を求めてくるのか。シナリオを綿密に描いて臨む必要がある。


千本倖生

僕は60年以上生きてきて、若いころ組織の中でリスクをとらなかったエリートが、どれだけみじめな晩年を送るかを実際に見てきました。これははっきり断言できます。いくら組織で偉くなっても、新たな価値を生み出せない人は、世の中から居場所がだんだんなくなるのです。


弘兼憲史

もしあなたが自分の手柄などという目先の利益を捨て、チーム力をつけることに全力を傾けたとする。すると部下の中に必ずあなたに将来を託してみようという人材が現れてくる。これは親分子分の関係とは違うものだ。部下と競い合ってあなた自身の実力を高めていけるということだ。義理とか人情とは異質の世界で、部下と上司の信頼関係が築ける。そんな時代がもうそこまで来ているように思えるのである。


柳弘之

海外子会社のトップにふさわしい人材は、「YAMAHA」ブランドを体現できる人だと考えています。現地のニーズをくみ取って、新しい価値を創造できる人です。バランス感覚に長けた調整型の人材では、成長に限界があります。そうした人材を番頭役に、先鋭的なトップが陣頭指揮を執って、新しいことにチャレンジしてもらいたい。


戸塚隆将

他人との競争が目的になってしまうのは本末転倒。